今注目のニュース
タブレット、いまだ人気のiPadを抜いて1位になった製品は? タブレット端末週間売れ筋ランキングTOP10
「小学校なら天下とってた」 足が速い男性の魅力とは
マニア3人がハマった!大人が一生楽しめる「ボードゲーム」をガイド

ゼーゴック単語

ゼーゴック

掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ゼーゴックとは、OVA機動戦士ガンダム MS IGLOOの第4話「ジャブロー上海原を見た」に登場するジオン公国軍機動兵器である。
分類はモビルスーツではなくモビルダイバーで、形式番号はMSM-07Di。
パイロットヴェルナー・ホルバイン少尉が務める。

概要

一年戦争末期12月ジオン公国軍は地上から宇宙へと撤退しつつあった。対する地球連邦軍もビンソン計画で大量に建造したサラミスマゼランをジャブローから打ち上げ、ジオン軍を追撃するための宇宙拡充を図っていた。

技術本部はこの打ち上げを妨阻止する兵器の開発に着手する。
ジオン軍の地上撤退に際し、不使用になったズゴックの上半身を管制ユニットとして再利用し、大量兵器コンテナ(LWC=Logistics Weapon Container)に接続することで機動を持たせた新対地攻撃兵器「ゼーゴック」を完成させた。
このゼーゴックは衛星上より大気圏内に突入し、地上・上の敵に対して奇襲攻撃を仕掛ける事を意図した機体である。

ズゴックの上半身を再利用してはいるものの、頭部ロケットランチャーは発射口が残るのみでその機く、両腕のクローバイスビームも右腕はセンサーに換装されたため、機する武装は左腕のクローバイスビームのみである。
全体の構造もズゴックの上半身とLWCをくっつけただけの、言わば急造品であった。
使用機体にズゴック選ばれたのは陸両用MSだけに気密性やジェネレーター出等が高く、他の陸両用MSにはない水中・大気中でも稼働可ハイブリットエンジンを搭載していたからである。

なお、ゼーゴックは作戦終了後パイロット戦闘データのみがガウ攻撃空母に回収され、ゼーゴックそのものは地上にそのまま棄される。いわゆる「使い捨て」である。

劇中での活躍

作中では計四回出撃している。

一回目~三回目の評価試験

一回の評価試験は第604技術試験隊のムスペルヘイムによって運用、軌上より降下している。
しかし、直後にサラミス級の襲撃でムスペルヘイムは撃沈された。
その後、ゼーゴックの評価試験を引き継いだ形で第603技術試験隊ヨーツンヘイムパイロットヴェルナー・ホルバイン少尉とともに配備される。
この時、モニク・キャディラック特務大尉が「戦果ゼロの分際で!」と発言している事から、一回での戦果はかったようである。 

二回の評価試験では再び軌上より降下、ジャブローから打ち上げられるサラミスマルチミサイルバスで邀撃する。
放たれた四発の大ミサイルサラミスを捉えていた上に、サラミスからは撒かれたチャフは効果はかった。
サラミスを撃墜できると思った間、信管の不具合で爆発せず、そのままサラミスの横をすり抜けてしまう。
その隙に逃げられてしまい、二回の突入も戦果ゼロの失敗に終わる。

三回の評価試験ではエンニジアリングオフィサーとしてヒデト・ワシヤ中尉が同乗。パイロット席も増設されて複座となる。
その際に武装も28連装ミサイルランチャー「R-1(アールアイン)」に換装され、再度ジャブロー上に降下する。
上昇中の3隻のサラミスを発見し攻撃を仕掛けようとした間、打ち上げ施設からのミサイル攻撃を受ける。
ホルバインの懸かり的な操縦で全弾回避するも高度を失い、サラミスにも逃げられてしまう。
作戦は失敗に終わったが評価試験のためR-1は全て撃ち尽くしている。

四回目の評価試験

ゼーゴックは投下後、高度二万で反転し打ち上がって来る連邦軍艦艇と交差した後に下からクーベルメを撃つという作戦内容を実行する。
また、この内容にあわせてモビルアーマー用のものを急遽転用した拡散ビームクーベルメを搭載していた。
だが、出撃直前に数回のゼーゴックの攻撃で肝を冷やし連邦軍が2隻のサラミスを配置し、ヨーツンヘイムは攻撃を受ける。
この時点で3機ものズゴック駄にしていること、さらには地球周辺宙域の制宙権を失いつつあったことから、作戦の成否に関わらず今回で評価試験を終了する事になっていた。
そのため作戦を中止する事も考えられたが、ホルバイ少尉もあり敵の攻撃下、ゼーゴックは軌上より投下される。
降下中にジャブローより打ち上がってくるサラミス4隻、マゼラン1隻を確認し、ゼーゴックは高度二万で反転する。
しかし、上昇中の戦艦群と交差し、狙いを付けるも照準が定まらず撃てずにいた。
地表まで50を切った後、ようやく照準が定まり、クーベルメを発射。
サラミス4隻、マゼラン1隻の撃墜に成功。最初にして最高の戦果を挙げた。
兵器としての寿命を終えたクーベルメを投棄し、回収に来ていたガウ攻撃空母コンタクトとった。
だが迎撃に上がった連邦軍のコアブースターインターセプトタイプ2機の襲撃を受け、ガウが撃墜される。
更にインターセプトは背後からゼーゴックに撃を加える。
ズゴックの構造上、背後は死、しかも対攻撃を持っていなかったゼーゴックにはなす術がく、多数の弾を受ける。
その際、一の武装だった左腕のメガ粒子砲をもぎ取られ、ホルバインも同じ左腕に弾を受けて流血していた。
かろうじて上に脱出するも、ゼーゴックもホルバインも満身創痍の状態であり、やがて着したゼーゴックは大爆発を起こした。

元々が急造・転用の兵器としての問題点を抱えていた他、ゼーゴックを制御し得る高度な技量を持ったパイロットを既に払底していたこともあり、軍はこれ以降の試験を打ち切った。

なお、作中ではホルバイ少尉の生死は不明とされている。

ギレンの野望では

ゼーゴックは「ギレンの野望 アクシズの脅威」から他のIGLOO機体とともに参戦する。しかしこのゼーゴック、実はとんでもない鬼畜を持つ。喩えるなら、飛ぶビグ・ザムゲルググ並みのコストで生産できるといった具合。特別エリアの制圧も易々。ゼーゴックが量産されたには連邦軍などあっという間だ!原作視の異常っぷりは初心者救済とも取れる半面、上級者には封印を考えさせられる。ちなみにWikiではジオンを救う超兵器とまで書かれている。

アサルトサヴァイブでは

PSPソフト、「ガンダムアサルトサヴァイヴ」でもなぜかゼーゴックは鬼畜を持つ。
一年戦争時の即席兵器のはずなのにIフィールド持ちだろうが、PS装甲持ちだろうが、分身したF91だろうが容赦なく蒸発させる。
お値段もそれほど高くなく入手しやすいうえ、ランクCなのでランク補正も受けなかったりする。
EXTRAミッションで困ったときはとりあえず持ちだしてみるのもいいだろう。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 37ななしのよっしん

    2016/09/26(月) 11:17:09 ID: ZomkkJPDKa

    >>35
    発射は出来るけれど射と相対速度の関係で
    擦れ違った後に下から攻撃するのが
    多くのターゲットを長時間射程に入れられるでしょ。

  • 38ななしのよっしん

    2017/12/26(火) 01:30:55 ID: 85PdtbnwMy

    ギレンの野望での撃は経験値が全く入らない(=キャラクターが育成できない)上に、単機エースor戦艦には全くと言っていいほど効かず通常兵器も貧弱なので量産機以外の相手は苦手だったり…原作で撃墜したマゼランサラミス敵になっているという皮

  • 39ななしのよっしん

    2019/08/06(火) 18:43:46 ID: fmFKS/jQQM

    >>35
    そもそもクーベルメの重量はゼーゴックの積載重量大幅にえてるから
    抱えたまま飛行できない。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP