今注目のニュース
浅野忠信、参院選前に“白紙投票”ツイートで波紋呼ぶ 「白票は意味ないです」「SNSの使い方が天才的」
全国で人口減少も...福岡市は「毎年1万人増」 一極集中に拍車、税収も大幅アップ
「ツンデレ」風味のビールって何なの... 設定が難解すぎる群馬の地ビールが話題に

ソニックセイバー単語

ソニックセイバー

掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
ミニ四駆 > ソニックセイバー

ソニックセイバーとは、アニメ爆走兄弟レッツ&ゴー!!』のもうひとりの主人公星馬烈」が使用した、ミニ四駆である。

ここでは後継機のバンガードソニック、ハリケーンソニック、バスターソニック、ブリッツァーソニック、ロデオソニック、グレートブラストソニックアニメで代用マシンとして登場したソニック600も記す。

マシンマグナムセイバーがひたすらストレート重視のセッティングであるのに対し、ソニックセイバーはコーナリングに重を置いた正反対のセッティングである。

メインカラーで、差し色として黄色を使用している。ブリッツァーソニックを除くソニック系のホイールの色はイエロー

その人気は今もなお根強く、現在アニメ放映中にリリースされていたオリジナル版キットだけではなく、シャーシが最近のものに変更された「プレミアム版」キットや、全新規のマシンも販売されている。

ソニックセイバー(Sonic Saber)

シャーシ:スーパー1スーパープレミアム

マグナムセイバーとはボディの成色、シールウィングの形が異なる。

最期はマグナムセイバーと一緒に大神研究所の火山へと消えた。

バンガードソニック(Vanguard Sonic)

シャーシ:スーパー1スーパープレミアム

Vプロジェクトで誕生した2代目ソニック

初代ソニックセイバーはマグナムとの形状的差異がウィングしかなかったが、これ以降はばったマグナムに対して丸みを帯びたソニック、という差別化が計られることとなる。フロントカウル後部は取り外し可

原作アニメともに破壊されることなく「落ち」で退場したマシンサイクロンマグナム土屋博士が認めたことで焦った改造を施し、他のマシン必殺技再現になったが「ソニックらしさ」は失われてしまった。く「訳分かんねえへっぽこぴーマシン」になってしまい、ソニック進化させることを決意した。レイスティンガーブロッケンギガントとのレースカウルを破壊されたが、この時にソニック進化ヒントを得た。

ハリケーンソニック(Hurricane Sonic)

シャーシ:スーパーTZ、ARプレミアム

3代ソニック

フロントウィングと3段のフラップを備えた大のリヤウィングの2段ウイングが最大の特徴。

原作では、自身がハングライダーに乗るという特訓の末に開発された事が、番外編られる。

アニメではサイクロンマグナム速さの当たりにした大神博士に技術提供を申し入れる事により設計・開発された。大神に寝返ったバトルマシンに警されていたが、追求体全体がの役割をしているウイングカーであるとのこと。開発に携われなかった土屋博士によって、「ハリケーンソニック」と命名された。
後にグランプリマシンとしての良が施され、TRFビクトリーズリーダーマシンとして活躍していたが、シーズン終盤のオーディンズ戦で大破してしまった。自身も回収できず負傷してしまい、戦線離脱を余儀なくされた。

必殺走法は「ハリケーンパワードリフト」。

バスターソニック(Buster Sonic)

シャーシ:スーパーTZ、AR

4代ソニック

マグナム同様に大径タイヤを引っさげったソニックビートマグナムと違い、サスペンションはフロントにある。最大の特徴はフロントダンパーの可変機構であり、コーナーにおいてはフロントノーズを沈み込ませる事で強ダウンフォースを発生させ、直線では逆にダウンフォースを減らす事でスピードを稼いでいる安定性とスピードを両立させたマシンアニメではアイゼンウォルフのミハエルベルクカイザーにも競り勝っている。

原作では番外編最終回のみに登場。ハリケーンソニックではビートマグナムに勝てなくなり、サスペンションを取り付けたが、の納得のいく走りではなかった。悩んでいたところでジュンマウンテンバイクヒントにしてサスペンションを前に移動して良され、と共に徹夜完成させた。

必殺技原作及びゲームでは「バスターフェニックスターン」、アニメでは「バスターターン」。

バリエーションにバスターソニックプレミアムがあり、2015年4月に発売された。

ブリッツァーソニック(Blitzer Sonic)

シャーシ:VS

5代目ソニック

キットは第2次ブーム末期発売だが当時連載は終了していたため、漫画作品には描き下ろし漫画『駆けろ!ロデオソニック』のみ登場。第2回WGPに出場。

高が低く(全高35mm)、シャーシも実用性の高いVSシャーシであるため人気の高い種である。

バリエーションにスモーククリアボディの「ブリッツァーソニックブラックスペシャル」がある。

ロデオソニック(Rodeo Sonic)

シャーシ:MS

2009年の書き下ろし漫画『駆けろ!ロデオソニック』にて登場。

ミニ四駆25周年を記念して作られた6代ソニック。外見は初代マシンのソニックセイバーに似ている。

グレートブラストソニック(Great BlastSonic)

シャーシ:AR

「Return Racers!」第2話に登場したARシャーシ搭載の新ソニックでバスターソニックの後継機。
土屋博士推薦による海外留学を機にミニレーサー卒業するが、との最後のレースに挑むために自分自身の全ての知識を注入したマシン

当初はブラストソニックという名称で登場。ウィングだけでなくボディ全体で空気の流れを制御する可変ボディシステムを搭載。
とのレースの最中にコースを塞いだ炎にソニックが突っ込んでしまうが、ソニックはボディを変形させ、G(グレートブラストソニックとなり、との最後のレース勝利した。

必殺技は「G(グレートブラストソニックファイアスピンダンス」。

キットは2015年9月12日発売。キットそのままではブラストソニックの状態で、ボディを加工することでグレートブラストソニック再現できる。

ソニック600(Sonic 600)

販のセイバー600を改造したマシン、通称ソニロク(もっぱら本編ではソニロクと呼ばれる)。

バトルマシンを用いて勝った相手のマシンを奪うという不良グループ、バンディッツに負けてVソニックを奪われてしまったマシンを取り返すために用意した代用マシン
模様はライト黄色という事以外ほぼバンガードソニックと同じで、ウィングはバンガードソニックと同一の物を使用している。

奪還レース後にも何度か登場したマグロクと違い正式登場は35話の奪還レースのみで、あとは38話の回想で僅かに登場する程度。おそらくマシンそのものは所有したままではあるだろうが……。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 25ななしのよっしん

    2015/11/24(火) 22:37:06 ID: V7QQ5fF8Zz

    個人的に今連載中のRRは多分パラレル的な要素を含んでいると思う。

    ミニ四駆退める:バスター→Gブラスト
           退めない:     →ブリッツァー→ロデオ

    こういう分岐でもないと時系列的に褄が合わないような気がする。

  • 26ななしのよっしん

    2016/03/21(月) 15:49:21 ID: X8cdd0udi7

    5号コロコロアニキでRRがパラレルってのがほぼ確定したと思う
    原作だと死亡扱いになってたリョウ母親が生きてたり
    そもそもトライダガーXがWXになったならビークスパイダーられたのは何だったのかって話になる

    まぁWXはオフロード特化だから
    オンロード用に土屋が新しくX作ったとでも言えるけど
    母親絡みはどうにもならん

  • 27ななしのよっしん

    2018/03/07(水) 21:12:47 ID: fen/ifaopL

    こした先生は設定をあんまり重視しない傾向があるので
    もしかしたら母親死亡設定は全に忘れてるのかもしれない

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP