ゾーリン・ブリッツ単語

モミジオロシノヴェアヴォルフ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ゾーリン・ブリッツとは、日本漫画HELLSING」に登場する架の人物の名である。

概要

ゾーリン・ブリッツは、ナチスの残党「最後の大隊(ラスト・バタリオン)」「ミレニアム大隊」内で中尉の位を持つ人狼(ヴェアヴォルフ)」

性別は女性だが、その顔はお世辞にも美人とは言えない。人相が悪く、筋肉質で短。左が潰れてるような造形、何よりの特徴として右半身に奇妙な呪文刺青のように入っており、右の玉がある。と、ミレニアムの幹部吸血鬼の中でもかなり人外に近く見える容姿をしている。

武器死神を連想させると、玉を抱える右手から発される幻術と記憶をみ取るである。人間を一振りでっ二つにするほどの鋭さを持ち、幻術はセラスらワイルドギースを大いに苦しめた。

性格は外見の通り最悪であり、格下の人間相手でも記憶をみ取るトラウマを見せつけながらり殺したりする。同時に過剰な自信でもあり敵戦を過小評価して独断専行する等厄介である。

戦跡

ゾーリン・ブリッツと人造吸血鬼の隷下中隊は先遣隊としてヘルシング本部へ急行少佐に命じられる。この時、「強行は避けたまえ」と咎められ同意するも結局は独断先行することになる。(少佐はおそらく本隊到着までセラスらをヘルシング本部に釘付けにするだけが的だったと思われる。)

ミレニアム戦艦フライングレットノート)、ラーツェッペリンII」を駆りてヘルシング本部へ突撃。デンドロビウム化したセラスの打撃によりV1の24機同時支援攻撃もろとも撃墜させる。半数以上の人員と銃火器のほとんどを失うも本部への突撃を行う。ワイルドギースの仕掛けた地雷原と法儀礼済みクレイモア地雷60個同時点火、グレネード斉射・機関銃小銃の集中弾幕射撃の「点ではなく面攻撃」によりさらに数を減らした。

ここで得意の幻術を発動。OVAでは何だかわからない呪文を唱えると右半身の紋章の文字が地面へと移り幻術を形成する演出が成された。ヘルシング本部の数倍はある全長の分身を作り出し、ワイルドギースたちをアリを潰す子供のようにする幻覚を生み出した。ここでセラスが「第三の眼」によりこれを一人突破。ハルコンネンの射撃をゾーリンへ直接狙撃することにより幻覚を解除しワイルドギースの面々を正気に戻した。しかし、これにより正面への制圧射撃が止まってしまったため、その隙に隷下中隊が本部へ突入した。

「さぁもう許さない・・・さあもう助からない!」

「さぁ・・・さっさと死んじまえ、クズ共!!!!」

隷下中隊は地雷原を突き立てたナイフを渡ることで突破し、正面玄関へパンツァーファウストを発射することで本部への突入口を切り開いた。幾らワイルドギースといえど近距離では、物凄い動きをする人造吸血鬼の動きは捉えられず、まともに相手出来るのはセラスのみという有様であった。セラス一人では館中を跋扈する吸血鬼行動を一度に抑えられずワイルドギースはそのほとんどを失った。ゾーリン本人も館へ侵入。B棟の生き残りである傭兵に「死んでしまった実家にいる」という幻覚を見せつけ、それを全てだと全否定して絶望させながら殺した。

「うっそで~~~す!!!全部!全くの!!アホは死ななきゃ治らねぇ!」

「構わんやれ!吹き飛ばしてやれ!哀れな連中を木っ端微にしろ!」

ゾーリンの隊はベルナドットの分隊をヘルシング円卓会議室へ追い詰める。会議室への最後のパンツァーファウスト攻撃を示するも館中の吸血鬼を全て”破壊”したセラスにより阻止され、弾切れのセラスと対峙する。自慢の幻術を通路一帯に這わせセラスのトラウマを想起させ戦闘不能にさせる。セラスの左腕と切り落とし胸を貫き頭を足蹴にしを潰す、屠りたい放題した。ここで重症のベルナドット「うっせぇぞドブブス!」と言いながらでゾーリンの頭を殴り飛ばして体に法儀礼済み弾を浴びせセラスを助け出そうとする。しかし、ハチの巣になった満身創痍のベルナドットを投げ付け、絶命させた。

「泣かせるじゃないかぁ、えぇ?ゴミのようなけらの分際で、やかましく飛び回るからそうなる!」

(中略)

五月い小手で潰してしまいましょう!人生はこれにて終了!!」

ルナドットを屈辱されたセラスはベルナドットの血を吸い覚醒全な吸血鬼と化したセラスは、に這わせたゾーリンの術を崩壊させ増援の吸血鬼隊を皆殺しにしゾーリンの頭を潰そうとした。右手フリーだったゾーリンは逆にセラスの頭を掴み、セラスのトラウマを再び想起させようと試みる。が、ベルナドットの記憶に阻まれた。そこでベルナドットの記憶の中に現れたシュレディンガーにより少佐の伝言を伝えられ、自分がセラスに「処断」される事を知る。

最期は館の壁に頭を叩き付けられ、高速移動するセラスにもみじおろしにされて死んだ。原作の巻末おまけページでは「死因もみじおろし」と称されていた。)

関連動画

ニコニコにおいてはその性格とセラスをする様子からやはり嫌われているが、もみじおろしにされる様はボロゾーリンなどと呼ばれて親しまれている。

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

最後に

シュレディンガー「ゾーリン死んじゃったみたいに!」

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/09(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/09(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP