ソングライン 単語

53件

ソングライン

7.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

その走りが、新たなになる。

への登竜門 府中マイルを制覇し彼女女王へ。
海外遠征を含む過酷なのりを乗り越えたその陰にはチームでの戦略と努、そしてがあった。
祖先の足跡として伝わる ソングライン彼女の走りも、未来へ繋がる新たなとなる。

JRA「ヒーロー列伝」No.95 ソングラインexit

ソングライン (英: Songline)とは、2018年生まれの日本競走馬である。

な勝ち
2021年:富士ステークス(GII)
2022年:安田記念(GI)、1351ターフスプリント (サウジアラビアGIII)
2023年:ヴィクトリアマイル(GI)、安田記念(GI)

概要

ソングライン
Songline
生年 2018年3月4日
サラブレッド
性・毛色 青鹿毛
生産 日本JPN
生産者 ノーザンファームexit
(北海道町)
馬主 (有)サンデーレーシングexit
調教師 (美)
騎手 池添謙一(東)
名意味 オーストラリアに伝わるの名。祖先の足跡
抹消 2023年11月24日
戦績 17戦7勝[7-3-1-6]
獲得賞 7億99991100円
受賞歴
JRA賞
最優秀4歳以上 (2023)
最優秀マイラー (2023)
競走馬テンプレート

キズナルミナスパレード、*シンボリクリスエスという血統。
2013年日本ダービー種牡馬としても初年度産駒からアカイイトディープボンドなど重賞をどんどん輩出しディープインパクトの後継争いをリードする。ソングラインは2年産駒
は23戦4勝だが、3代*ソニンクは系からロジユニヴァースディアドラを輩出している。
天皇賞(秋)有馬記念を連覇した名で、種牡馬としてもエピファネイアをはじめ多な活躍を輩出している。総じて良血と言えるだろう。
の組み合わせはアカイイトと同じ。また、アグネスタキオンのため、*サンデーサイレンスの3×4のクロスを持っている。

気性は繊細なタイプのようで、騎手池添によると「女の子という感じの気性」とのこと。
出走したレースの大半で出遅れているので、デュランダルスイープトウショウなど追込の実績が多い池添騎手オファーが回るのは必然だったのかもしれない。といっても、彼女自身は出遅れなければ中団待機から直線で差し脚を伸ばすタイプの、わりと普通の差しになる。

同期暴走お嬢様メイケイエールとは、騎手が同じ、桜花賞での因縁(後述)、気性が正反対(なので騎乗時の上の疲労度も正反対)、別の路線を行ってはいるものの距離適性は離れていないので再戦の可性もありえた(後にセントウルS安田記念で対戦)、などの理由から何かと合わせて話題になる。

同じクラブ同期シュネルマイスターともマイル戦線で何度も僅差の勝負を繰り広げている。

名についてだが、これはオーストラリア先住民アボリジニ文化に由来する。アボリジニ社会には地図かったものの、その代わりに中で出会ったものを歌にすることでを伝えてきたという。そうしてアボリジニに先祖代々伝わってきたを、後に欧州人が「ソングライン」と呼んだのである。

絆輝く歌の道

2歳~3歳春

開業3年の美厩舎に入厩し、デビューめで6月20日東京新馬戦(芝1400m)。上はダミアン・レーン。後方から外を追い込んだが、内から抜け出したクールキャットに2身離されて2着。

5ヶじっくり体を作り、2戦11月東京未勝利戦(芝1600m、上は丸山元気)。体重+14kgで臨んだレースは中団から進め、残り200mで他を置き去りにして3身差の快勝。

明けて3歳は1月紅梅ステークスL中京競馬場開催)から始動。上はクリストフ・ルメール。今度は前からレースを進め、直線でするりと抜け出すとそのまま3身差で勝。この勝利桜花賞へと向かうことになった。

迎えた桜花賞GⅠ上には池添謙一を迎え(これ以降、戦は池添となる)、7番人気ながら紅梅Sの強い勝ち方から狙いされた。しかし3コーナー手前で斜行してきたメイケイエールにぶつけられて外に押し出される大きな不利を受け、の気持ちも切れてしまい直線で全く伸びず15着惨敗。池添騎手も「そういうのが起こるのも競馬🏇 ただ…不完全燃焼exit」とツイートした。

敗因は実ではないということで、続いてNHKマイルカップGⅠに挑戦。桜花賞に続いて7番人気。外から先行集団を見るような位置で進め、残り200mでグレナディアガーズをかわして抜け出す。左にヨレながらも後続を々と突き放し、これは勝った!と思った間、外から猛追してきたのはシュネルマイスター。2頭横並びでのゴール写真判定の末結果はハナ差で差し切られ悔しい悔しい2着となった。

3歳夏~秋

8月関屋記念GⅢへ。古との初対決ながら単勝1.8倍の圧倒的1番人気に支持されたが、内から抜け出したロータスランドに押し切られ、ぴったり横につけてきたカラテにも競り負け3着。

続いては10月、得意の東京1600mの富士ステークスGⅡ。単勝3.9倍の1番人気に支持される。スタートでは出遅れたものの中団追走でレースを進め、直線では馬場ん中どころから今度はロータスランド々と抜き去り、大外から猛追してきたサトノウィザードをクビ差ぎきって押し切り勝ち。嬉しい重賞勝利を挙げた。3歳が同レースを勝ったのは1999年レッドチリペッパー以来22年ぶり。そしてキズナ産駒としては初の左回り重賞制覇となった。

この勝利により彼女マイルチャンピオンシップの優先出走権を獲得したが、背の疲れが取れないとして回避し、年内ラスト12月阪神カップGⅡに。単勝4.1倍の1番人気に推されたが、3コーナーで全く手応えがなくなりまさかの15着惨敗。右回りがダメなのか、距離がダメなのか、はたまた桜花賞メイケイエールにぶつけられて阪神競馬場トラウマになったのか、池添騎手営も「敗因はちょっとわかりません」と首を捻った。

4歳春

明けて4歳の2022年サウジアラビア遠征へ向かい、ラウダシオンらとともに1351ターフスプリントGⅢに参戦。上は紅梅ステークス以来となる久々クリストフ・ルメール
レースは中団群の中から進め、直線残り200mで抜け出すと、カサクリード()とのしい叩き合いの末、外から追い込んできたハッピーロマンス(英)と3頭横並びの接戦を制してクビ差勝利キズナ産駒としてディープボンドに次いで2頭海外重賞制覇となった。
なお上のルメールはこの日、ネオムターフカップオーソリティレッドシーターフHCのステイフーリッシュリヤドダートスプリントダンシングプリンスと、ソングラインも含め騎乗した日本で5戦4勝(3着1回)の荒稼ぎであった。

ドバイには向かわず帰し、続いてはヴィクトリアマイルGⅠへ。ソダシデアリングタクトレイパパレアカイイトファインルージュメンバーう中、ファインルージュと同オッズの2番人気に支持される。上は池添に戻った。
レースは中団から進めたが、3コーナーで躓いたこともありやや後ろの位置取りに。直線で群のん中から追い込んだものの、4頭横並び同タイムの2番手集団の中で、2着には僅かに届かずの5着に敗れた。池添は「上手く乗れずに申し訳ないです」と責任を背負い込んだ。ネットでは「前日の京王杯スプリングカップメイケイエール池添が疲弊していたせいでは?」なんても。

そのままマイル戦線を行き、中2週で安田記念GⅠに出走。前走先着を許したファインルージュレシステンシアに加えドバイ帰りのシュネルマイスター、4連勝中のイルーシヴパンサーなどが出走。各が不安要素を抱えてもおり、ソングラインは単勝8.2倍で差のない4番人気に支持される。

713番から発走したソングラインはなりで中団の外を追走。中は各淡々と進み、ペースも半マイル452と均程度。3~4でも動かず、前にいたサリオスと並ぶように大外を回って直線に突入。それでも仕掛けのタイミングをじっと待っていた池添は残り400mでゴーサインを出す。
しばらくは同時に仕掛けられたサリオスが抜かせず、内でも三分どころを先に抜け出したダノンザキッドファインルージュが止まらず厳しいかと思われたが、残り100mでもう一伸びしてサリオスに並ぶ。
ここで内のダノンザキッドファインルージュ尽き、入れ替わって馬場ん中からシュネルマイスターが突っ込んできたが、ゴール前でサリオスを競り落とし、シュネルマイスターの追撃からクビ差逃げ切ったところがゴールシュネルマイスターへ昨年のNHKマイルカップでのハナ差2着の辱を果たし、4度の挑戦で遂にGⅠ称号を手にした。

グレード制以降では、安田記念制覇はダイイチルビー(1991年)、ノースフライト(1994年)、ウオッカ(2008年2009年)、グランアレグリア(2020年)に次いで5頭、6回である(ウオッカの2回を除き、すべて現4歳)。[1]
また、ヴィクトリアマイル安田記念ローテーションで挑んで安田記念を制したのはウオッカ以来2頭、3回(ウオッカ2008年は2着→1着、2009年は1着→1着)である。

池添謙一は2年前の安田記念グランアレグリアで制して以来丸2年ぶりのGⅠ勝利。管理する調教師は開業5年で初のGⅠ勝利となった。更に当日はあの霜降り明星粗品が買いに同を本命で名していたため、何かとが沈むジンクスを抱える”粗品の呪い”を打ち破ったとSNS上で話題となった。

4歳秋

安田記念勝利で、アメリカ遠征が決定。11月ブリーダーズカップ・マイルG1)を標に定め、テンから飛ばしていくアメリカ競馬の速い流れを経験させるため、内で1200mのセントウルステークスGⅡをステップとして選択した。このレースには何かと因縁のあるメイケイエールが参戦を表明しており、池添騎手ソチラへ騎乗予定。その代わりソングラインにはクリストフ・ルメールが騎乗することになり、くも直接対決が実現することとなった。まさかスプリント路線で実現するとは思わなかったが
迎えた本番。ソングラインは単勝3.2倍の2番人気に推される。オッズを見てもメイケイエール(単勝1.7倍の1番人気)との一騎打ちと言っていい様相だった。
スタートを切ったソングラインは先団には加わらず、後ろに控えて9番手で追走。迎えた直線は残り4ハロン標識を過ぎてもまだ後方。2ハロン標識を過ぎてようやくエンジンがかかったのか、足を伸ばし始めるも、5番手から上がり最速329でまとめてレコードタイム叩き出したメイケイエールの前にはなすすべもなく掲示板を確保する5着がやっとだった。やはり距離が短すぎたようである。

とはいえペースを作ると思われたジャングロが捻挫で回避し、そもそもの出走理由である"アメリカ競馬の速い流れを経験させる"を達成できるのか不安だった中、蓋を開けてみればレコードタイムでの高速決着。その中でじりじりと足を伸ばして掲示板を確保したことはGIとしての意地を見せることができたし、本番への予行演習としては上々……のはずだった。
ところが、アメリカへ向けての調教中に呼吸の違和感があり、検したところ喉の腫れが発覚。遠征は中止し治療に専念することに。

喉の腫れ自体は軽いものだったようである程度収まり、今度は香港マイル(香港G1, 沙田芝1600m)へと登録し正式に選出。しかし今度は右前脚の蹄の内側を痛めていたのが発覚。喉の腫れのこともあり香港マイルも辞退。

結局、以降は出走することなく年内は休養に専念することとなった。

5歳春

いろいろアクシデントが重なった4歳を終え、明けて5歳の始動戦は連覇のかかる1351ターフスプリントGⅢに決定。一時は右前脚球節部の外側の腫れが発覚し遠征が危ぶまれたものの、直ぐに収まったようで予定通りバスラットレオンレシステンシアと共にサウジアラビアへと遠征した。上はセントウルSから引き続きクリストフ・ルメールが騎乗する。
迎えたレースでは出走していたバスラットレオンレシステンシアが好スタートを切る中、ソングラインは発で後手を踏み後方を追走する展開に。バスラットレオンが去年の2着カサクリードの追撃を振り切りゴールを通過する中、伸びを欠いたソングラインは10着と大敗する結果となってしまった。

続いてはヴィクトリアマイルGⅠメイケイエールとまた再戦の予定だったが、あちらがフレグモーネで直前に回避。それでも昨年の二冠牝馬スターズオンアース、連覇を狙う白毛女王ソダシ、そろそろGⅠタイトルが欲しいナミュールらが人気を集め、他にも秋華賞スタニングローズ、短距離戦線から桜花賞以来のマイルとなるナムラクレアなどが顔をえるメンバー。ソングラインは前走の大敗、初騎乗となる戸崎圭太への乗り替わりの不安視などもあってか7.6倍の4番人気に留まった。
馬場発表ながら直前から強いが降り始めた東京競馬場ロータスランド逃げソダシがそれを追い2番手、スターズオンアースも前に構える中、ソングラインはスターズオンアースを見ながら中団の内に控える。4を最内の6番手で回り、前には標になるスターズオンアースソダシ逃げロータスランドだけという絶好の位置を確保して直線。スターズオンアースが外に振ったことでいた内のスペースを突き、坂を登り終えたところで強く加速したソングラインは、そのままスターズオンアースロータスランドをまとめてかわす。残るターゲットは2番手から押し切りを図るソダシ。相手もマイル勝率10割の強、脚色を鈍らせずにるが内から強く詰め寄り、最後の一歩できっちりアタマ差かわした間がゴール

府中巧者のを見せつける完璧レース同期と1歳下の女王を撃破し、約1年ぶりのGⅠ2勝トラブル続きだった昨年を乗り越え、マイル女王が帰還した。ようやく乗り替わりで結果を出した戸崎圭太は区切りのJRAGⅠ10勝となった。

連覇をす前年同様の中2週で安田記念GⅠに向かう。シュネルマイスターソダシセリフォスカフェファラオ(ん?)等歴戦のマイルGⅠが多数出走、さらに因縁のメイケイエール、中距離戦線からジャックドール、短距離戦線からナランフレグも参戦し、GⅠ10頭が顔をVMに続きメンバーとなった。ソングラインは大外18番したか4番人気にとどまる。

金曜日大雨が残るかと思われていたが当日の快晴に助けられ良馬場回復した東京競馬場。予想通りウインカーネリアンハナを取り、ジャックドールがこれに続く展開。ソングラインは中団後方に控える自分の競馬に持ち込む。そのまま大外を回って直線を向くと脚一馬場ん中を突いてく間に坂を駆け上がり、ジャックドールソダシ、内を掬って上がっていたセリフォスをまとめて抜き去る。後方から外を突いたシュネルマイスターの追撃も全く相手にせず、1身1/4の差をつける勝。連覇でGⅠ3勝を挙げた。安田記念連覇は2008年~09年のウオッカ以来史上4頭ヴィクトリアマイルから安田記念の連勝も2009年ウオッカ以来史上2頭の快挙となった。なお大外18番での安田制覇はアドマイヤコジーン以来21年ぶり

5歳秋

めて、昨年挑むことができなかったBCマイルへの挑戦を予定。始動戦にはスーパーGⅡ毎日王冠を選択し、距離短縮の昨年から一転して初の1800mに挑んだ。ウインカーネリアンハナを切る展開で最初の1000mを595とややスロー気味なレースとなった。中団でレースを進め、かなり詰まりながらも長い府中直線コースで3歳ラジオNIKKEI賞勝ちエルトンローズとともに上がっていく。そしてアドマイヤハダルとともに上がってきた宿命のライバルシュネルマイスターともども、4頭横一線のゴールインとなった。結果はエルトンローズが1着、ソングラインがハナ差2着、シュネルマイスターがそこからハナ差3着、そしてアドマイヤハダルがそこからアタマ差4着となった(なお逃げウインカーネリアンはそこから1身半離された5着)。

そしてブリーダーズカップ・マイルへ挑んだが、中団で進めたが切れのある脚は見られず5着(なお、ウインカーネリアン11着)。その後、輸入検疫の際に歩様に違和感があるとのことで、今後が心配されたが、11月22日に、クラブから宿命のライバルシュネルマイスターと一緒に寿退社引退が発表された。クラブの規定上、実質的に今年がラストシーズンになる[2]ため、どちらにせよもう出せるレースがほとんどないというのも理由だろう。
その後2023年JRA賞にて最優秀4歳以上と新設された最優秀マイラーの2冠を受賞

今後はとして、その快速を後世に伝えていく役割を担うことになる。

血統表

キズナ
2010 青鹿毛
ディープインパクト
2002 鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
*キャットイル
1990 鹿毛
Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Pacific Princess Damascus
Fiji
ルミナスパレード
2011 黒鹿毛
FNo.B3
*シンボリクリスエス
1999 黒鹿毛
Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
ルミナスポイント
2003 青鹿毛
アグネスタキオン *サンデーサイレンス
アグネスフローラ
*ソニン Machiavellian
Sonic Lady

クロス: *サンデーサイレンス 3×4(18.75%)、Hail to Reason 5×5(6.25%)

関連動画

関連静画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *グレード制導入(1984年)以前には第2回と第3回を連覇したスウヰイスーなど9頭が10回勝利しているので、通算では14頭・16回となる。
  2. *クラブ規定で、は6歳3月での引退が定められている
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
ゆのん[生放送]

提供: のいのいぬ🐶

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/29(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/29(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP