セルゲイ・ヴォルコフ単語

ドエムデュエリストクラッシャー

掲示板をみる(737)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

セルゲイ・ヴォルコフとは、アニメ遊☆戯☆王アーク・ファイブ」に登場する緊縛おじさんである。

CV遠藤大智

今までの経歴……少しも美しくないィ!!

シンクロ次元に登場するデュエリスト。ムキムキの上半身と釣り合わない細い下半身、顔に刻まれた数々のマーカーが特徴的な大男。

てはシンクロ次元で「デュエリストクラッシャー」の異名をとっていたデュエリストであり、対戦相手を再起不能にするまで甚振るという筋入りの大犯罪者セキュリティも彼を逮捕するのに20名も動員する必要があったほどで、逮捕された後も収容所で囚人30人以上、更にそこから送られた地下強制労働施設でも50人をも単機で潰し続けた。

その実ギャラガーを付けられ、彼を介して治安維持局長ジャン・ミシェル・ロジェの元へと送り込まれた。だがこの時に何らかの処置を施されてしまったらしく、片方のが妖しくる、極悪犯罪者とは思えぬ無口ぶり、体の様子をロジェに測定されているなどの描写が存在する。ダメージを受けると冷やをかいたり苦しんだりするなど、感情の方はキングズ・ギャンビットで長官に操られたセキュリティ達のように全に失ってないようである。

83話にてやはり本当にロジェ長官に洗脳改造手術をされていたのが判明した。77話で暴走した為、再改造手術される予定のようだが、長官命改造までの必要時間を短縮決定されたのでその影でまた暴走する危険が出てくる可性も予想されるが・・・。
86話で改造手術を終え、赤馬零児と評議会を殺する為の刺客として送り出されるが、改造を施した研究員から「制御装置の精度が向上したはずです」と暴走の不安を煽るようなセリフがでている。

初登場はフレンドシップカップ編からではあるがその当初はロジェの背後で佇んでいるのみで、初デュエルとなるデイモンとのデュエルでも劣勢かと思いきやいつの間にか逆転勝利を収めるなどはっきりとした描写は少なかった。

だが奴は…弾けた

耐えて、耐えて、耐えて……耐えて耐えて、耐えた甲斐あった!!

そして来るアークファイブ第77話、フレンドシップカップ2回戦の先を切ることになり柊柚子と対戦する。

そこで後述するデッキ戦略を用い、何と自らにダメージライフコストを課してライフを極限まで削る、その際に茨を自らに絡みつかせて喘ぎだすなど、遊戯王史上前代未聞のドM言動を連発し、これには実況メリッサ視聴者ドン引きした。屈強な大男が自分を茨で縛り上げ自分で苦痛の呻きをあげ汗だくになるというが喜ぶんだといいたくなるシーンが何度も出てくるさまは、ユーゴのみならず多くの視聴者が「なんだこいつ・・・自分でライフを削って喜んでやがる」といたに違いない。
未だかつて、自分に対し積極的にここまで苦痛を背負ったキャラクター遊戯王でも丸藤亮以来となる凄まじい逸材である。ヤンデレは方向性が違うし。

しかし、残りライフが僅か200となり、柚子が「デュエルの勝敗が決まった」と確信した際、さらにもう一段階弾けることになる。

耐えた、耐えた、耐えた耐えた、耐えたァッ!
耐えたぞォーーーッ!!!!!

今までの無口振りがのように饒舌をえて狂いだすように大暴れし、モニタリングされていた彼の状態が異常事態に突入。
最終的にライフを極限まで削った戦略エースモンスターを駆使して柚子ライフを一撃で削りとり、勝利をもぎ取った。更にはこの際、アクションカードを取ろうとした柚子に向かって自らD・ホイールをぶつけて妨彼女を機体ごとハイウェイからビルに突させるなどリアリストぶりも披露している。

試合後、スタジアムに帰還した際には、静まり返る観客の前で「イッた! イッちまったぞ!」等と叫びながら悦に浸り、その後停止したDホイール煙を上げている中笑い続け、強制的に捕縛されても尚笑みを崩さず連行されるという遊戯王シリーズを通しても類を見ない程の狂気的な変態ぶりを見せつけた。

デュエルに関しては独自の美学があり、自らにダメージを課して極限まで耐え抜き、最後には圧倒的な暴威を持って相手を叩き潰すことに拘っている。更には対戦相手が純かつ健気、必死であればあるほどより美しく感じるなどどこぞのファンサービスをも上回る残ぶりである。
実際、自らの負った傷を心配してをかけたりデュエルの中止を訴える柚子の姿に彼の中にはクるものがあったらしい。
1回戦の対戦相手のような「勝利前に慢心した者」には怒りを覚えて満足できなかった為、余計にその姿にはが入っていた。
もっともセルゲイの戦法が成せた展開とはいえ、柚子のように勝ってもいないうちから勝利を確信する「意識の舐めプ」とでも言うべき態度はあまり褒められたものではないし、何より相手からすれば最も足をすくい易い局面なのだが。

そして自らダメージを受けることに喜びを感じている節がある。うん、やっぱりいつもの遊戯王

だが彼の伝説はこれで終わらず、再調整後はセキュリティにおける対アカデミア戦のになりオベリスクフォースを圧倒、第92話では勲章おじさんバレット対遊矢のデュエル乱入バレットが遊矢へのロックバーンに全を注いでいたとはいえ、融合シンクロミックスした新たな地縛デッキによりバレットモンスターを蹴散らし撃滅し、瀕死だった遊矢の僅かな抵抗で多少の危うさを見せたものの、そのまま主人公まで倒す大金星を挙げた。さらにはそこから、どこかの高性おじいちゃんよろしく足元からジェットバーニアを展開、(ソリッドビジョンモンスターを実体化させていた)月影と素良というスタンダード次元融合次元の身体を持つ2人をリアルファイトでなぎ倒し柚子をそのまま確保してに消えていった。因みにこれは番組終了1分前の出来事である。

続く第93話ではロジェの思惑により彼の元々の標的であったジャック・アトラスと急遽対戦。地縛霊を並べ、様々なコンボを披露するもジャックテクニックパワーによりそれらを薙ぎ倒され追い詰められた……と思いきやまたもや狂気に走り、プラシドよろしく変形したD-ホイールと合体、凄まじいスピードを得た。見るがいい!これがD-ホイールの最終進化形態だ!地縛神オマージュといい、イリアステルオマージュといいどれだけネタを詰め込んだんだコイツ

94話の対ジャック戦の最中、因果応報の形でデュエルレーンから転落しかけるものの、対戦相手であるジャックに救出された。この際に「柚子にも見た)対戦相手を気遣う余裕を感じさせる態度」「自分への絶対の自信」といった彼の美意識を刺するキングの振る舞いを見せ付けられた結果、ロジェの制御を振り切り本来の自を取り戻す。
今までの憤をらすかのごとく「美しい」と連呼し、最後にジャック敗北してもなおその笑顔が消えることがなかった上に、自らの美意識に則りジャックの再度の救出を拒否、満足げにコース外に転落していった。
最後まで己の美学に殉じたその散り様は、何の因果か(んでいるとはいえ)デュエルで笑顔を・・・を見事に体現したものであった。なお、当の長官は悲痛な叫びを上げ続けていた。

が、転落後は再開したコモンズの暴動の最中に大破した状態で発見された。
半身を失いながらも動いていたが、暴動に乗じて襲撃されるという凄まじい結末を迎えた。

損傷した部分を見る限り、体のほとんどは機械化が施されており、頭と見たを使ったサイボーグであることがえる。
柊柚子セルゲイクラッシュさせられた後に皆が柚子を忘れるか諦めてしまったかのように、敗者に当たりの強いシティ特有の空気と、「セルゲイデュエリストクラッシャーとして幾人ものデュエリストを痛めつけた」という事実が重なった末の結末であろう。

ちなみにCVを担当した遠藤大智は、過去にも遊戯王ZEXAL希望皇ホープをはじめナンバーズの役を様々に演じたほか、野獣戦士ピューマンほか数多くのモブキャラサブキャラ役で出演している。
特に「希望皇ホープモンスターは、防御的な基本形態から殺意のバリエーションに溢れる生形態に進化できるため、セルゲイハジける様子とも一致していなくもない。そのため、遊戯王最大級の風評被害がよりによって遊戯王内部から発生することになってしまった。

俺の使用カード……最高に美しい……。

使用するのは茨(ソーン)と名のついた「茨の囚人(ソーン・プリズナー)」を始めとした悪魔デッキ。どのモンスターも茨に絡みつかれているというドM仕様デザイン。更にはモンスターが登場した際のも呻いているなど不気味さ全開である。

メインデッキに存在する「茨の囚人モンスター現在のところ全てレベル1、攻守0で統一されている。またライフコスト400を支払い攻撃や戦闘ダメージ効にする効果を多く搭載している。
セルゲイはこのモンスターを攻撃表示で召喚して相手に攻撃を誘わせて自らのライフを削りつつ、攻撃をいだ上で効果によりチューナーモンスターを展開。
シンクロ次元の住人らしくシンクロ召喚も行い、「茨の人(ソーン・オブザーバー)-ズーマ」を使用。この効果で相手のモンスター行動文字通り縛り、更に自らも含めダメージを発生させると言う嫌らしさ満載かつドM仕様全開モンスターなお、遊戯王ではしく(モンスターとはいえ)女性が緊縛されている。

かしこれすらもただのお立てに過ぎず、何と「融合」までもを使用しエースモンスターである融合モンスター「茨の人(ソーン・オーバーザーバー)-ヴァン・ダーリ・ズーマ」を融合召喚
その効果で自ら削ったライフを利用して大幅な攻撃増加と相手モンスター弱体化を以て一撃で葬り去るという、セルゲイの美学と残性そのものというべきデュエルを展開する。
融合召喚を使用していることについては、おそらく融合次元出身であるジャン・ミシェル・ロジェの手がっているからだと思われる。

サポートカードとして永続「茨の増殖」も使用しており、これまた自分にもダメージを与えるというドM仕様カード
セルゲイはこれらを駆使して自らライフを調整し、「ヴァン・ダーリ・ズーマ」のための状況を作り出している。

因みにこの「ヴァン・ダーリ・ズーマ」という名前は、美しい芸術作品や尊い文化財を破壊・汚染する運動であるヴァンリズム(vandalism)という言葉から来ていると思われる。

デュエルの戦術を分析した赤馬零児さえ「を切らせてを断つ......いや、それ以上に......」と快く思えなかった模様。

その後の第92話で「榊遊矢vsバレット」に乱入した以降のデュエルでは新たなカテゴリである【地縛】を使用。メインデッキは「地縛囚人」、エクストラデッキは「地縛隷」で構成されている。名前から見ても分かる通り5D'sで登場した「地縛神」とよく似たデザインであり、この書式では「地縛神」も同カテゴリに含まれることとなる。ただしこのカテゴリフィールド魔法が存在しなくてもフィールドに維持することは可なようで、また地縛神特有の「攻撃されない」という効果も有していないため、あくまでデザイン面のオマージュなのだろう。

92話では魔法カードの効果でシンクロ召喚融合召喚を同時に行うという驚異の戦略を披露して地縛隷を2体並べ、途中乱入したとは言え勲章おじさんと遊矢を倒した。
93話の「ジャック・アトラスvsセルゲイ・ヴォルコフ」でも上記のコンボで地縛隷を2体並べたが、ジャックにより一掃される。しかし、ジャックの直接攻撃のダメージカウンターで抑えつつ新たなフィールド魔法「地縛原」を発動、上記の合体による超絶スピードを以てアクションカードを先にゲットすることでそれをコストに相手にバーンダメージを与えるという戦略を採った。なお、この地縛原は5D'sにおけるダークシグナー戦を意識した独特の演出を創り出している。

その関連動画は美しい。だが―――見苦しいッッ!!

このまま美しくフィニッシュだ……俺の関連項目で!!

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/01(日) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/01(日) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP