今注目のニュース
フリマは面倒…不用品を勝手に売ってくれるサービス「ウレテク」が登場
iPhone・iPadでPS4・Xbox Oneコントローラーが使用可能に。100タイトル以上を定額で遊べる「Apple Arcade」もサービス開始
九州人とそれ以外では、「ラーメンへの認識」に大きな違いがあるらしい

ゼナセリス単語

ゼナセリス

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ゼナセリスとは、MHFに登場する飛竜モンスターである。別名は裂水竜

飛竜
ゼナセリス
別名
原種 水竜
登場作品
モンスターハンターフロンティア
モンスターハンターのモンスターテンプレート

概要

MHF-Zになり、PS4サービスが開始されると同時(2016/11/22)に解禁された。
っぽい体をした飛竜であったことやプロモーションムービーでの登場時の演出から当初は第3のUNKNOWNではないかとも言われていたが、その後詳細情報が告知されUNKNOWNではないことが明らかになった。
ベルキュロスタイプ飛竜種であり、ベルキュロスドラギュロスと異なり副尾が存在しないが鉤にあたる部分がかなり大きな「垂」という部位になっているのが最大の特徴。

MHF-Gの後期にHR帯がキークエスト制になるなどそれまで以上に通過点という色が濃くなったためか、ゼナセリスはそれまでの新モンスターのようなHR帯の剛種個体が存在せず、G級にのみ登場する(G級でしか狩れないモンスターディスフィロア以来となる)。
難易度7。

同じくMHF-Zで登場した新フィールドである「」を住処としており、前述の垂を使った技の他にのを利用した攻撃もあり多な固有モーションを繰り出してくる。
を利用した攻撃に被弾すると属性やられになってしまうので、気になる場合は耐性を上げておこう。
一般のG級モンスターに入っており、攻撃や耐久はその範疇のため防御が機する。
また、MHF-ZになるにあたってG中~後期のモンスターに大きな影を与えた絶対防御態勢スキルの一部効果が変更になったことを受けて、連続ダメージスリップといった強制即死攻撃はない。
このことからか既存ユーザーPS4で始めた新規ユーザーでは強さの評価が逆であったようだ。

攻撃の傾向としては近年のG級モンスター同様であり、出がい攻撃は威が低め、予備動作が分かりやすい攻撃は範囲・威ともに苛というになっている。
攻撃チャンスとなる隙もわかりやすいがゴリ押しは禁物というMHFひいては元々のモンスターハンターらしさもやはり持っている。

破壊可部位は頭、尻尾、と両垂であるが詳細は後述。
質はメリハリがある方で、弱点はが垂、打が頭、弾が垂と脚。
中でもの垂への通りは近年のG級モンスターには見られないほど。
属性が弱点なので複属性では極、皇鳴が有効。

素材に関しては尻尾と垂のみ限定のものがあるが高確率で手に入り、準レア及びレア素材も易しめの確率になっているので素材で困ることは特にないだろう。

G級武器は片手剣太刀穿龍棍ライトボウガンがある。
近接武器は属性であり、のみという特徴的なゲージを持つので消費特効スキルと相性がいい。
そして最大の特色として武器自体が持つ会心率が100%となっている。
当然その分攻撃はかなり低めに設定されているのだが、100%えた余剰会心を攻撃にできるスキルを発動し総会心率を200%ほどにすれば他のG級武器をえることができる。
また、ゲージと会心率はLv1から上述の特性を持っているので
レベルでも使いやすい。

防具は回避性+2と回避距離の複合である回避のスキルポイントを持つ。
また、GXの強化にHC素材を使わない。

垂刃

前述の通りゼナセリスの最大の特徴と言える鉤状の部位。
ゼナセリスはにこの部位を用いて広範囲の攻撃を繰り出し、垂からの波やを発射する。
かしこの垂はなんと切断可であり、両垂尻尾の3か所が切断可という非常にしいモンスターとなっている。
更にこの垂を切断するとゼナセリスの攻撃の範囲が狭まったり、攻撃に付随するくなったり、一部攻撃はそれ自体行わなくなったりするなど、ゼナセリスを弱体化させることができる。
同じくMHF-Zで登場した辿異種コンセプトの一つにこのような部位破壊による弱体化があるため、G級一般モンスターであるゼナセリスは体験版という趣もあるのだろうか。

の切断に関しては前項にあるように属性が良く通ること、普段は高い位置の垂を下げる攻撃が多いことから難しくはないだろう。
更に片方の垂を切断すると通常より長い転倒モーションを取るので、片垂切断→転倒中にもう片方の垂を切断→さらに転倒中に尻尾切断ということも可
ちなみに、垂の切断後に次いで弱点となるのは頭と尻尾

戦闘

既に述べたように固有モーションが多くベルドラとの共通モーションは基本動作を除けば突進や滑、旋回からのキックぐらいのもの。
ちなみに後ろ二つは地面からが噴き出すなど属性仕様になっている。

オリジナル技は両を地面に叩きつけ溜めてからの波を二回飛ばしつつのサマーソルト、垂を薙ぎ払ってからのの波を飛ばす尻尾叩きつけ、左右の垂を薙ぎ払ってを飛ばしてから片方の垂叩きつけての波を飛ばす連撃、薙ぎ払いレスで噴を出現させてから垂薙ぎ払いでを飛ばす連撃、吐き出した弾を垂で切り裂いて拡散させる拡散、往復する回転攻撃、縦回転→横回転とに回転しながらブレスを撃つ連続回転ブレス岩盤を持ち上げてから中で垂を使って切り裂きばらまく打ち上げコンボなど本当に多
これらの技ではサマーソルト後に垂を下げる、連撃の最後の垂叩きつけ後にベルキュロスの鉤攻撃のように地面に引っかかるなど垂への攻撃チャンスが生まれ、垂を切断すればの波やが飛ばなくなる、攻撃の範囲が狭まる、コンボ攻撃の追撃がなくなる、その技自体行わなくなるなどゼナセリスの戦闘が大きく変化する。
の有に関係ない技としては直線及び薙ぎ払いレス、怒り時は二回になるプレス攻撃、まりを作ってから滑して周囲に竜巻を発射する全方位水竜巻などがある。
を使った攻撃時は口元やを溜めるのでそれによってどの技を出すのか判断していこう。
また、怒り時は軸合わせが垂を薙ぎ払いつつの一回振り向きになるが、これも垂を切断すると攻撃判定がくなる。
弱点でもあり弱体化も狙えるので属性武器は積極的に垂を狙いたい。

最大技は口元と両を溜めた後、の前の地面に大量のを発射しながら飛び上がり更にを撃ちこんで地面に降りてくると同時にかなりの広範囲にを噴出させるというもの。
使用後は伸びをするようにいななき大きな隙ができる。
判定が長いのでフレーム回避よりは緊急回避やガードが有効(ガードガード+2でも削りがあるので注意)。
被弾すると通常より長く打ち上げられるが、適正装備で一撃死するような威ではなくこの攻撃のみ(?)打ち上げだが穿龍棍以外でも任意受け身が取れる。
とは言え使用後の隙を攻撃チャンスにするためにはしっかり対処したいところ。

特異個体

G級にのみ登場するモンスターでは初めて特異個体が存在する。
とは言っても近年の新モンスターの傾向通りの姿が変わらない特異個体

追加技は回転しながら浮上した後、ターゲットしたハンターを中心にして円形に旋回しつつ垂で地面を切り裂いて柱を噴出させ着地と同時に圧を起こしてハンター柱に飛ばす技。
使用後は哮するので攻撃チャンスになる。

関連動画

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/21(土) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/21(土) 01:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP