タツノコ VS. CAPCOM単語

タツノコバーサスカプコン

8.0千文字の記事
掲示板をみる(90)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

タツノコ vs. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES』(タツノコ バーサス カプコン クロスジェネレーション オブ ヒーローズ)とは、カプコンが販売している対戦型格闘ゲームである。開発はエイティング。

略称は『タツカプ』。

概要

カプコンキャラクターが他社のキャラクター達と対戦する対戦型格闘ゲームの総称『VS.シリーズ』の七作で、本作では数多くのアニメ作品を手がけてきた竜の子プロダクションキャラクター達との競演を果たす。

これまでのVS.シリーズは、ドット絵による2Dキャラクターの2D格闘ゲームであったが、本作では『ストリートファイターIV』と同様に、ポリゴンによる3Dグラフィックキャラクターの2D格闘となっている。

2008年12月11日アーケードで正式に稼動開始。同日に庭用(Wii移植版)も発売された。
なお庭用移植であるWii版には、アーケードバーサスサバイバルタイムアタックトレーニングプレイデータオプションといった庭用移植格闘ゲームでは定番となったモードの他に、

が収録されている。

またWii版専用キャラとして、イッパツマンハクション大魔王、想鐘サキビューティフル ジョーの4人が追加されているのも特徴。

ゲームシステム

操作は一般的な対戦型格闘ゲームに多く見られるパンチキックボタンといったものがく、弱・中・強の攻撃ボタンパートナーボタンの4ボタン形式である。
試合形式は2on2のタッグマッチ制で行われ、どちらか一方のキャラが2体とも倒されるかタイムオーバーになるまで続けられる。(タイムオーバー時はその時点で残っているキャラの体合計値で勝敗が判定される)

基本的なシステムは『MARVEL VS. CAPCOM』や『MARVEL VS. CAPCOM 2』を踏襲しており、それらに加え本作では新たにメガクラッシュバロックコンボ、ヴァリアブルエアレイドと呼ばれるシステムが搭載された。
また、コンボゲージを3つ消費するLv3ハイパーコンボシリーズ一、全キャラに搭載されている。

メガクラッシュ
衝撃波を発生させ相手を吹き飛ばす。相手のコンボ中などに使用するとコンボを中断させられる。
ゲージ2つと若干の体を消費。
いわゆる緊急回避であるが、中にはこのメガクラッシュコンボに組み込むキャラも存在する。
総じてコンボダメージが大きい本作では極めて重要なシステムである。
バロックコンボ
ゲージ部分を消費。行動キャンセルし、新たにコンボを繋げることができる。
ゲージの量に応じて威が変化する。
その他にも“発動するとニュートラル状態になる”という特性を生かして、攻撃後の隙を消す。といった使い方もある
ヴァリアブルエアレイド
中で波動拳コマンドパートナーボタンで発動。その時に出る攻撃モーションをヒット若しくはガードさせると、中でパートナーと交代できる。ゲージが1つ必要だが、効果が発動しなければ消費することはい。
エリアルレイヴコンボ)中に発動させれば、そこからさらにエリアルレイヴを続行させることが可

ゲージとは・・・
ダメージを与えた際に、受けた側の体ゲージい部分と表示されない部分が発生する。表示が消えた部分はダメージとして確定した分で、く表示されている分については控えに回っている間、徐々に回復していく。
なお交代して出てきた際にい部分が残っていた場合、それについてはダメージとして確定してしまう。

デカキャラ

本作を特徴付ける要素の一つ。ゴールドライタンとPTX-40Aが該当する。
カキャラの特性は以下のとおり

  • 体が非常に大きい。そのため対戦中は通常のキャラよりも引いたカメラになる。当然の事ながら当たり判定でかい
  • 常時スーパーアーマー(攻撃を受けても仰け反らない)状態である。但し、一定回数以上攻撃を連続で受けてしまうと気絶状態になる(所謂ピヨり)。
  • や攻撃が通常キャラべ高く設定されている。
  • カキャラ1体で通常キャラ2体分とみなされる。そのためデカキャラ対通常キャラの場合必然的に“1対2”という構図になる。
  • 全体的な動作が大きい(通常キャラべ、攻撃の発生速度が遅かったり隙が大きい)。

以上のことから、非常に大味な戦い方になりやすい。
また大きすぎる体格故にどの飛び道具が回避できなかったり、強みの一つであるスーパーアーマーロックする必殺技には効とされるなど弱点が多く、“天敵”と呼ばれるキャラが多数存在する。

ゲーム性

ゲームシステム全体が、1対1ではなく複数人同士がぶつかることを前提に構築されており、パートナーキャラとの連携攻撃や、時には逃げて控えキャラの体回復させるといった、多くの戦法をとることができる。
そのためパートナーキャラの選択は非常に重要であり、単体では他のキャラに遅れを取ってしまう所謂弱キャラと呼ばれるキャラパートナー次第で強キャラとも渡り合える。

また他のゲームではタブーとされている実戦で狙える永久コンボを多くのキャラが持っているのも特徴。
非常に強な攻撃手段である永久コンボ、それを崩す手段としてのメガクラッシュ、そのためのゲージ配分、ゲージの使い等独特な読み合いがある。

TATSUNOKO VS. CAPCOM ULTIMATE ALL-STARS

タツノコ vs. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROS』の続編にあたる作品。UAS略称として用いられる。

AC版はく、Wii版のみでの発売となった。
新たに5名のキャラ、3つの新ステージが追加され、大人の事情によりハクション大魔王削除された。

他にもキャラバランスゲームシステムの調整、ニンテンドーWi-Fiコネクションによるネット対戦の追加。
ミニゲームモード削除の代わりに前作にあったPTX-40Aのミニゲームブラッシュアップしたシューティングゲームが新たに追加された。

キャラだけでなく、システムにも大幅な調整が加えられたため、前作にあったったゲーム性はなりを潜め
良くも悪くも別のゲームと化した。
また、大人の事情から、対戦中のBGMキャラクター固有のBGMからステージ毎に固定されたものになった。

世界で発売されることもあってかヴォーカル曲を英語ver.に変更、UIも前作の何処か日本特撮匂わせデザインからメカニカルな雰囲気なものに変更される等、海外を意識した変更が多々見られる。

登場するキャラクター

タツノコプロ

の健 科学忍者隊ガッチャマン
CV:森功至
科学忍者隊のリーダーガッチャマンとは科学忍者隊の5人をすのではなく、科学忍者隊のリーダーである彼の称号である。
非常に機動が高く、中戦に特化した性を持つが、キャラ単体としては攻撃が低いのが欠点。
無印でその機動が高過ぎたためか、UASでは若干下方修正が加えられ、代わりにコンボの攻撃が強化された。
キャシャーン 新造人間キャシャーン
CV:小野大輔
悪の組織アンドロ軍団に立ち向かうべく自ら新造人間となった少年機械の身体と人間の心を併せ持つ。
格闘技と、相棒フレンダーを利用した攻撃を使用する。機械の身体という設定上体と攻撃が高いが、全体的に攻撃のリーチが短く隙も大きめ。それらを補うためにパートナーアシスト攻撃への依存度が高い。
テッカマン 宇宙の騎士テッカマン
CV:森功至
地球を狙うワルダスターとの戦いのために結成された組織「スペースナイツ」のリーダー。テックセットシステムテッカマン変身して戦う。
「テックランサー」を使用して戦うため、リーチと攻撃に優れる。しかし攻撃が大振りなため、小回りが利き辛いのが弱点。ある必殺技でテックランサーを手放してしまうと、一部の技の性が変化する。
ヤッターマン1号 タイムボカンシリーズ ヤッターマン
CV:喜多村英梨
が設計、自身と相棒アイちゃん完成させたロボット「ヤッターワン」を駆り、ドロンボー一味の企てを阻止するために日奔走するツナギを着けた正義ヒーロー
プレイヤーから“魔法の小パン”と呼ばれる程に、通常技・各種弱攻撃の性が高い。またその他の技も非常に使い勝手がよく、戦う相手・距離を選ばないオールマイティーキャラ
ポリマー 破裏拳ポリマー
CV:安井邦彦
重化化合物「ポリマー」で出来たスーツに身を包み、更にそこから6つの形態に“転身”し戦うヒーロー。普段はヘタレを装っているが、実はキレモノ。中国拳法に似た体術を駆使し戦う。
リーチと機動は控えだが、攻撃は非常に高い。必殺技の構え」でポリマークを一つ取得、これを消費することで必殺技必殺技キャンセルが可
ロンジョ タイムボカンシリーズ ヤッターマン
CV:小原乃梨子
ヤッターマンと対峙するドロンボー一味で、本作のプレイアブルキャラクターの中では一の悪役
必殺技は子分のボヤッキートンズラーが行うという一変わったキャラクター。子分二人を次々に召喚しながらの立ち回りは非常に強なうえ、本人による通常攻撃も高性
必殺技の隙が大きいため、コンボにはバロックコンボが必須となる。
鴉-KARAS-
CV:遠藤大智
の意思を代行する「ゆりね」に使役され、の秩序を守るため、日妖怪と戦う存在。本作の原作羽とは違う個体であるとされる。
身の長いを使用し戦うため、通常技のリーチが長く、そして速い。一方で体が全キャラクター中一番低いうえに、しゃがみ状態が横に広く、低ジャンプ攻撃に引っかかり易いというピーキーキャラ
白鳥ジュン 科学忍者隊ガッチャマン
CV:杉山佳寿子
科学忍者隊の紅一点で、メインヒロインポジションを持つキャラクター爆弾の扱いに長けているという設定がある。
その設定を生かした必殺技バインドボム」は相手の身体に爆弾セット、追加コマンドを入することにより任意のタイミングで爆破できる性のため、相手の動きを制限しながら、高い機動と手数の多さで攻めるという特徴を持つ。
ゴールドライタン 黄金戦士ゴールドライタン
CV:二又一成
通常はサイズの大きさで、四ライターから変形する。異次元間を通ることにより巨大化し、悪のイバル大王と戦う。
タツノコサイドのデカキャラあたるキャラで、同じデカキャラであるPTX-40Aとべ、接近戦に特化している性となっている。体は全キャラクター1位であるため、非常に打たれ強い。

カプコン

リュウ ストリートファイターシリーズ
CV:高橋広樹
もがご存知のMr.格闘ゲーム。孤高の格闘で、カプコンサイドの顔とも呼べるキャラ。“三種の神器”と呼ばれる格ゲーの基本とされる技を持っているため扱い易い。
またアシスト攻撃、ガードキャンセル等の汎用性が非常に高いため、どのキャラと組ませても相性が良い。
数々の作品に出演してきた彼だが、ダッシュを扱える作品は本作のみである。
春麗 ストリートファイターシリーズ
CV:折笠富美子
もがご存知のMs.格闘ゲームインターポール刑事で、中国拳法の使い手だが、本人は普通女の子に憧れている模様。
本作では一3段ジャンプが出来、素ダッシュと組み合わさり、怒涛のラッシュを仕掛けることが出来る。
無印では必殺技裂脚」が非常に強だったが、UASでは弱体化。代わりに通常技が更に強化されている。
バツ ジャスティス学園シリーズ
CV:檜山修之
扱い易い典的な「波動昇キャラであるが、原作の「根性カウンターシステムが独自の技として搭載されている。
無印は性的にも上位互換に近いリュウがいたために、影の薄い存在だったが、UASではコンボ必殺技流星キック」を18回も組み込めるようになり、攻撃の上昇と共にリュウとの差別化を果たした。
アレックス ストリートファイターシリーズ
CV:安元洋貴
ストリートファイト深さに魅せられ、まだ見ぬ強敵達をめる少年(こう見えても彼はまだ18歳である)。
コマンド投げを有する所謂“投げキャラ”だが、打撃技も得意。
通常サイズキャラの中では、彼のみ2段ジャンプができないため、機動に欠ける。UASシステム仕様変更の恩恵を一番受けたキャラでもある。
モリガン ヴァンパイアシリーズ
CV:神宮司弥生
魔界の貴族の次期当(後に当となる)のサキュバス。あまりその地位には興味く、魔界にはい刺めて人間界に降り立つ。
リュウやバツと同じく「波動昇キャラであるが、こちらは斜め上に上昇するダッシュが特徴。その特徴を生かした「高速中段」と呼ばれるテクニックを使い、相手のガードを崩すのが得意。
攻撃が低いのが欠点。
燼の (新・鬼武者 DAWN OF DREAMS
CV:楠田敏之
を持つ、最強にして最悪の戦士。「燼の」とは二つ名であり、本名は結城秀康来と共に幻魔を倒すをしている。
長く大きなを用いるため、リーチが長く、強な攻撃を得意とするが、テッカマン同様小回りが利かない。スーパーアーマーの付いた技で、理やり相手の連携に割り込む戦い方が特徴。
ロック・ヴォルナット ロックマンDASH
CV:田中真弓
大いなる遺産」をめて日々遺跡の発掘・調に精を出すディグアウターの少年銭関係にシビアなヒロインには度々泣かされている。
3種類の武器(+素手で4種類)を切り替えながら戦う。武器の換装行動どの行動からキャンセルして出せ、立ち回りやコンボではその要素が非常に重要になってくる。本作随一のテクニカルキャラ
ロール ロックマンシリーズ
CV:五十嵐裕美
初代ロックマンシリーズヒロイン的位置づけのキャラ。本作では何故かやたらと待遇がいい。前作「MvC2」から見たや技が一新され、ど別のキャラクターと化した。
小さな身体と、それ故のリーチの短さ。初速が遅く、そこから一気に最高速に達するダッシュ、そして必殺技「ロールいくわよー!」で必殺技を強化しながら戦うのが特徴。
PTX-40A ロストプラネット
CV:
キャラクター名は機体の名称であり、パイロットウェインという名である。
カプコンサイドのデカキャラキャラで、同じデカキャラであるライタンとべると中・遠距離の戦いを得意とする。
左右の肩にはそれぞれ3種類の内ランダムで一つ武器を装備・使用することが出来る。
プレイヤーからはシルエットガチャピンに似ていると言われている。

家庭用専用キャラ

イッパツマン タイムボカンシリーズ 逆転イッパツマン
CV:加藤将之
地域や時を選ばず、あらゆる場所に荷物を届けるタイムリース社。ライバル会社がその業務を妨しようとすると何処からともなくやってくるヒーロー
原作では野球を意識した箇所が多々見られたが、本作もその設定をみ、モーションは野球を意識したものが多い。
った性が多いタツノコキャラにはしく、扱いやすいスタンダードな性
ハクション大魔王 ハクション大魔王
CV:大平透
※一作のみ
魔法に封印されているジンニー(魔人)。くしゃみをするとから召喚され、毎回トラブルを起こす(本人は悪気がい)。
通常サイズキャラクターの中では一番身体が大きく、またその巨体に見合うだけの高い体が特徴。しかも見たよりもやられ判定が小さく、体重も軽め。
複数のコマンド投げを持つ投げキャラ超必殺技の対投げは強
想鐘サキ QUIZなないろDREAMS 虹色町の奇跡
CV:本名陽子
前々作「MVC」ではスペシャルパートナーだったが、本作で見事プレイアブルキャラクターに昇格。学生でありがなら地球防衛軍に所属している。
身の丈を越える大きなビームライフルでの遠距離戦に特化した性が特徴。
機動と攻撃が低いのが欠点。
超必殺技「強化徹甲弾リロード」はガード不能なため、使い方によっては悪なキャラと化す。
ビューティフルジョー ビューティフルジョー
CV:川田紳司
ヒーロー映画が好きな高校生。ある日映画の中に引き込まれ、VFX映画で使われる特殊効果の総称)を用いた特殊を使用するヒーロー変身する。
原作再現のために3頭身である。それが故にロール同様手足が短く、差し合いの面で苦労する。
高性飛び道具や突進技を持っているため、牽制や不意をついた奇襲が得意。

ULTIMATE ALL-STARS 追加キャラ

テッカマンブレード 宇宙の騎士テッカマンブレード
CV:森川智之
正体不明で記憶喪失青年「Dボウイ」が変身する。諸を持ち、人類になす宇宙生命体を切り裂くヒーロー
非常に癖の強いダッシュや、弱攻撃の性が低いが故の小回りの悪さで、扱うのが難しい。
しかしパワースピードリーチを兼ね備えており、高性な技を多数持っているので、使いこなせると非常に強キャラ
コンドルジョー 科学忍者隊ガッチャマン
CV:ささきいさお
科学忍者隊のサブリーダーで皮屋なので健とよく対立するが、お互いの実を認め合う良きライバルである。
少しスレた性格している彼を表現するためか、攻撃はどれも荒々しい。健よりも機動は落ちるが、その分パワーに特化した性
超必殺技バードミサイルをぶち込んでやる!」は何故か使いたくなる不思議な魅を持っている。
ヤッターマン2号 タイムボカンシリーズ ヤッターマン
CV:加藤英美里
ヤッターマン1号の最高のパートナー実家電気屋で、それ故か電気を利用した武器「シビレステッキ」を使う。
バウンドする飛び道具や中下段の攻撃に生できる移動技、非常に判定の強い防御技など、性の良い必殺技恵まれているのが特徴。
しかし攻撃はとても低いため、勝ち続けるには補正切りも視野に入れたパートナー選びが重要。
フランク・ウェスト デッドライジング
CV:ピーター ヴァン ガーム
暴動事件にスクープの匂いを嗅ぎ付け、用のカメラを片手に単身潜入取材に乗り込むフリーカメラマン
ゾンビを召喚し、それを利用した様々な攻撃を展開できるのと、ダウンした相手を何度も引き起こしながらする攻撃の高いコンボが特徴。
非常に高い攻撃を有するが、通常攻撃の性がとにかく悪い。弱点を如何にカバーできるかが
ゼロ ロックマンX
CV:置鮎龍太郎
ゼットセイバー」を武器に数々のイレギュラーと戦うイレギュラーハンター。最後のワイリーナンバーズであるとされている。
身体は小さめだが、攻撃には「ゼットセイバー」を用いるため、リーチは長い。また通常・必殺技共に隙の少ない技が多いのが特徴。
息をもつかせぬラッシュを得意とする強キャラクターだが、打たれ弱さには不安が残る。

ボスキャラクター(※AC版、Wii版共に使用不可)

常闇ノ皇 大神
CV:
読みは“とこやみのすめらぎ”。
原作では第1~第5形態まであり、本作では第1・第4・第5形態と3連戦する。
BGMは1戦と2戦は本作オリジナルで、最終戦のみ原作人気の高い『太陽は昇る』がそのまま使用されている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 88ななしのよっしん

    2020/10/23(金) 17:46:56 ID: zULksPeHVY

    >>87
    何それ絶対楽しそう

  • 89ななしのよっしん

    2021/03/03(水) 17:54:20 ID: ia2zlHDPDP

    これのために中古wiiを買おうかと考えてる

  • 90ななしのよっしん

    2021/03/03(水) 18:03:27 ID: 7EcNO8z+Zc

    マーベルディズニー下になった事で権利関係アレコレを考えると
    まだタツノコの方が続編の芽あるかもしれんけど、売れ行きの問題で難しいか

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/14(日) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/14(日) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP