ダイアクロン単語

ダイアクロン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(43)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ダイアックロン

ダイアクロンとは、1980~1984年までタカラ(現タカラトミー)が展開していた玩具シリーズである。

概要

インチマン」と呼ばれる3cmミニサイズフィギュアと、1/72にサイズが統一された(後半商品を除く)メカニックを組み合わせて遊ぶことが出来た。
 リアルな設定と豊富なラインナップで、1980年代子供達(とタカラ)を大いに盛り上げた。
ロボットベースロボット要塞Xといった基地に変形するロボでの基地遊び、バトルバッファローガッツロッカーといった合体ロボなどがだった前半と、カーロボットジェットロボトレインロボなど身近(?)な乗り物から変形する「リアルロボ」を軸とした後半に分けられる。
なお、前述の通りリアルロボになるとサイズ視され始め、建設ロボや可変戦隊トリプルチェンジャーに到っては「隊員が乗れない」本末転倒仕様となった。

シリーズと「ニューミクロマン」シリーズを統一し、そこに他社商品も加えて出来上がったのが「トランスフォーマーシリーズである。そのため、特に後半に登場した商品のほとんどがトランスフォーマーとして再利用されている。

あらすじ

未知の新エネルギーフリーゾンエネルギー」が発見された。それを利用して世界征服を狙う「ワルダー軍団」を倒すため、正義の新組織「ダイアクロン隊」が設立された。
ロボットベース発進せよ! ワルダーの野望を打ち砕け! 

ラインナップ

メイン商品のみを取り上げる。

ダイアクロン隊

名称 説明 備考
ロボットベース 基地ロボ トランスフォーマー リターンオブコンボイ」のグランダスの元ネタ
ダイアバトルス 三機合体ロボ
ダイトレイン 基地に変形する戦闘列車
コズモロラー 基地に変形する装甲車 ミュータントタートルズ」の玩具に流用
ダイアアタッカー 可変ロボ ロボットベースの廉価版の側面を持つ
パワーベース 4種のエリアで構成 限につなげていくことが可
ガッツロッカ 14機合体ロボ ダイラガーXVはこれに対抗して15機になったとのウワサ
ダッシャー スカイ/ドリル/F1ダッシャー プルバックゼンマイの可変ロボ海外TFのオマケに流用
ビッグパワー 三機合体ロボ トランスフォーマーZ」のダイアトラスら三体合体元ネタ
パワードスーツ A/B/Cタイプの装甲
バトルバッファロー 三機合体ロボ
ロボット要塞X 基地ロボ 内部をカプセルで移動できるギミック
ダブルソルジャー スカイ/エースソルジャー 戦闘機から二つのロボに変形。実は顔は変わらない
インコバット ブルー/レッドコンバット 同上。顔はいときは開ける
スカイベース 基地メカ 二形態に変形。付属のマシン三機が合体してスカイロボ

以下がリアルロボシリーズなどのノンスケールとなる。

名称 カラーなど 備考(に流用)
カウンタックLP500S //パトカー は「トランスフォーマー(以下TF)」のサンストリーカーに流用
チェリーバネット /救急車 救急車ラチェット、通常タイプになりアイアンハイド
ハイラックス // TFのトレイブレイカーに流用
ティR / モトコンポ付属。(シティS)が限定TFクロスカットに流用
フェアレディZS130 / 銀色になりストリークに流用
ハイラックスレッカータイプ / 海外版のみのTFホイストに流用
ティターボ / モトコンポ付属。モトコンポを削除したTFのスキッズ
消防はしご TFインフェルノ白色になってアートファイヤーに流用
フェアレディZレーシング TFのスモークスクリーンに流用
ジープJ59 TFのハウンドに流用
フェアレディZパトカータイプ 白黒 TFプロールに流用
ポルシェ935ターボ TFマイスターに流用。単独CMがあった
ニューカウンタックLP500S /黄色//パトカー セット限定。TFランボルに流用。他色も限定で流用
リジェJS11 / セット限定。TFのリジェに流用
バトルコンボイ TFコンボイに流用。一部シール金属製だった
ランチアストラトスターボ / は頭部デザインが異なる。TFホイルジャックに流用
クレーン オレンジ TFのグラップルに流用
コルベットスティングレー になりTFトラックスに流用。は限定TFとして流用
パワーコンボイ /シルバーメッキ くなりTFウルトラマグナスに流用。キャブはかった
爆転アタックロボ ジェット/ドリル それぞれ海外TFトップスピン、ツインツイストに流用
チェンジアタッカー バネット/チータ/スタリオン が変形して別のビークルになる
サバンナRX-7 ダブルチェンジャー TFダウンシフトに流用
フェラーリBB ダブルチェンジャー TFオーバードライブに流用
セリカXX ダブルチェンジャー TFのカムシャフトに流用
F-15 高速戦闘タイプ TFスタースクリームに流用
F-15 クロバットタイプ TFサンダークラッカーに流用
東海道新幹線 通常/シルバーメッキ TFショウキに流用。パーツが追加された
ブルートレイン EF65/ED75 TFゲツエイに流用
東北・上越新幹線 通常/Dr.イエロー TFユキカゼに流用
東海153系 通常/クハ111 TFスイケンに流用
L特急 485系/583系 TFのセイザンに流用
ディーゼル機関車DE-10 通常/クリアカラー TFのカエンに流用
トレインロボ 上記六体合体ロボ TFライデンに流用
ブルドーザー 隊員搭乗不可(以下同) になりTFのボーンクラッシャーに流用(以下同)
パワーショベル TFスカベンジャーに流用
ショベルドーザー TFのスクラッパーに流用
トラッククレーン TFグレンに流用
ダントラック TFロングハウルに流用
ミキサー TFミックスマスターに流用
建設ロボ 上記六体合体ロボ TFデバスターに流用。パーツの固定方式変更
ティラノザウル TFグリムロックに流用。が軟質パーツになった
トリケラトプス TFスラッグに流用。などが軟質化
ブロントウル アパトサウルス TFのスラージに流用。が軟質化
ステゴザウルス TFのスナールに流用。が軟質化
プテラノドン 隊員搭乗不可 TFのスワープに流用。様々な部分が変され不恰好に
ジェットタイプ トリプルチェンジャー になりTFブリッツウィングに流用。元の色も限定で流用
ヘリコプタータイプ トリプルチェンジャー ↑ともども隊員搭乗不可

ワルダー軍団

名称 説明 備考
モスキーダー メカ バグモス付属。彼以下は幹部の名前
アリーダー メカ アリック付属
ソランダー メカ ソロン付属
ワルダロス 上記三機合体ロボ トランスフォーマーZ」のバイオレンジャイガー元ネタ
ウォークインセクター 1/2 パワードスーツにあたる
クワガトラ クワガタメカ になりTFシャープネルに流用。限定で元色もTFに流用(以下同じ)
バッタ バッタメカ TFキックバックに流用
カブトロン カブトムシメカ TFボンシェルに流用。海外ではゾウムシ扱い
改造怪獣マシンドラゴン 怪獣メカ マシンウラー」の流用。隊員搭乗不可

復活の時来る!

2015年6月、ついに現代の技術で復活することが発表された。

そして約1年後の2016年5月末、ついに新生ダイアクロンの第一弾、ダイアバトルスV2が通常のトリコロールカラータカラトミーモール限定版の「面基地仕様プロトタイプカラー」の2種類で発売された。
3種類のビークル合体して巨大なロボットになるという基本フォーマットは変化していないが、フル可動になった他ロボット形態だけでなく3機合体の大航空機バトルス・トライザー」や2機合体バリエーションなど合体パターンも大幅に増え、さらに旧ダイアバトルスと異なりロボット形態でもバトルス01のパイロットが搭乗したまま、バトルス02と03のコクピットは分離合体して小戦闘機になるなど、単独でのプレイバリューが大幅に増している。

さらに2016年6月東京おもちゃショー2016にて、第二弾としてビッグパワードGVの発売が発表された。
まだイラストのみの展示であり詳細は不明だが、こちらは試作品が展示されていたフル可動の新パワードスーツ2種類(後述のワンダーフェスティバルにてそれぞれAタイプ、Bタイプと命名)を見るに収納ギミックなどは健在と思われる。
1ヶ後の7月に行われたワンダーフェスティバル2016ではフォトスポット(顔出し式の立て看観光地によくある)として1/1スケールパワードスーツ(Bタイプ)が登場した他、おもちゃショーで展示されていた2種に加え、グラスキャノピーの黄色モデル(Cタイプ)とグレーシンプルな形状をしたモデル(Dタイプ)、更に既存2種のカラーバリエーションとして、カーキ色とオリーブドラブという、パワードスーツを広めた小説である「宇宙の戦士」でのものと、ニットー版プラモデル後期に展開された「リアルタイプ」を意識したと思われるカラーリングの「宇宙海兵隊Ver,」が展示され、更には体側面にパワードスーツを4機、運転席に3名、上部の座に1名、後部のキャビンに3名と、総勢7名+パワードスーツ装着4名ものダイアクロン隊員が搭乗可な「強襲戦闘」の初期試作、そして2門の2連装キャノンを背負い、ウイングの形状やボレトモジュールなど各部が変更された「ダイアバトルスV2宇宙機動タイプ」の暫定試作までもが展示され、今後の展開に期待を十二分にもたせる内容となっていた。

そして、2017年1月ビッグパワードGVに先駆けて新パワードスーツが「パワーシステムセット」として隊員と格納用コンテナをセットとして赤色のAタイプ青色のBタイプの2種類で発売されることが決定し、同じくタカラトミーモール限定品として両タイプ宇宙海兵隊Ver,がセット商品として2017年2月の発売が決定した。
なお、同時にブルーカラーのダイアクロン隊員8名セットも予約が開始されている。
こちらは通常版のパワードスーツと同時発売。

現時点の発売予定が決まっている分はおもちゃショーの時点で試作が展示されていたものだが、残るバリエーション、さらには強襲戦闘の発売も期待したい。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/26(木) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/26(木) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP