タケノベルベット単語

タケノベルベット

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

タケノベルベットとは、1989年生まれに日本競走馬である。

な勝
1992年エリザベス女王杯(GI)・鳴尾記念(GII)

概要

現役時代の齢は旧表記を用いる。

1989年3月13日生まれ。パドスール、タケノダンサーチャイナロックデビューは遅めで、4歳新デビュー。2戦チューリップ賞は3着となる(1着のアドラーブルオークス、2着のニシノフラワー桜花賞で、何気に1992年牝馬三冠の勝ちがこのレースで複勝圏に全部入っている)。クラシック競走とは縁で、その後野賞(4歳500万下(今の3歳1勝クラス))・ひめゆりステークス(4歳900万下(現在該当する区分は用いられないが、3歳2勝クラスに相当))を勝利した後、7月中日スポーツ杯4歳ステークス(今のファルコンステークス)(GIII)を7着と惨敗する。季は休み、牝馬三冠最後のレースエリザベス女王杯へ出走した。

当日は17番人気と極めて人気薄であった。彼女はこのレースで、後方集団に控え、差し切って2着のメジロカンムリに3身半つけてゴールインした(ちなみに3着はニシノフラワーであった。彼女は今でこそ短距離として知られているが、これはその後のスプリンターズステークス(当時は12月)の印が強すぎるためだろう。後のスプリント王サクラバクシンオーに対し1400m以下のレース一土をつけただからである)。単勝は9130円となかなかのものになった。馬連は70470円ととんでもない額になった。

その後彼女鳴尾記念に出走。そこを勝利しこの勝利がフロックでないことを示した。年明けの5歳日経新春杯(GIII)からスタート。そこを3着とする(1着はエリザベス女王杯6着だったエルカーサリバー、2着はナイスネイチャ)と、天皇賞(春)の前戦である阪神大賞典(GII)へ出走する。メジロパーマーには負けたがナイスネイチャには勝つ2着となる。その後天皇賞(春)(GI)へ出走し10着となって引退、繁殖入りした。

産駒には立った活躍はいないが、系は2021年時点でまだ残っている。2014年2月28日、放牧中の事故により死去。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/08(土) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/08(土) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP