ソールオリエンス 単語

48件

ソールオリエンス

7.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ソールオリエンス(Sol Oriens) とは、2020年生まれの日本競走馬鹿毛

な勝ち
2023年皐月賞(GⅠ)京成杯(GⅢ)

概要

キタサンブラック*スキアMotivatorという血統。
王道路線を突き進んでGⅠ7勝を挙げた2010年代を代表する名の一頭。種牡馬としては供用当初にステイヤーと見られたこともあって評価が不安視されていたが、初年度産駒からいきなり2022年年度代表馬イクイノックスを送り出して種牡馬としても評価が急上昇中である。ソールオリエンスは2年産駒にあたる。
フランスからの輸入繁殖牝馬で、自身は2011年フィユドレール賞(GⅢ)勝利している。ソールオリエンスはその第6。既にこのの前には半(ディープインパクト)にあたるヴァンドギャルド(2020年富士S(GⅡ)優勝2021年ドバイターフ2着・2022年同競走3着)を出していた。
モティヴェイターMontjeuの初年度産駒で、2005年ダービーステークスの勝ち種牡馬としては凱旋門賞連覇の名Treveを送り出した。日本ではメロディーレーンタイトルホルダー姉弟として知名度が高いだろうか。

2020年4月4日、社台ファームで誕生。ヴァンドギャルドらと同様にそのまま一口馬主クラブ社台レースホースの所有馬となり、一口150万円×40口(=6000万円)で募集された。

名意味は「ラテン語で『朝日』。名から連想」。キア古代ギリシャで「」「日陰」といった意味である。

ちなみにアイルランドに、1941年アイリッシュダービー勝利した同名のがいたりする。

黒い影に朝日が昇る

2歳(2022年)

フィエールマンウインマリリンユーバーレーベンなどで知られる美の名門・手塚久厩舎に入厩。

デビュー2022年11月13日東京・芝1800mの新馬戦戸崎圭太上に、単勝1.4倍の断然の1番人気に支持される。
レースゲート内でよそ見をした間にゲートが開き、スタート直後に何度も隣のとぶつかってしまった上に、やや掛かり気味に前に出て行き、となんとも危なっかしい感じでスタートしたが、外の3番手から直線で戸崎騎手が追い出すと、2番人気レーベンスティール体を併せての追いべに突入。最後はクビ差振り切ってデビュー勝ちを飾る。
上がり3Fは333。敗れたレーベンスティールが続く未勝利戦を3身半差で楽勝したため、レベルの高い接戦を制したとソールオリエンスの評価も間接的にやや高まった。

3歳(2023年)

京成杯・衝撃のドリフト

年末の2歳GⅠには向かわず、2戦は明けて3歳、1月京成杯(GⅠ)へ。上は美の若年トップジョッキー横山武史に交代。出走一のキャリア1戦ながら、ホープフルSで3番人気6着のセブンマジシャン人気を分け合い、2.7倍の同オッズで2番人気に支持される。ちなみにの方は、そこそこの期待など知ったこともなく当日は中山競馬場房で寝ていたそうな。

レースでは1000m622というスローペースの展開となり、ソールオリエンスは中団から進めたが、事が起きたのは4コーナー調教で右に倒れる感じがあったので気を付けていたという武史騎手だったが、そのせいで手前変換のタイミングが合わず、逆手前のままコーナーに入ってしまった結果、ソールオリエンスは直線入口のところで盛大にドリフト。ほとんど逸走せんばかりに外に大きく膨らんでしまう。観客からは悲鳴も上がった。
直線の短い中山で、4でこれだけ手に距離ロスをすれば当然大きな不利である。ところがなんと、そこからソールオリエンスは大外を強く一気に加速。あっという間に他を置き去りにして突き抜け、2身半差をつけて圧勝してしまったのである。あれだけ手に膨らんで上がり3Fは断然の345。まさに衝撃勝だった。
武史騎手は「他に迷惑を掛けて申し訳ない気持ちでいっぱい」と反省しきりだったが、「まだ緩いのでこの馬場はすごく心配でしたし、3コーナーで手応えが怪しくなりましたけど、今日ですべてカバーしてくれて、めて強いだと認識できました」とコメント

キタサンブラックよりも、どちらかというとそのライバルであったドゥラメンテを彷彿とさせる快な走りにファンからの注度も上がってか、この一戦で一躍クラシックとして名前を挙げられるようになった。

皐月賞・雄叫び轟く直線一気

京成杯後は間にもう一戦挟むという選択肢も挙がったが、最終的にはレース後の疲労を考慮して、皐月賞(GⅠ)へ直行することとなった。

かくしてキャリア2戦で迎えた大舞台本番だが、2歳GⅠがそれぞれ別路線へ向かって不在という状況もあって、近年稀に見る大混戦ムードとなった。事前予想では1番人気だったソールオリエンスだったが、11番というが発表されると、少頭数しか経験がないことへの不安に加え、土曜日で内馬場が荒れたこともあって人気を下げ、最終的には共同通信杯勝ちファントムシーフに続く5.2倍の2番人気に落ち着く[1]

日曜日も降ったり止んだりでききらずそのまま重馬場となった。稍重より悪化した馬場での皐月賞ドクタースパートが勝った不良馬場1989年以来34年ぶりとなる。
レース本番。トップナイフが大きく出遅れ、逃げ宣言のグラニットが重馬場にもかかわらず1000m585ハイペース逃げる展開。ソールオリエンスは後方に待機する。
そのまま4コーナーで最後方から大外をブン回したソールオリエンスは、大外から一気に加速して群をり捨て猛然と追い上げる。直線に入って先に抜け出し押し切ろうとした弥生賞タスティエーラ、これを追って馬場ん中から押し上げていた1番人気ファントムシーフさえ止まって見えるようなとんでもないロングスパートの末脚で一気に前を撫で切り、1と1/4身差でゴールへと突き抜けた。休養明け・若干人気落ちからの後方大外一気で快勝という流れから、これまた今回もドゥラメンテを想起した人は少なくなかったようだ。

キタサンブラック産駒・初のクラシック制覇。上がり3ハロン355レース全体の上がりが372、上がり2位ファントムシーフらが記録した364だったのでソールオリエンスがコンマ9も速い。まさに別次元を発揮していた。さらに4コーナー通過は18頭中17番手。あの1993年の「脚」ナリタタイシンですら12番手からであり、直線の短い中山皐月賞文字通りの最後方からほぼ全頭ブチ抜いての勝利は前代未聞である。
武史騎手2021年エフフォーリアに続いての敗での皐月賞制覇。GⅠ勝利自体1年4ヶぶりで、2021年の5勝から22年0勝の悔しさを味わったこともあり、ゴール後にひとしきり歓喜の雄たけびをあげた後、ソールオリエンスに対して流石お前!!」絶叫賞した。

日本ダービー・夢は散れども

生産者の吉田照哉氏く「ダービーの方がもっと似合うと思います」という事で、次走はもちろん日本ダービー(GⅠ)皐月賞同様にキタサンブラックが勝てなかった二冠上の武史にとってはエフフォーリアでの念をらす絶好の機会。管理する手塚師はクラシックで未勝利なのはダービーのみであり、勝てば61年ぶり史上5人クラシック全制覇と、色々なものを背負って大一番へ向かうこととなった。

迎えた第90回日本ダービーゲートは35番。グレード制導入以降の敗の皐月賞はこれまでシンボリルドルフディープインパクトコントレイルと5番に入っているがいずれも三冠を達成、三冠馬オルフェーヴルもこの5番勝利というデータ[2]皐月賞で見せた圧巻の走りもあって、単勝人気は1.8倍。2番人気の同青葉賞スキルヴィング以下に圧倒的な差を付け大きな支持を集める。

皐月賞と打って変わって良馬場で迎えたレース。先行策を取り好位5番手に付けたが、先行すると見られていたホープフルS勝ちドゥラエレーデスタート直後に落し、パクスオトマニカが大逃げを見せるもののレース予想とは一変したスローペースに。
最終直線では前を行くタスティエーラを交わそうとしたもののタスティエーラ上のダミアン・レーンに絶妙に進路を塞がれ、内には複数のがいて向かえず、外からは向こう正面から上がってきたハーツコンチェルトが横におりなかなか抜け出せない。僅かに一時スペースくものの、一のキレ味がないソールオリエンスには突破は出来ず厳しいレース展開に。残り100m近くになって進路が開いてスパートするものの、時すでに遅し。先に抜け出していたタスティエーラを捉えられずクビ差の2着皐月賞の逆襲を許す形となり、三冠は散った。上の武史騎手にとっても2年前の辱を果たせずと人共に悔しい一戦となった。

セントライト記念・続く逆襲

破れた日本ダービー後は放牧に出され、セントライト記念(GⅡ)から始動することが発表されていたソールオリエンス。ライバルタスティエーラダービー後の疲労が取れずに大本菊花賞への直行を選んだのに対して、こちらはそれなりに順調にを越えて予定通りの前戦に向かうことに成功している。今回も実績的にも頭一つ抜けていると見られて単勝人気は1.6倍のぶっちぎり1番人気を受ける。

一方で立った面子としては、かつて新馬戦で2着に破ったレーベンスティールの存在が挙げられていた。
デビュー前からも期待の呼びが高いリアルスティール産駒の同だが、戦であった戸崎圭太騎手との相性があまり良くなかったようで、新馬戦以降もクラシック参戦が狙えるタイミングでの賞加算や勝ち上がりに失敗していた。こと特に前走のラジオNIKKEI賞では重賞初挑戦ながら1.9倍と高い支持を受ける中で、の脚質やレースの展開に合わない位置取りからのレース中強引な競馬をして制裁を受ける・にも関わらず3着止まりで収得賞金が加算されない[3]…と踏んだり蹴ったりの状況。つまり今回のセントライト記念で2着以内の入線が出来なければ優先出走権の絡む菊花賞はまだしも、それ以降のレース選択にも支障が出かねないほどに追い詰められていたのである。そのため、上を戸崎騎手から短期外国人ジョッキージョアン・モレイラ騎手に変更するなど乾坤一擲の構えを見せており、これを勝負気配とみたざとい層からはGⅠドゥラエレーデなどを差し置いて2番人気3.8倍の対抗として強く支持を受けていた。

レース当日では、34番から狙い通りに中段にポジションを取ることに成功したレーベンスティールに対して、大外814番に置かれたソールオリエンスはの問題もあって後方10頭からの追走を余儀なくされる形に。更にペースの中迫る4コーナーでは、今までのレースでもあったコーナリングの拙さに加えて、コスモサガルマータに押し出される形で外にズレた結果追い出しが相当に遅れてしまう。
迎えた最終直線、これまでの溜飲を下げんがばかりに前方で名手と理想的な競馬を発揮するあちらは抜け出しを狙う中、そうはさせじとソールオリエンスも差し切ろうとするものの、前述の要因がことごとく足を引っって加速しきれずに、1と3/4身差でまたしても2着。レーベンスティールにも新馬戦からの逆襲を果たされる形で終わってしまった。
レース後の手塚師のコメントによると「今日は安全策で外、外を回って、力を信じて乗ろうと決めていた。」「枠と良馬場で外、外を回して厳しかった。単勝1倍台で勝てなかったのは申し訳なかったけど、悪い内容ではなかった。道中はお釣りがあったし、これで距離はかなりもつのは分かった。本番でリベンジしたい。」exitと大外を回っての競馬は師が横山武史騎手依頼した安全重視の騎乗だったようで、敗因にその選択と前有利の馬場傾向を挙げつつも本番には前向きな姿勢を示していた。

サトノクラウン産駒タスティエーラの次は、リアルスティール産駒レーベンスティール
父の世代からの因縁が見え隠れするのは偶然か必然か、妙な空気も漂う中でのこの菊舞台。ソールオリエンスは相棒の若武者と共に二冠馬の栄を勝ち取ることが出来るだろうか。

余談

皐月賞勝利の裏で

皐月賞制覇は、戦後ではハギノトップレディフサイチコンコルドデアリングタクトに並ぶ最少となるキャリア3戦でのクラシック制覇である(皐月賞制覇に限ると戦前ダイレク以来でなんと80年ぶり)さらに京成杯クラシック制覇はエイシンフラッシュ以来13年ぶりとなる。
上の横山武史にとっては2021年エフフォーリア以来の皐月賞2勝だが、このレースでは一つの偶然が起こった。勝ちタイム2:00.6はエフフォーリア皐月賞と同タイムだったのである。一年ぶりの武史GI制覇ということもあり、当日のTwitterではエフフォーリア名前がトレンド入りした。ちなみにこの時、社台SSで繋養中のエフフォーリアキタサンブラック房は隣同士だった。


23年度クラシックから始まった、JRAによるG1騎乗騎手へのジョッキーカメラ装着企画
先週の桜花賞でのリバティアイランド川田将雅騎手に続き、皐月賞ではファントムシーフとソールオリエンスの上位人気2頭の騎手(クリストフ・ルメール横山武史)がカメラ役となったのだが、レース後は先にファントムシーフカメラ開され、何故か勝ちであるソールオリエンスの映像開はやや遅れていた。


ルメール騎手の乗るファントムシーフカメラ / 武史騎手の乗るソールオリエンスカメラ

それもそのはず、先団を進んだルメール騎手カメラは左をぶち抜いていくソールオリエンスをばっちり捉えていたのに対して、最後方を進んだ武史騎手カメラ前を行くたちによって跳ね上げられた泥水々に塞がり、ゴール後しばらくは彼の絶叫く音だけが聞こえるラジオ状態になってしまったのだ(このためレース中継のワイプを併映する処置が行われている)。
結果、切り音や歓レース中の武史レースが終わった後に荒い息遣いを見せる武史、叫び音割れしまくっている武史ミルコ・デムーロに何度もお礼する武史、「とにかく外に膨れる」と周囲にりまくる武史、雄たけびにビビったソールオリエンスに謝罪する武史、厩舎の人と奮気味にソールオリエンスや将来の展望についてり合う武史と、こと視聴者には肝心のソールオリエンス視点レース映像が全く伝わらないのに、武史の奮と感動ばかりがこれでもかと伝わってくる内容となっており、横山武史ファンにとっては聴き所満載の映像?に仕上がってしまった。が呼んだか「横山武史ASMR」。

血統表

キタサンブラック
2012 鹿毛
ブラックタイド
2001 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
シュガーハート
2005 鹿毛
サクラバクシンオー サクラユタカオー
サクラハゴロモ
オトメゴコロ *ジャッジアンジェルー
*テイズリー
*スキア
2007 鹿毛
FNo.1-k
Motivator
2002 鹿毛
Montjeu Sadler's Wells
Floripedes
Out West Gone West
Chellingoua
Light Quest
2000 鹿毛
*クエストフォーフェイム Rainbow Quest
Aryenne
Gleam of Light *デインヒル
Gold Runner

クロス: Lyphard 5×5(6.25%)

関連動画

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *実際前週の桜花賞で、同じくキャリア2戦・多頭数経験なしながら2番人気に支持されたライトクオンタムが内で揉まれて8着に撃沈していたことも、番による不利をより懸念させる潮へと繋がっていた。
  2. *ただフルゲート18頭となった1992年以降35番で勝ったのは三冠馬3頭以外だとスペシャルウィークのみ。三冠馬になれるというより、三冠馬級の強さでないと勝てないと言えるかもしれない。
  3. *レースの出走可否順位に関わる収得賞金というものはOPレース以下では1着、重賞では2着以内に入らなければ加算されない。詳しくは「収得賞金」の記事を参照。
    過去には同じくラジオNIKKEI賞の負けから本番に直行して勝利を掴んだ2018年菊花賞フィエールマンの例があるが、あちらの場合2着に入ったことで収得加算に成功したためネックであった体質を考慮しつつ菊花賞本番に臨むことが出来ていた。
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP