ゾウ単語

ゾウ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(95)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ゾウとは、ゾウに属する哺乳類の総称である。

概要

キリンさんが好きです。

でもゾウさんの方がも~っと好きです。

ま~つも~と引越センタ~♪

生態

現代の陸棲動物では最大の大きさを誇る。アフリカゾウなどは大きさ4mから7m、体重は5tから10tまで、異常なまでに巨大に成長する個体もいる。鈍重なイメージがあるが、走るのはかなりく、時速40kmも出せる。
自在に動く長い鼻、大きいが特徴である。また、かなり賢い生き物でもある。

現存する種は大きく分けてアフリカゾウとインドゾウの2種(またはアフリカゾウからマルミミゾウを分けて3種)とされ、その中でさらに亜種生する。絶滅したものにマンモス、ナウマンゾウなどがある。

ゾウの鼻はやっぱりすごいゾウ

ゾウの特徴と言えばこの鼻である。この鼻は高い位置の食物を摂取するため、鼻が長くできている。この鼻はかなり発達しており、御存知の通り物を器用に持つのはもちろん、感覚も人間の手の何倍も優れている。
なので鼻を高く伸ばすことで空気の流れを感知し、遠くから流れてくる匂いを嗅ぐなんてことも出来る。

芸を覚えたゾウは関連動画のように絵を描き出す個体まで出てくる始末。一体どれほどのを秘めているんだ、ゾウの鼻は……。

実は鼻だけじゃないゾウ

ゾウの生命線は鼻だけではない。

まず生息地が基本的に地獄の熱さを誇るところがほとんどのゾウは、体温調節に気を配らないといけない。しかしゾウは重さのわりに身体の表面積が小さいので、熱を逃がすのが苦手な生き物である。そこでゾウはその大きなを使う。

ゾウの大きなには100もの血管が通っている、これを前後に動かすことでゾウは急速に身体の熱を逃がすことが出来るのだ。つまりゾウがを動かす場面の多くは排熱行動なのである。

しかしそれだけでは足りないので、ゾウは身体の表面積増しするため、身体がシワだらけになっている。ゾウのシワは決して老齢のではなく、生きる知恵なのである。

また、その体重を支える足を守るための機も発達している。その体重で大地を踏みしめる衝撃を緩和するため、ゾウの足の神経脂肪に包まれている。さらにその神経によってゾウは障物の認識や振動をも感知することが出来る。よって、ゾウの前にをばら撒いても、ゾウはちゃんとを踏まないを選んで歩くことが出来るのだ。

関連動画

 

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 93ななしのよっしん

    2020/02/05(水) 02:00:15 ID: iVhmBbbnuc

    マンモス食べれるんだし食べれるは食べれるだろうけど美味しいというと全く想像がつかない
    今の技術なら食用化すれば大体の生き物は食べれるんじゃね維持費高そうだから畜に向いてるか知らんけど

  • 94ななしのよっしん

    2020/06/22(月) 13:45:27 ID: XWHTQ1ZTaP

    妊娠期間2年で大飯ぐらい
    東南アジアで使役動物として使われた時期でも人工繁殖より野生で捕まえることが多かったみたいだし畜としてはこれ以上ないってくらい向いてないね
    動物園でも繁殖に苦戦してるくらいだし

  • 95ななしのよっしん

    2020/10/11(日) 21:32:43 ID: 7Yc8rVZaip

    幼児向け番組での出落ち要員
    理由?色々デカいから子供大喜び

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/27(火) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/27(火) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP