タヌキ単語

タヌキ

1.9千文字の記事
掲示板をみる(133)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

タヌキ(狸、たぬき)とは、食イヌ科の動物である。
体長50-70cm 尾長10-25cm 体重4-10kg

概要

哺乳類の一種。生活環境森林、人近くの山など。食性は雑食などの小動物木の実などを食する。

ナグマと容貌が似ているため混同されることが多い。また、「ムジナ」というは地域によってタヌキをしたりアナグマをしたりする。

野生の狸を勝手に捕まえてペットにする事はできないので注意。(保護法)

長崎県大村市にある長崎空港には野生の狸が港内に生息しており、荷物に潜りこむ・航空機によって轢死するものがいたりと職員の悩みの種になっている。(長崎空港では狸にエサを与えないよう注意を看で呼び掛けている)その一方、グッズにはタヌキキューピーがあったりとタヌキとは複雑な関係である。

文化

どこか滑稽なイメージを持った動物であり、やけに丸々太っていてつづみをポンポン鳴らしているイラストも多く描かれているが、実際のところはつづみもしないし、思いのほかスリムな体である。イメージとしては毛のふさふさした様が太って見える事からと思われる。

日本では昔話にも多く登場し、「かちかち山」「分福釜」などが有名。キツネと同様、怪しげな術を使い人間を化かしたりする描写が多い。

たぬきを題材とした音楽としては「げんこつやまのたぬきさん」「寺の狸囃子」などがある。

実際のタヌキの陰嚢は小さいが、「箔を作る際にタヌキの皮を使うと非常によく引き伸ばせる」→「タヌキの金玉はよく伸びる」という勘違いもしくはネタ江戸時代には既に広まっていて、タヌキの袋のでかい皮と戯れる的な浮世絵もある。

信楽焼のタヌキの置物は縁起物として有名。
タヌキの各部のデザインには縁起の意味が込められていて、玉袋はそのまま「運」を表しており、上記のイメージから大きければ大きいほどいいというノリで仕上げられていったのだろう。
ちなみに信楽焼のタヌキの置物が作られだしたのは明治に入ってから(諸説あり)。
第二次大戦後、昭和天皇の巡幸の折に、信楽ではタヌキの置物を並べて歓待したところ大変喜ばれたという話が新聞で報じられ、そこから全区に広がったと言われている。

タヌキに関係する事柄

実在の人物

作品

キャラクター

動物ベース

人間ベース、愛称など

タヌキではない

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/07(水) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/07(水) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP