今注目のニュース
木下優樹菜の活動自粛発表、期間は「当面の間」
エッチな漫画って読んだことある? 意外にも若い女性が…
「リンク内外で恐怖」 織田信成 ハラスメント行為で女性コーチを提訴

ソニックヒーローズ単語

ソニックヒーローズ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(40)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ソニックヒーローズ(SONIC HEROES)とは、ソニックチーム製作で発売された、SEGAアクションゲームである。

2003年12月30日に、プレイステーション2ニンテンドーゲームキューブXboxソフトとして3機種同時に発売され、その後、2004年12月4日には、Windowsソフトとして登場した。2014年9月17日からPSアーカイブスで配信。(Windows版は公式サイトから体験版無料ダウンロード)

な通称は「ヒロズ」「ソニヒ」など。

概要

本作のゲームジャンルは「ハイスピードチームアクション」。つまり、従来のシリーズと同じく、仕掛けを駆使しながら素く進む「ハイスピードアクション」と、3人のキャラクターを1チームとして交代しながらプレイする「チームアクション」が特徴である。
チームによってストーリーが異なり、ステージ名が同じでも、ゲーム的や難易度が大きく違っている。

今作は「ソニックアドベンチャーシリーズの第3弾として扱われており、特にチームダークストーリーは前作「ソニックアドベンチャー2(SA2)」の後日談と言える内容となっている。

ストーリー

チームソニック(TEAM SONIC)

荒野を颯爽と走り続けていたソニックのもとに、トルネード号に乗ったテイルスナックルズが現れ、ソニックに1通の手紙を手渡す。それはなんと、悪の科学Dr.エッグマンからの挑戦状だった。  

3日後に開始するというエッグマン世界征服の野望を食い止めるべく、ソニックテイルスナックルズと共に、冒険の旅を始める。

難易度は標準レベルで、今までのシリーズ同様、ゴールして進むのが的である。

チームダーク(TEAM DARK)

お宝をめてエッグマンの秘密の研究施設に潜入したルージュは、ある部屋で大きなカプセルを発見、その封印を解除する。

そこにはなんと、以前、スペースコロニー・アークでの戦い(SA2)で行方不明になっていたシャドウコールドスリープ状態で保存されていたのだ。

シャドウ覚めると同時に、同じ部屋にいたロボットオメガが起動し、シャドウに攻撃を始めるが、ルージュは二人の戦いを止め、二人から事情を聞く。

シャドウは失われた記憶を取り戻すため、ルージュはお宝の場所を聞き出すため、オメガは自分を閉じ込めたことへの復讐を果たすため、エッグマンを探すを始める。

チームソニックと同じくゴールせば良いが、配置されている敵の数が多く、ステージコースが長いので、難易度は高め。(ゲーム内のオモチャオの説明では「中級者向け」)。

チームローズ(TEAM ROSE)

ビッグクリームと一緒にビーチに滞在していたエミーは1枚の新聞記事の写真を見ながら、ソニックと全く連絡がつかなくなったことをぼやいていた。

その写真には、ソニックの影らしきものだけでなく、ビッグの親友カエルくんと、クリーム友達であるチーズ双子チョコラが写っていたのだ。

3人は行方不明になってしまった大切な仲間たちを探すためのに出る。

仕掛けが単純で敵の数も少なく、コースが短めなので、最もクリアが簡単な初心者向けなのであるが、エミービッグが他のチームキャラより使いにくい為、他のチームで慣れているとやや苦戦する。

チームカオティクス(TEAM CHAOTIX)

なかなか仕事がなく暇を持て余していたカオティクス探偵事務所のもとに、仕事の依頼として1通の小包が届く。

小包に入っていた通信機からの人物のメッセージが流れる。

お前たちを腕利きの探偵と見込んで一つ仕事を頼みたい……報酬は望みのままじゃ」

「報酬さえ貰えばどんな仕事もこなす」というポリシーで、ベクターエスピオ、チャーミーの3人は報酬のために仕事を引き受け、事務所を飛び出すのであった。

ステージ毎に異なるミッションをこなしていく、他のチームゲーム内容が大きく異なるチームである。

ラストストーリー(LAST STORY)

ある条件を満たすことで選べるストーリー。これまでのエッグマンの不審な行動の理由が判明し、ボスが登場する。

登場キャラクター

今作では、「ソニックヒーローズ」のタイトル通り、総勢3×4=12人(+α)をキャラを操作することになる。

また、今作が発売されたのと同じ2003年には、アニメソニックX」が放送されていたため、キャラクターCVや設定の細部などがこれと同様のものになっている。

チームソニック  (テーマソング:We Can)

チームダーク (テーマソング:This Machine)

チームローズ(テーマソング:Follow Me)

チームカオティクス(テーマソング:The Chaotix)

ベクターエスピオ、チャーミーの3人は「カオティクス」(1995年4月21日SEGAが発売したスーパー32X用のアクションゲームで、主人公ナックルズ)以来の登場だが、

この作品から設定が大きくリニューアルされており、今作の発売直前に放送されたアニメソニックX』第39話でも同様の設定で登場している。ここではアニメでの設定も少々交えながら、紹介していく。

その他

ゲームシステム

全てのチームにはスピードタイプフライタイプパワータイプが1人ずつ存在し、
状況によってフォーメーションを使い分けていくことが攻略ポイントとなる。
基本的に同じタイプキャラでできることは共通しているが、一部、キャラクター固有のアクションもある。

スピードフォーメーション

スピードタイプキャラクターが先頭になり、残りのチームメイトが後ろに続く縦一列のフォーメーション。
フォーメーション中、一番素く移動でき、タイムアタックスペシャルステージなどに適している。

共通のアクションは、敵を自動で追尾攻撃するシリーズおなじみの「ホーミングアタック」と、
シリーズのスピンダッシュに相当する「ロケットアクセル」など。
また、を発生させるアクションは動きが異なっているが、全て同じ効果(敵を回し状態にする、敵が持っているを吹き飛ばす、プロペラの形のびらに乗ってを飛ぶなど)である。

固有アクションは以下の通り。

ソニック・シャドウ

エミー

 エスピオ

フライフォーメーション

フライタイプキャラクターが、チームメイトをぶら下げる形のフォーメーション。
フォーメーション中、中での移動に最も適しており、一定時間、ホバリング飛行も可

共通しているアクションは、ぶら下げているチームメイトを蹴りだして敵をれさせる「サンダーシュート」で、
なんらかの理由でリーダーが1人になった時などに使える固有アクションは以下の通り。

テイルス・ルージュ

ダミーリングボム
リングに似た爆弾をばらまき、近づいた敵を敵を麻痺させる攻撃。ただし、ダメージを与えられない。

クリーム

チャオアタック
「行ってチーズ!」と言うクリームの後、チーズが周囲の敵全てを攻撃する。攻撃がかなり高い。

チャーミー

針攻撃
お尻の針で体当たりする攻撃。特定の前で使うと(この時はチームメイトがいる状態でも使える)、
つぼみを開かせ、決められた他のワープする事が可
設定では刺されるとかなり痛いらしく、ベクターは「スーパーウェポン」と呼んでいる(アニメソニックX」より)。

パワーフォーメーション

パワータイプキャラクターを中心に、横広がりになって行動するフォーメーション。
フォーメーション中、敵との戦いに最も有効であり、大量の敵との乱戦だけでなく、
他のフォーメーションの攻撃では破壊できない障物や硬い敵を突破することが可

上向きのが吹くファンを使って上に行く時も、このフォーメーションが必要になる。

ステージにある大砲に入ると、他のフォーメーションでは決められた位置に自動的に発射されるが、
このフォーメーションではプレイヤーの好きな方向に発射できる。
(ただし、低い軌でしか飛ばないことが多く、このフォーメーションが有効な場所は限定される)

パワーコアチェックポイントなどでレベルを1つでも上げれば、キャラクター固有の技を使うことができ、
効果や範囲はキャラごとに大きく異なる。その詳細は以下の通り。

ナックルズ

オメガ

ビッグ

ベクター

チームブラスト

全てのチームはそれぞれ、必殺技であるチームブラストを持っている。チームブラストゲージMAXになると使用可になり、使用した場所にいる全ての敵を倒し、それぞれ特徴をもったを発揮する。ゲージは以下の方法で溜めることができる。

ソニックオーバードライブ (Team Sonic)

テイルスナックルズが二人がかりでソニックを投げ飛ばし、画面の範囲をソニックライトアタックで暴れまわる。
発動後はブラストゲージくなるまで、ソニックの攻撃が、
ブルートルネードではなく、敵に誘導して攻撃するライトアタックになる。

カオスインフェルノ (Team Dark)

シャドウカオスコントロールで時を止め、
その隙にルージュに支えられたオメガが極太レーザーを全方位に発射する。
発動後もカオスコントロールの効果は残り、ブラストゲージくなるまで、3人以外のすべての時間が止まる。
チームダーク編は敵の数が多いので、他チームよりこの技を使う機会は多い。

フラワーフェスティバル (Team Rose)

ビッグが和エミークリームを毬のように回した後、沢山のがパッと満開になる。
クリーム「いつもより多く回ってマス~!!」

発動後、全員レベルが1つ上がり、さらにバリア無敵スピードUPアイテムが付くという、
今作で一番の“チート”とも言える必殺技である。
無敵終了時間は無敵音楽が終わるまでで、ブラストゲージくなるまでの時間よりも実際は長い。
スピードUP効果はブラストゲージくなるまでとされているが、正確な情報は不明)

カオティクスリサイタル (Team Chaotix)

エスピオは三味線、チャーミーは太鼓、ベクターボーカル(どんでもないダミ声)担当という、
(某有名なネコロボット漫画に出てくる、某ガキ大将くらいの)メチャクチャリサタルで、
一定範囲の敵をリングに変える。
発動後はブラストゲージくなるまで、倒した敵をリングにすることが出来る。
敵を倒してリングを手に入れればブラストゲージも増えるので、
後述の「ロボットカーバル」「ロボットストーム」では、ゲージくなるとすぐに満タンにすることも可

ステージ

音楽

ここでは、2011年8月24日に発売されたサウンドトラックCOMPLETE TRINITY」の20周年エディション、
SONIC HEROES ORIGINAL SOUNDTRACK 20th Anniversary Edition』に
収録されている曲と、アレンジしたものなどが使用されている他のゲームなどを紹介する。 

ニコニコ動画での扱い

まるでジェットコースターだぜ!

また、上記のセリフほど、面いものではないが、
動画ではテイルスに交代したあとすぐにサンダーシュートを使うと、↓のようなコメントを書き込まれることがある。

任せテイ!

関連動画

 

関連商品

 

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/19(火) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/19(火) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP