今注目のニュース
「虚構新聞かと思った」 ロボットが自動でハンコを押す画期的(?)なシステムが開発されTwitter騒然
「もっとかまってもっと遊んで!」インコと猫の間に流れるキャッキャウフフな幸せ時間
都市部になく地方で多かった意外なプラごみの正体

ゼロ金利政策単語

ゼロキンリセイサク

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ゼロ金利政策とは、各中央銀行が行う融政策の1つである。

民間銀行の貸し出しを促進する融緩和策である。
 

概要

日本を例にとって説明すると、以下のようになる。

民間銀行日銀に現を預けて日銀当座預金を得ている。

日銀当座預金の額によって、その民間銀行の貸し出し限度額が決まる(準備預金制度の記事で解説されている)。

この日銀当座預金は、よその銀行へ送する預者が現れたり、大量の現引き出しをする預者が現れたりすると、減少してしまう。日銀当座預金が、その民間銀行の貸出額に対して必要な額を割り込んでしまうことがある。そうなると大変で、「準備預金制度を遵守できない不良銀行」として金融庁行政導を受けるなど、大変なことになってしまう。

日銀当座預金が不足した民間銀行は、なんとかして日銀当座預金を補給しなければならない。そのときに使われるのが銀行間取引市場exitで、特に多く使われるのが担保コール翌日物というコール市場である。日銀当座預金をよその銀行から借りるとき、電話をかける(コール)だけで取引が始まり、土地のような担保が必要とされない手軽さがあり、一日単位で借りることができて翌日には返済することができるという短期の市場である。

この、担保コール翌日物のコール市場利を、日銀政策として常に操作している。

担保コール翌日物の利が上がれば(利上げ)、日銀当座預金を借りづらくなるので、「貸出限度額ギリギリいっぱいまで貸し出しするのをやめよう、日銀当座預金が余裕のある状態に維持しよう」という心理が働き、民間銀行たちは貸し出しを控えるようになる。民間銀行は、民間銀行に対して借を申し込んでくる企業計に対して利を上げて、企業計を体よく追い払おうと考えるようになる。

担保コール翌日物の利が下がれば(利下げ)、日銀当座預金を借りやすくなるので、「貸出限度額ギリギリいっぱいまで貸し出ししても大丈夫日銀当座預金を簡単に借りられる」という心理が働き、民間銀行たちは積極的に貸し出しするようになる。民間銀行は、民間銀行に対して借を申し込んでくる企業計に対して利を下げて、企業計をどんどん受け入れようと考えるようになる。

利下げを一杯行って、担保コール翌日物の利がゼロ付近にまで下落することをゼロ金利政策という。


ちなみに担保コール翌日物の利は短期金利に影を与える。日銀担保コール翌日物の利を利下げすることにより、世の中の短期金利がことごとく下がり、借り手にとって優しくなり、消費が活性化する。
 

ゼロ金利政策の例

中央銀行は、しばしばゼロ金利政策を導入してきた。

気が悪化するとまず政策利が引き下げられ(利下げ)、それでも気回復しないのならゼロ金利政策が導入される。

ゼロ金利政策が通用しないのなら継続的に買いオペレーションを行う量的緩和が実行される。

それでもダメなら、民間銀行に対して「貸し出しを増やさないなら、罰として中央銀行へ預けるお金を削る」と宣告するマイナス金利政策が敢行される。

気が悪化したときの融政策は、だいたい、こういう流れになっている。
  

日本

1990年に地価と価が急落して日本は不気に突入した。日銀は政策利を下げて融緩和したが、気の悪化はなかなか食い止められなかった。

1999年2月からゼロ金利政策が導入された。

2001年と、2006~2008年において、ゼロ金利政策が解除されて利上げが行われた。

2008年リーマンショックに対応するため、2008年12月からゼロ金利政策が導入され、その状態が2019年9月も続いている。

ちなみに2019年9月現在の政策利(担保コール翌日物)はゼロ利を通り越して-0.05程度になっていて、貸し手が利を払っている。これはなぜかというと、マイナス金利政策民間銀行過準備の一部に-0.10の利子を付けているからである。民間銀行は「過準備を持っていると罰を喰らうから、他の銀行に貸し出そう。利子なんてもらわなくていい。-0.10よりもほんのちょっと高い程度の利子でいい」と考え、なんとかして貸し出そうとしている。つまり、マイナス利を課された日銀当座預金ババ抜きのババのような扱いを受けており、銀行が他の銀行に向かって「君のところで、日銀当座預金を引き取ってくれよ」と訴えかけているのである。
  

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国中央銀行に当たる組織は、FRB(連邦準備制度理事会)である。そのFRBは、銀行間取引市場の中の短期市場利を操作しており、その利を政策利としている。これをフェデラルファンド金利(FF金利)exitという。

2008年リーマンショックに対応するため、2008年12月からゼロ金利政策が導入された。長らくゼロ金利政策を取っていたが、2015年12月にゼロ金利政策が解除され、利上げされた。
  

ゼロ金利政策に関するありがちな誤解

新聞やテレビ局などにおいて、次のような解説が行われることがある。
 

ゼロ金利政策は、銀行間取引市場のなかの担保コール翌日物のコール市場利をゼロ近くにまで下げるように日銀が誘導する政策である。

ゼロ金利政策によって、銀行は資を借りやすくなり、借りた資民間企業計に対する貸し付けに回すようになる。


下線を引いた部分が、間違っている箇所である。信用創造の記事でも解説されているように、銀行の貸し出しには現とか資が必要ない。

銀行は、信用創造によって手持ちの資なしで貸し付けを行うことができる。「日銀当座預金を引きだして企業計への貸し出しに回す」ということをする必要がない。
 

関連リンク

関連コトバンク記事

関連Wikipedia記事

日本銀行の広報ページ

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/09/21(土) 19:05:07 ID: QkxUVN5nHy

    わざわざ改行を2つ挟むんじゃなくて
    普通エンターキーを押して段落を分けたらいいんじゃないのかなぁ。

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/11(水) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/11(水) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP