今注目のニュース
「停電時にペンライトを使うなら赤・青・緑が電池長持ち」説は本当か? 製造業者に聞いてみた
凍ったシャボン玉がスノードームっぽくなる現象が解明される
セルフレジを利用しない理由は? ジャストシステム調査

タルボ単語

タルボ

掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Talbo(タルボ)とは、東海楽器が製造を行っているエレクトリックギターの機種
T-ALLOY-BODY』の略称から名前が取られていて、アルミニウムで出来ているのが特徴

ニコニコ動画では
平沢進が発売初期から用を、HISASHIライブで多用している事で有名

概要

歴史・特徴

1983年東海楽器オリジナルギターとして発売したモデルで、木材を素材とする一般的なギターと違い
い音の立ち上がり(クイックレスポンス)」「音をよく伸ばす(ロングサスティーン)」「雑音を消す(ノイズレス)」
的にボディをアルミニウムに採用した、当時としては前衛的なギターだった。
発売当初は、上下に分かれた形に溶けたアルミニウムを流して鋳造して溶接。その後は発泡ウレタンを注入して作られていたが、現在は溶接しで作られている。

しかし、発売されたものの思ったよりも人気が得られず、ショップカスタムモデルを含めても2000本が出荷される程度だった。
その後、東海楽器の経営難によって生産が打ち切りとなってしまう。

90年代に入り、BUCK-TICK今井寿が使い始めたことが話題になり、三鷹楽器東海楽器にストックされていた80年代製ボディを復元して販売。
売れ行きが好調だったため96年に生産再開すると、有頂天に影され使用を始めたHISASHI(GLAY)とのコラボレーションで"TALBO Secret FACTORY"が始動。
平沢進現在使用しているオーダーメイドの「ICE-9」もその企画によって作られており、仕様は本人の希望によりオープンとなっている。

タルボの生種には、タルボのベース版の「Talbo Bass」やアクリル製の「Blazing Fire」などがある。

カラーリング度の高いメイン
アルミボディから放たれる鋭い伸びのある透明感が強い音や、改造の柔軟性の高さが特徴。

EVO

2007年、「『HISASHI MEETS NEO TALBO』から10年の節にTALBOの新、又は進化を作りませんか?」と投げ掛けたTALBO Secret FACTORY CAP-iNAの一言が発端となり、TALBOの新なコンセプトを受け継ぎ、最前線のアーティストが納得できるまで、楽器としての完成度を高め、開発に約5年の歳を費やしたアルミ削り出しボディの「EVO(イーボ)」が2012年完成する。

上ほぼどのポジションでも、ストレスく素く立ち上がり、微妙なピッキングニュアンスもあますことなく表現できる。クリーンから極まで、低域から高域までぐいぐい行ける」という特徴を持つ

使用している主なミュージシャン

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

掲示板

  • 13ななしのよっしん

    2015/09/30(水) 00:01:31 ID: MfqF0rmxHg

    >>12
    生産中止前のTalbo全なるワンピースボディだからね
    今みたいにピックガード部分が大きくいてないし

  • 14ななしのよっしん

    2016/05/16(月) 02:22:20 ID: xHJ/+CiQhD

    凄い欲しいギターだわ
    これでデストロイしたいです!

  • 15ななしのよっしん

    2016/09/30(金) 02:12:41 ID: Qq+QCrpDS/

    イケベが権利もってるから
    イケベしか新品販売できないんじゃなかったか
    ネットなら割とどこも新品売ってるけども

急上昇ワード

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP