今注目のニュース
「報道部がこれはあかんでしょ」 テレビ局が議員に送ったリプライが炎上
なぜ陸上のスーパー女子高生は消えるのか
「初音ミク GTプロジェクト」よりレーシングミク2019ver.がフィギュア化

タツノコvsカプコン単語

タツノコバーサスカプコン

掲示板をみる(87)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

タツノコvsカプコンとは、カプコンが販売している対戦型格闘ゲームである。開発はエイティング。

正式名称『タツノコ vs. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES』(タツノコ バーサス カプコン クロスジェネレーション オブ ヒーローズ)  略称は『タツカプ』。

概要

カプコンキャラクターが他社のキャラクター達と対戦する対戦型格闘ゲームの総称『VS.シリーズ』の七作で、本作では数多くのアニメ作品を手がけてきた竜の子プロダクションキャラクター達と夢の競演を果たす。

これまでのVS.シリーズは、ドット絵による2Dキャラクターの2D格闘ゲームであったが、本作では『ストリートファイターIV』と同様に、ポリゴンによる3Dグラフィックキャラクターの2D格闘となっている。

2008年12月11日アーケードで正式に稼動開始。同日に庭用(Wii移植版)も発売された。
なお庭用移植であるWii版には、アーケードバーサスサバイバルタイムアタックトレーニングプレイデータオプションといった庭用移植格闘ゲームでは定番となったモードの他に、

が収録されている。

またWii版専用キャラとして、イッパツマン、ハクション大魔王、想鐘サキビューティフル ジョーの4人が追加されているのも特徴。

ゲームシステム

操作は一般的な対戦型格闘ゲームに多く見られるパンチキックボタンといったものがく、弱・中・強の攻撃ボタンパートナーボタンの4ボタン形式である。
試合形式は2on2のタッグマッチ制で行われ、どちらか一方のキャラが2体とも倒されるかタイムオーバーになるまで続けられる。(タイムオーバー時はその時点で残っているキャラの体合計値で勝敗が判定される)

基本的なシステムは『MARVEL VS. CAPCOM』や『MARVEL VS. CAPCOM 2』を踏襲しており、それらに加え本作では新たにメガクラッシュバロックコンボ、ヴァリアブルエアレイドと呼ばれるシステムが搭載された。
また、コンボゲージを3つ消費するLv3ハイパーコンボシリーズ一、全キャラに搭載されている。

ゲージとは・・・ダメージを与えた際に、受けた側の体ゲージい部分と表示されない部分が発生する。表示が消えた部分はダメージとして確定した分で、く表示されている分については控えに回っている間、徐々に回復していく。なお交代して出てきた際にい部分が残っていた場合、それについてはダメージとして確定してしまう。

デカキャラ

本作を特徴付ける要素の一つ。ゴールドライタンとPTX-40Aが該当する。
カキャラの特性は以下のとおり

  • 体が非常に大きい。そのため対戦中は通常のキャラよりも引いたカメラになる。当然の事ながら当たり判定でかい
  • 常時スーパーアーマー(攻撃を受けても仰け反らない)状態である。但し、一定回数以上攻撃を連続で受けてしまうと気絶状態になる。(所謂ピヨり)
  • や攻撃が通常キャラべ高く設定されている。
  • カキャラ1体で通常キャラ2体分とみなされる。そのためデカキャラ対通常キャラの場合必然的に“1対2”という構図になる。
  • 全体的な動作が大きい。(通常キャラべ、攻撃の発生速度が遅かったり隙が大きい)

以上のことから、非常に大味な戦い方になりやすい。
また大き過ぎる体格故にどの飛び道具が回避できなかったり、強みの一つであるスーパーアーマーロックする必殺技には効とされるなど弱点が多く、“敵”と呼ばれるキャラが多数存在する。

ゲーム性

ゲームシステム全体が、1対1ではなく複数人同士がぶつかることを前提に構築されており、パートナーキャラとの連携攻撃や、時には逃げて控えキャラの体を回復させるといった、多くの戦法をとることができる。
そのためパートナーキャラの選択は非常に重要であり、単体では他のキャラに遅れを取ってしまう所謂弱キャラと呼ばれるキャラパートナー次第で強キャラとも渡り合える。
また他のゲームではタブーとされている実戦で狙える永久コンボを多くのキャラが持っているのも特徴。
非常に強な攻撃手段である永久コンボ、それを崩す手段としてのメガクラッシュ、そのためのゲージ配分、ゲージの使い等独特な読み合いがある。

TATSUNOKO VS. CAPCOM ULTIMATE ALL-STARS

『タツノコ vs. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROS』の続編にあたる作品。
AC版はく、Wii版のみでの発売となった。
新たに5名のキャラ、3つの新ステージが追加され、大人の事情によりハクション大魔王削除された。
他にもキャラバランスゲームシステムの調整、ニンテンドーWi-Fiコネクションによるネット対戦の追加。
ミニゲームモード削除の代わりに前作にあったPTX-40Aのミニゲームブラッシュアップした
シューティングゲームが新たに追加された。
キャラだけでなく、システムにも大幅な調整が加えられたため、前作にあったったゲーム性はなりを潜め
良くも悪くも別のゲームと化した。
また、大人の事情から、対戦中のBGMキャラクター固有のBGMからステージ毎に固定されたものになった。
世界で発売されることもあってかヴォーカル曲を英語ver.に変更、UIも前作の何処か日本特撮を匂わせるデザインからメカニカルな雰囲気なものに変更される等、海外を意識した変更が多々見られる。

登場するキャラクター

タツノコプロ
カプコン
家庭用専用キャラ
ULTIMATE ALL-STARS 追加キャラ
ボスキャラクター(※AC版、Wii版共に使用不可)

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP