ソナタ(実況者)単語

ソナタ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ソナタ(実況者)とは、ニコニコ動画を中心に、スプラトゥーン2動画投稿するゆっくり実況者である。

概要

な使用ブキはスプラローラーヴァリアブルローラー。特にスプラローラーを持った際、段差上にいる敵に縦振りを当てるプレイ(通称:崖下縦振り)を得意とし、その高い命中精度とキルから、”崖下の死神"と言う異名を持つ。得意ルールガチヤグラ、ガチアサリであり、末のXP2600を上回る。ガチアサリでは最高XP2700を誇る。

本人く「ローラーしか使えない」らしい。スプラトゥーン(Wii U版)においては、ローラーとエイムの合わせ方が似ているという理由でチャージャーを使用していたこともあったと言うが、現在ではそのようなことはない。フェスなどのナワバリバトルにおいてもローラーを選択するソナタ氏であるが、実は対抗戦など編成が自由に決められる状況でナワバリバトルが選択された際には、ステージによってはL3リールガンN-ZAP85などを持つこともある。尚、その練度に関しては「そこそこ」と言うほかない。サーモンラン動画にて稀に他ブキを使用している姿をの当たりにできる。

また、スプラトゥーン2プレイヤーにはしく、味方に対して一切の批判をすることがない。負けた試合はすべて自分の動きに何らかの非があった、というスタンスで試合に臨んでおり、その姿は「死神」とはまるでほど遠い。

ソナタ氏のゆっくり実況動画は、ニコニコ動画およびYoutubeにて週に一度の頻度で更新されており、2017年から続く定期投稿につきその数は150える。オープニングに発せられる「さてさて やっていきますか」という挨拶カーリングボムによるキルが発生した際の「カーリング先輩!?」、そして「ぬゃ〜」という断末魔などが特徴的であり、その特徴的な言い回しをまとめて「ソナ」と呼ぶこともある。また、末の動画エンディングには自身の動画へのコメント、質問に対する返答が流れる。コメント返信の背景サーモンラン、試し打ちなどの他に、スプラトゥーン2にてプレイできる音ゲーイカラジオ」が使用されることがあり、このイカラジオプレイ動画はもはや芸術とも言える域に達しているため必見である。

動画の歴史

2017年9月29日より、「ローラカンスト勢によるガチマッチ」という題名でニコニコ動画にて動画投稿を開始。part4までは毎日投稿、それ以降は3日ごとに投稿と高い投稿頻度であったが、当時はまだゆっくり実況は付いていなかった。ちなみに初期から現在に至るまで一貫して動画タイトルを飾る「ローラカンスト勢」とはスプラトゥーン2の初期のウデマエの最高値がS+50であったことに由来する。
翌年2月、本人にとって初となるゆっくり実況動画投稿(part30)。part32では、現在でも聞きなじみの深い「さてさて やっていきますか」という挨拶が誕生している(余談であるが、part31においてのあいさつは「さて やっていきますか」となっており、本人の試行錯誤感がうかがえる)。この頃から動画投稿頻度が約一週間に一度となっている。それだけ編集に時間がかかるということであろう。
2018年6月24日part50を達成。これを記念して友人ゆとまるÜさんより記念画像が贈られ、次のpart51ではそのイラスト紹介を兼ねて初のコメント返信動画が上げられた。以来、末の動画には()イカラジオ背景コメント返信をする動画が上げられるようになる。
同年12月末にはYoutubeにも試験的に動画投稿を開始。よってpart63から先はYoutubeでも見ることができる。尚、当初はニコニコ動画と異なりYoutubeへの動画投稿は不定期であり、ニコニコ動画よりも投稿が遅かった(例として、part63ニコニコへの投稿9月22日であり3かも離れている)。part130前後でやっとYoutubeニコニコに追いつき、それから先は同時投稿となっている。
2019年6月にはpart100を、2020年5月にはpart150を達成しており、どちらにおいてもゆとまるÜさんより記念画像が贈られている。

生放送

2020年1月末より生放送を開始。しかしそのサイトは皆の予想したニコニコYoutubeではなく、まさかのOPENRECであった。生放送ではマイクを使用し、ゆっくり実況者重な生を聞くことができる。
同年3月には「生放送ハマった」などと発言。その言葉通りゲームをする際にはほぼ確実に生配信、また頻繁に長時間放送を行うなどし、その甲斐あってか4月にはOPENRECの一般配信者動画総視聴時間ランキングで13位を記録した。しかし、当の本人は生放送をしすぎることで私生活が圧迫されることに危機感を覚え、わずかな自粛期間の後は6時間をえる配信はめったに行わなくなった(それでも生放送は多すぎるくらいだが)。
基本的に配信頻度が高いが、特に木、、土のはほぼ毎週配信を見ることができる。な配信内容は以下参照(2020年6月現在)。

スプラトゥーン2

元々このゲーム実況プレイヤーであった故当然ではあるが、最も配信頻度が高く視聴率も最も高い。ゆっくり実況にて解説される内容をほぼそっくりそのまま発言しており、ゆっくり実況動画と同じくらいためになる放送となっている。また、ソナタ氏はほぼ一切味方の批判をしないため、ストレスフリーで配信を見ることができよう。ただし、コメント欄が活発に動き、その内容が特異であるために新規視聴者にはコメントしづらいと感じられることもあるだろう。
末には「ゆっくり実況者の集い」というグループメンバー(ソナタ氏、とんぼ氏、あさざき氏、みるやん氏)でツキイチリグマに臨む姿が配信される。

死印

スプラトゥーン2に続いて人気の高いホラーゲーム実況ソナタ氏が主人公の名前を「八敷ソナタ」とし、ホラーゲームに臨んだ。
ソナタ氏、実はかなりのビビりである。にも関わらず部屋っ暗にしてこのゲームに臨んでいる…らしい。これはスプラトゥーン2部屋を暗くしてプレイしていることの弊であるという。にもにも、そのような状況でホラーゲームプレイするソナタ氏がホラーシーンに遭遇した際にどのような反応を見せるかは想像に難くない。故に視聴者ホラーシーンよりソナタ氏の叫びビビることになる。
また、このゲームTRPGを元にしたホラーゲームであり、ところどころに突飛な選択肢が現れる。それに対してソナタ氏が笑ってしまうため、全くホラーゲームらしくないホラーゲーム実況となっている。

あつまれ!どうぶつの森

発売当初はスプラトゥーン2の放送がほぼなくなるほどハマっていた。1かもするとその熱も大分冷め、以降配信外でプレイするようになったらしい。生配信プレイするのはホラーゲームが終わった後寝るまでの間。
の姿をした民である「ちとせさん」を溺愛しており、そのより深い。というのも、その故にちとせさんののみの北東部におき、その周りをクリエイターで掘り返してにして隔離している。ちとせさんが他の民に会うことがないようにするためである。また、ちとせさんのの周りは種々のバラられている。ソナタ氏が稀にリスナーへ招待することがあるが、その際招待された人がちとせさんと何らかの接触を図ると、後日の北部のに墓が建つことになる。
リスナーによる「あつもり配信において汚い言葉はよくない」という摘もあって、「おうんちでございますわ」を筆頭に様々な「お嬢様ソナ」が誕生した。

APEX Legends

ラットフォームはPS4にパスファインダーを使用していたが、弱体化が来たため、その後はレイスを使用し始めた。そのランクプラチナえ、たびたびキルリーダーを取得できるほどの腕前である。配信の際は知人と一緒にプレイすることが多く、稀に知人のを聞く事が出来る。
初動にてマップ端部の地域をし、着陸に失敗して初動落ちするのはもはやソナタ氏のお芸となっている。

備考

尚、OPENREC仕様で、登録者1000人以下の配信者アーカイブは2かで消えてしまうが、過去60日の総視聴回数が100回をえるアーカイブは残る。その視聴回数にはキャプチャの視聴回数も含まれるため、キャプチャが撮ってある配信は較的残りやすくなっている。もしゲームクリアなどで配信が終了してしまったゲームタイトル興味があれば、キャプチャをたどってみれば見られるものがあるかも知れない。

ソナ語録

さてさて やっていきますか (ステージ)(ルール)
動画の最初の挨拶ソナタ氏と言えばこれ
ぬゃ〜!
ソナタ氏の断末魔
カーリング先輩!?
カーリングボムキルをとったときに出る。類で「ヤグラ先輩!?」などがある。また、ノックバック、スプボムなどは複数種類の敬称がつく
走馬灯
スーパーチャクチを打つとき走馬灯が見えることから、いつしかチャクチそのものが走馬灯と呼ばれることになった。
うんちでございますわ
あつもり配信をきれいにするために生まれたお嬢様言葉。汚い。
ソナ
ソナタ氏があつもり配信でマイル旅行券を使ってを開拓していたとき、何も得られないを引きすぎたためにそれをす言葉として誕生した
すしっ!
ソナタ氏がTwitterでのみ発するソナ。発せられたときは大体叫んでいる(例:「ああああああああああっすしっ!」)
ダメです/通しませんよ
自分のを抜けようとした敵に対して発する。敵の過ちは摘してあげるのがソナタ氏の優しさだ。
不届き者がいるぞ!
敵による裏取りのこと。不届き者とは言うものの、優しいソナタ氏は、攻撃が届かない敵には通過を許可してあげるのだ。「通ってヨシ!
いいってことよ
カバーした味方のナイスに対して発せられる。ソナタ氏の代表的な返し。
この手に限る
ゴリ押しを通したときのセリフ。別に他の手もあると思うのだが…。
あぶない!
敵とのすれ違いキルが発生したときのセリフ。全く危なくない。
へっへっへ
スーパージャンプジェットパック帰還を狩るときにソナタ氏は悪魔となる

その他(余談)

関連動画

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/02(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/02(火) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP