タモリはタル 単語

76件

タモリハタル

4.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

タモリはタルとは、日本漫画家である。一部媒体においては、たなかうどんという名義を用いている。に児童誌にて活動している。超乳好き。
子供向けのゲーム関係の漫画イラストを手掛けており、フィギュアプラモ好していることがTwitterで知られている。  

概要

今は亡き『コミックボンボン(以下ボンボン)』で『ロボットポンコッツ(以下ロボポン)』シリーズコミカライズを手掛けた事で有名。同『コミックボンボン』の『王ドロボウJING』で知られる熊倉裕一子であり、後に『真・女神転生 デビルチルドレン』で著名になる藤異秀明師匠でもある。

デビュー作はボンボン読み切り作品『ガンプ・ザ・ストーン』。以降ボンボンロボポンをはじめとする作品を発表し、その他『無限戦記ポトリス』の連載や、『電脳戦機バーチャロン』のタイアップ漫画バーチャ論』、ボンボン企画コーナー『本寺』(全3回)等を描いていた。

ロボットポンコッツ無印)』(全5巻)、『ロボットポンコッツ2』(全3巻)を原作ストーリーにある程度沿って連載し(何故か『2』はスペシャリスト1のみに挑まないまま急展開を迎え終了する)、そこから自身のオリジナルストーリーになる『ロボットポンコッツ!』の執筆を開始するが、こちらは1巻分が刊行されたのみで、2巻第1話にあたる話で最終話を迎える。何故打ち切ったし編集部。

無限戦記ポトリス』の終了以降、ボンボン内の企画ロボットラボ」への投稿、雑誌のハガキ案内コーナーの絵の仕事などをしていたが、一時期しばらくは表だった活動には至っていなかった。のちに『コミックボンボン』自体が廃刊になり、彼はもう(出版業界に)帰って来ないのだろうか…と、ファンから心配されていた。

が、のちに角川書店出版の『ケロケロエース』にて、かつてのボンボン作家が多く起用され出す中、彼もまた連載を抱えることとなり、『爆釣伝説アングラヒーロー』、『ストッピ!』を連載するも、残念ながら単行本化されること打ち切りに至っている。

『ケロケロ~』を皮切りに、現在角川グループ系のゲーム雑誌や児童向け書籍での執筆の他、ポケモン公式運営によるWebサイトポケモンだいすきクラブ』へのイラスト提供など多岐にわたり活躍している。ただしポケモン関連はあくまで企画特集用の挿絵のみの参加であり、公式作品に登場するキャラクターの設計にはノータッチであることを明言しているexit

近年の商業誌での女性キャラの胸のサイズ残念ながら現代児童誌の限界以前の作品での脇役キャラサイズである。それでも爆乳強の大きさだけどね。

また2013年に『ロボポン無印)』、及び2015年に『2』の新装版コミックスも発売され、その際に表や挿絵などを新たに描き下している(無印第1話の最初のページのみ、原稿が紛失したようでこちらも描書き下している)。また『!』の新装版に関しても企画が通り発売を控えているとのこと。

2017年2月頃からtwitter更新が突如途絶えていたが、後に間の路上で倒れ1ヶほど入院していたことが明かされた。本人く「脳梗塞心筋梗塞のツープラトンで、スリー途の寒中水泳する一歩手前」だったという。お大事に…。

漫画版ロボットポンコッツについて

タモリはタル版ロボポンコミックボンボン』で原作下田」、作画「タモリはタル」によるゲームコミカライズ作品。ストーリーの展開については王道的な少年漫画となっているが、登場させるロボポンに独自のアレンジを加えており、オリジナルの設定、ストーリーも追加している。

1998年に連載開始。『1』コミカライズグレイテスト」、『64』の設定を基にしたオリジナル作品「バーモント編」、『2』コミカライズ、そしてオリジナル作品のロボットポンコッツ!』と複数のシリーズを連載していた。
所謂"ポストポケモン"を原作としたコミカライズ作品が氾濫していた90年代後期のボンボンの連載作品において、本作の全シリーズを通しての連載期間は、原作人気ければ々に打ち切りに合うこともしくないボンボンの掲載作品の中でも異例と言える6年間という長期連載となった(1998年2003年)。元々、ガンダムメカ)を長年に展開していたボンボンの購読者層にマッチしたのか、同時期のメダロットと共に、原作付き漫画看板作品を務めていた。

原作ゲーム版においても、ボンボンの誌上通販限定の「ボンボンバージョン」にて何体かのロボポンが氏のタッチグラフィックアレンジされていたり、GBA版の『2』では初めから一部のロボポンタモリデザインしたものがあるなど、漫画版の反を取り入れた試みが見られている。

児童漫画雑誌連載であるにもかかわらず、登場する女性キャラクターがことごとく巨乳であり、連載が進行するにつれてそのサイズ超乳化していった(乳首現実では有り得ないサイズである)。最終的には直径数十センチの巨大な球体が胸にぶら下がっているとしか言いようがないシロモノと化し、当時のボンボン読者と一部のマニアに絶大なインパクトを残した。覚めてしまったよ。罪作りな作品だ。

イロモノやエッチな要素が何かと話題になる作品だが、作画は同時期の藤異秀明津島直人などと同様ハイレベルで、大事なシーンでは決してギャグに頼らない迫のある描写も多く、バトル漫画としての評価も高い。またのどかで細かい背景描写やモブの存在など、氏の独特なタッチの魅も十分に味わえる作品となっている。

ちなみにファンサークルの同人誌ゲスト投稿していたりもする(注:18禁)。

主な登場人物

ユースケ
主人公14歳少年。穏やかな口調の原作版より多少荒っぽい熱血少年となっている。行き当たりばったりタイプ。ロルやマーシャルの好意に鈍感。借2億を抱えるスポロロボテック社の若き社長。行き詰まりそうになったり好機の際、社訓をその場の思いつきで叫び社員(ロボポン)達を励する。
ロボまる
ユースケの一番のパートナーロボポン原作ゲームではサンバージョンで最初に貰えるロボポン野良でも普通に出現したりするロボポンでしかなかったが、漫画版では大幅かつ壮絶な過去設定が加えられゲームにも逆輸入された。『2』では装備パーツメタルアーム」のロボマルス、そしてカスタまるへと進化する。その活躍から『!』の時代では伝説ロボポンとしてられるようになる。
ロル
メインヒロインユースケの幼馴染ヘッド博士の一人。一応ユースケと同じ14歳であるが、爆乳デフォで描かれる今作にあって最大級の超乳を誇り、かつ何故か彼女のみ乳首の上から浮き出ているという、色々な意味で凄いメインヒロインである。
が薄かった原作とは違い基本的にユースケの応援等でついてきており出番は原作より多い。むしろ単行本ではカバー袖に毎巻必ず描かれているなど優遇されており、同時に彼女の洗礼される変容を見ることができる。
基本的に献身的だが、怒ると怖い。腕マーシャルと互喧嘩したり、抱き締めでユースケのアバラを何本か持っていく程度。後者おっぱいの圧のせいかも。
マーシャル
ビスコの所有ロボポン超乳スポロロボテック社へストーンやキュータと共に移籍。ロルほどではないが話が進むにつれ体の他、髪型に変化が見られるキャラクターユースケに一目惚れして以降彼を"ダーリン"と呼び、熱アタックしているためロルとはの仲。またユースケのファーストキスを奪うことに成功している。後にヘッド博士メタモル理論応用の試作パーツを勝手に拝借し、戦闘中怒りのマーシャス(自身命名)進化オバケの類が嫌い。に弱い。
ナース
元々ロルのに勤務していた看護ロボポンやはり超乳世に出回っている同名ロボポン量産機/ゲーム版順基)とは異なる試作機の個体という設定で、顔や髪型・細部の形状が異なっている。量産機と違いどこかそっけなく、毒舌戦闘時は注射マシンガンハンドガンから近接武器に使用できる大のものまで様々)を使用する。スポロロボテック社へ移籍後はの管理経理、戦闘時の参謀役、仲間の治療等幅広く活躍する。コナースという小ロボポンと一緒で、コナースが見たデータを共有することができる。
コジロウ
ビスコの所有ロボポン剣士ムサシという宿敵ロボポンを追っている。お人好しでどこか抜けておりコメディリリーフや酷いに合うことも少なくないが、試合では頼りになる存在で、戦闘回数、出番も割と恵まれている方。短時間を強化するオーバードライブシステムを作中初めて披露した存在で、発動すると全身がき額のハチマキに「流」の文字が浮かび上がる。
ビスコ
所謂ライバルキャラユースケと同い年のガキ大将実家持ち。相棒ロボポンノロイダー。グレイテスト7を賭けてユースケと戦うも敗北し、その後は乱暴者だったキャラから一転して打倒ユースケ&ロボまるの為ノロイダーと修行に出ている(らしい)。スポロロボテック社の借1億円分の借り出し先。時折登場してはユースケやロボまるを救っており、なんだかんだで友達らしい一面を見せる。
ノロイダー
ビスコの所有ロボポン者。同僚の多くがビスコに捨てられユースケに引き取られた中、ビスコに付いていっている数少ない存在。幽霊のような外見に反して性格は紳士的であり、わがままな人であるビスコの保護者のような振舞いも多い。起動したてのロボまるの初陣の相手であり、彼を負かしながらも、自身の顔にヒビを入らせたことで実を認めライバル視している。その後、修行パワーアップし再戦するが、(ビスコが足を引っって)敗北し、以降も幾度となく現れては強さとらしさを見せ付けている。実は本人達は忘れているようだが、ロボまるとは過去に面識がある。『2』ではノロイガー進化する。
ドクターゼロ
無印、そして『2』のラスボス。かつてグレイテスト1になったのち、ポロンを自身のロボポン軍団で支配しようとしたマッドサイエンティスト。一度フリスク国王と相打ちで死に、体の大半を機械化することでった。ロボポンを「兵器」「便利な具」としか見ていない。ラスボスお約束最終拠点であったゼロキャッスルにてユースケに敗北したのち自爆するが、『2』にてとある者の協により生存していた事が判明。時間移動で「スペシャリストK(キング)」なるものになり、再度ユースケ達の前に立ちはだかる。でも結局複線回収ならず。

関連動画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/25(木) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/25(木) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP