ソイレントシステム単語

ソイレントシステム

1.4千文字の記事
掲示板をみる(317)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(30)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ソイレントシステムとは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)のゲームゼノギアス」に登場するみんなのトラウマである。

概要

ソイレントシステムとは、ゲームゼノギアス」において、敵勢であるソラリス帝国首都・エテメンアンキを探索する際、ソラリスの裏の顔を垣間見せる施設として登場するダンジョンである。

表向きは食料生産施設及び研究施設であるが、同時に非人実験の被験者たち「ウェルス」を、食料・品向けに食料加工するというかたちで最終処分を行っており、作中でも血みどろのヒトガタの物体がミンチにかけられるシーンなどが生々しく描写されている(表現自粛ネタバレ→:この工場ラインが3つあり、に地上人の三級市民実験台とし、実験後に被験者たちを大槽で直接バラバラにし(音がまさに……因みに稀に女性断末魔が聞こえる)、ベルトコンベアに載せられたあと、プレスされて缶詰にされると言うもの。)。

その後の非人的な実験研究施設(以前訪れたを大切にしていたモブキャラ実験台にされ、理性を失いかけた化け物にされているなど)の攻略も含め、物語の中で一番のグロさを誇るエピソードである。

なお、主人公の「フェイ」とヒロインの「エリィ」はこの缶詰生産ライン真実を知る前に、積んであった缶詰を食べてしまっており、それだけに衝撃も増す。

この、あまりの残虐かつグロテスクな描写により、発売当時にプレイをしていたプレイヤーの多くは拭い去りがたいトラウマを刻み付けられており、現在ニコニコ動画においてUPされているプレイ動画実況動画においても、このシーンが出てくると悲鳴の弾幕られるほどである。

「いいえ。私は遠慮しておきます。」

缶詰食事シーンの時、フェイやエリィ仲間である「シタン先生」だけは缶詰を食べない。

先生もどうだい?」とフェイに聞かれても「いいえ。私は遠慮しておきます。」と断り、彼らの食事を優しく見守る。

ちなみに缶詰生産ラインに到達したときに、原料が人間であることを解説してくれるのはシタン先生である。つまり知ってて仲間に人体を食わせ、自分だけは食わなかったことになる。

シタン先生……アンタドS過ぎます……(ちゃんとした理由はあるものの、エリィまでとばっちりを食らうとは……)

元ネタ「ソイレント・グリーン」

ネタ元はハリイ・ハリスンの小説人間がいっぱい」をベースとしたリチャードフライシャー監督映画ソイレント・グリーン」(1973年開)。

タイトルの「ソイレント・グリーン」は劇中に登場する合成食品会社「ソイレント社」の新製品の名前であるが、映画内で「ソイレント・グリーンの原料は人間死体である」ということが明かされる。

ちなみにソイレントりは「soylent」であり、「大豆(soy)」と「レンズ豆(lentil)」を合わせた合成であると思われる。食品会社が社名にするだけあって、とても栄養価が高そうな名前である。

関連動画

関連静画

関連商品



ブリングアーツであるフェイのフィギュアにもこの缶詰が付属している。ごっこ遊びでもしろと…?

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/02(木) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/02(木) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP