今注目のニュース
猫先生「みなさんが静かになるまで5分かかりました」 トイレで踏ん張る猫の凛々しいお顔がじわじわくる
島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題
おもちゃの車を運転する6歳児に偽の違反切符 警察官とのやり取りにほっこり(カナダ)

ソニックX単語

ソニックエックス

掲示板をみる(68)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ソニックX』(ソニックエックス)は2003年4月6日から2004年3月28日までテレビ東京系列で放送されたゲームソニックシリーズ』を題材にしたテレビアニメ。全78話が製作され、日本では52話、欧では78話まで放送された。

日本キャラを題材にした、日本製作されたアニメにもかかわらず、肝心の日本で全話放送されていない、という奇妙な状態が長らく続いていたが、2009年8月6日に「東京ムービーONLINE」他にて53話以降の配信が開始。欧での第2期放送から約3年を経て、日本語版を全話視聴することが可となった。 

概要

キャラクターの設定などは細部で異なる部分はあるものの、基本的にゲームと同じである。

第1期前半(1話~26話)は、カオスエメラルド暴走によって、人間世界に飛ばされてしまったソニック達と、人間少年クリスとのふれあいが描かれる。後半(27話~52話)は、ソニックアドベンチャー2作、ソニックバトルなどゲームを元にした話が展開されながら、元の世界に帰らなければいけなくなったソニッククリスの別れが、感動的な挿入歌とともに描かれる。

第2期(53話~78話)は、舞台宇宙に移して、惑星の命の「プラネットエッグ」を狙う謎の生命体メタレックス』との戦いをくりひろげる。

よく較されるのが、TBS系ゲーム原作アニメ星のカービィ』である。アニメカービィがその当時の時事ネタパロディや、社会風刺が多かった。対して本作は多少のメタフィクションを含みながら、悪役エッグマン一味のたくらみを阻止していくという、王道子供アニメである『ヤッターマン』にも似た格を持っている(実際、視聴率は悪くなかった)。

また、シーズンごとのクライマックスシーンになると、なぜか『言葉にできない』等オフコース(小田和正)の歌が挿入歌として流れる。(スタッフ暴走だと思われる。なお、DVD版では別の曲に差し替わっている)

このアニメにおける主な登場人物紹介

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP