ダイタクヘリオス(ウマ娘)単語

ダイタクヘリオス

4.4千文字の記事
掲示板をみる(146)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ウェーイあげみざわウェイパリピってアゲてって楽しんでこー♪

ダイタクヘリオス(ウマ娘)

ダイタクヘリオス(ウマ娘)とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

"笑う”“新聞を読める”などと呼ばれた実在競走馬ダイタクヘリオス」をモチーフとするウマ娘である。CV山根綺

概要

誕生日4月10日 身長156cm 体重:ウェーイ! スリーサイズ:B82/W53/H85

調子乗ってる?ノったもん勝ち!うるさい?んじゃもっと盛り上がっていこ~ぜ♪
……な、お喋り大好きギャル
笑ってないとかありえんてぃ、遊びに誘われたらでOK!
とにかくなんでも楽しもうとする彼女の周りにはらいつだって最高のグルーヴが生まれている。

ダイタクヘリオス|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイトexitより

メッシュのをしたポジティブパリピ系ウマ娘2018年頃のギャル語を駆使するハイテンションギャルである。

勝負を基調にした肩と腕の一部が露出したに短パン。「D」を模した首飾りを掛けている。

アニメ第2期スタートに伴って放送開始前にチームカノープスの面々や相方メジロパーマーともども追加された。

アニメでの活躍

TVアニメウマ娘 プリティーダービー season 2」第1話から登場。切りで叫ぶ様をテイオーらに撃されている。(その裏でしれっとメジロパーマーも登場)

その後、またしても切りで叫んでいたところ、「パートナーが不可欠」と占われたメジロパーマーと遭遇。意気投合をしてパリを教え、ノリノリで仲良く会話するまでになり、その後はパーマーと一緒に占いも受けるようになる。
ちなみに、この時「お嬢様がつれないんだよー!!」と叫んでいたが、詳細については作中では特に触れられずに流されている。史実の項も参考にしていただきたい。

レーススタイルはパーマーと同じ「爆逃げ」でレースに挑みコンビを組むも、パーマーより体が劣るため決まって置いていかれる。
(こうして見ると彼女の実は大したことないように見えるが、これは作中で描かれるレースの範囲によるところであり、史実に準じるなら画面の外では負けず劣らずの活躍をしている……はず)

元のが常に頭を上げ続ける特徴的な走りだったことから、ランニングフォームは長距離選手のように上体を起こしたスタイル。加えて常に笑いながら走っているが、これも元のが“笑う”(走っている最中に口を開ける癖があった)と言われたところからきている。

また、パーマーだけが出場するレースでは応援役として一喜一憂し、天皇賞(春)ではマネージャーの如く報道の対応をもしていた。「パーマーしか勝たん」。

ゲームでの扱い

※アオハルシナリオ実装時の。基礎は成長するので省略

ステータス
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
バ場適性
ダート
距離適性
距離 マイル 距離 距離
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込

他のアニメ2期組同様、サービス開始時点では未登場だったが、程なくしてSRサポートカードパリピ・ぱーりないと!]が実装された。

所持スキルマイル用、逃げ~先行の中間といったところ。7種類とまあまあ多く、方向性もバラつきがあるのであげません!は起こりがちだが、質は良い。どちらかといえば先行向きのラインナップではあるが、「スピードイーター」はマイル逃げウマ娘用のデバフスキルとして非常に優秀で、逃げマイラーの育成時には積極的に狙っていく価値がある。
イベントで「伏兵○」(4番人気以下の時に有効)を取れたり、直後に実装されたパーマーと共に「シンシー」(これを持つウマ娘が多く出走していると有効)を持つといった要素も。

特筆すべきはイベント面で、共通イベントでは理事長・記者ゲージが伸びやすくなるコンディション「注」を選択肢で確定取得でき、SR固有イベントは先行専用だがコストが安い「直滑降」+スピードパワー上昇orマイル後方用の回復スキル「展開い」+体回復という、脚質・状況に応じて使い分けの利く優秀な2択を選べる。

2021年8月30日には新シナリオ「アオハル杯」が実装され、サポートカード実装キャラ仲間キャラとしてレースに出走できるようになったため、ダイタクヘリオスレースに出走可となった。
距離適性はマイル及び中距離だが、中距離は他にも適性持ちが多く戦区になりやすい上、マイルは他キャラが短距離ダート埋めに回り手薄になることも多いので素直にマイルに編成しよう。スキルマイルで映えるものだし(アオハル杯でのレーススキルサポートカードの所持スキルと同じという仕様)。マイルだと他にまず補がいない逃げ適性持ちなのもポイント
なお、アオハル実装の時点では勝負は未実装なため、レースライブ時は2以下の汎用となっている。

関連ウマ娘

メジロパーマー
競馬史上稀に見る「コンビ」の相方であり、ウマ娘でも運命的な出会いを果たして友となる。はぐれ気味だが一応名育ちのパーマーをギャルに引き込んだ。
トウカイテイオー
2期アニメ主人公アニメでは特に絡みはないが、新衣装版のホーム台詞ではパーマーを交えて仲良く遊びに行っている話題がある。モチーフは1歳下でシンボリルドルフビゼンニシキ)がクラシック戦線のライバルであり、92年の天皇賞(秋)2世対決結果は置いておいて実現している。
ナイスネイチャ
アニメでは特に絡みはなかったが、アプリでは何故かヘリオスのイベントによく巻き込まれる。モチーフはテイオー同様1歳下で、マイラーのヘリオスとは戦場は異なるが、ネイチャから見ると1回有馬記念から2回有馬記念ヘリオスの引退レース)まで5戦連続で対戦したという妙な縁がある。
トーセンジョーダン
アプリイベントでよく絡む。ギャルウマ娘同士で気が合う模様。

史実

至上の難敵

アイツには近づくな
っ向から挑めば灼熱の炎に焼き尽くされるだろう

かといって慎重に距離を置けば
いつの間にかほら、手の届かないところへ

これほどにやっかいな敵などそういない

JRA「名馬の肖像」ダイタクヘリオスexit

87年生まれのに91~92年のマイル戦線において活躍した。
だが1番人気だとまるで勝たないパドック調子が悪そうな時の方がよく走るといった奇妙なジンクス、そして2頭のとの奇妙な関係性などから、どちらかというとネタ的な意味で大いにされた

ビゼンニシキヴァーイチバン。シンボリルドルフに泣かされたとして知られる。総合的には悪くもないが良くもない、率直に言ってな血統であり、産まれたヘリオス自身も「頑丈で手が掛からないが、それだけ」という評価だった。

3(2)~4(3)歳時は、クリスタルC(G3)を制するなどある程度の結果は残しているが、重賞で勝ち切れないことが多くさして立つではなかった。
そして5歳時、マイル路線がについてきたところで1つ運命の出会いを果たす。
同じくマイル路線に臨む良血のお嬢様ダイイチルビーである。

ヘリオスが6着に沈んだ京王杯SCルビーが制する形で邂逅した2頭。
安田記念ではヘリオスが10番人気からまさかの先頭に躍り出るもルビーが差し切る。
高松宮杯では三代制覇がかかった1番人気ルビーを抑えて勝利
スワンSでは新ケイエスミラクルルビー(2着)共々敗れる(9着)。
そしてマイルCSでは再び1番人気ルビー(と2番人気ケイエスミラクル)を下し、G1勝利を飾る。
他にもヘリオスは色々なレースを走ったが負けまくっており、そこから転じて「ルビーがいると気合が入る説」転じて「ヘリオスとルビー人説」までしきりに囁かれるようになったのだった。

が、ルビーは直後のスプリンターズSを制したのを最後に大不振に陥り、翌年の限りで引退してしまう。
スプリンターズSではケイエスミラクル予後不良となってしまったことから、「ヘリオス→ルビーミラクルの三角関係だったのでは」などと囃されながら、ヘリオスの最初の運命は終わった。

そして、ルビーがターフを去って間もない宝塚記念で、ヘリオスは2つ運命の出会いを果たす。
に回されたけど下手すぎて結局地に戻ってきた奇妙な経歴の持ちメジロパーマーである。
2人で仲良く逃げをかまし、ヘリオスは沈んだがパーマーは逃げ切って伝説の「元障G1勝利」を飾る。

そして2度邂逅となった天皇賞(秋)でも仲良く逃げをかまし、結果それに釣られてしまった1番人気トウカイテイオーを巻き込んで全滅。大波乱を巻き起こしたこの2頭は「馬鹿コンビ」と綽名されることとなった。

そんなエピソードの間には毎日王冠勝利、そしてマイルCS連覇を果たしたヘリオス。
引退レースとして再び(※なぜか前年も出て5着と意外に好走した)有馬記念に出走し、三度馬鹿コンビを結成2000mが精一杯のヘリオスは普通に沈んでいく一方で、パーマーは再び伝説となる「15番人気有馬逃げ切り勝利」を達成。相方を持たせるような形でターフを去った。

「1番人気だと勝たない」と前述したが、正確にはこのジンクスは「1番人気『が』勝たない」というものだった。以降の20戦で、「1番人気」が勝ったレースが1つもないのである。馬鹿コンビの件のように波乱を巻き起こす印も強いが、たとえ走してもなぜか波乱を呼び込んでいた。

引退後は日高種牡馬入りし、史上2頭の“最低人気でのGⅠ勝利ダイタクヤマトなどを輩出。その後青森県八戸市に移り、21歳となった2008年9月種牡馬引退。しかし自分の役が終わったことを悟ったのか、前年に先立ったダイイチルビーを追いかけたかったのか…その僅か3ヶ後の12月12日ルビーが待つ天国のターフへと駆けていった。苦しむこともなく、穏やかな最期だったという。

「おバカ暴走暴れ」と見られてしまう事が多いヘリオスだが、実はすぎて手抜きができず、前にがいると「頑って抜かなきゃ!」と懸命に走ってしまうだけ。普段は温厚で、大人しくて人の言うことをとてもよく聞き、スタッフからもされていたという。ダイタクヘリオスは本当に、気のいいされ名だったのだ。

詳細は当該記事へ→ダイタクヘリオス

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 144ななしのよっしん

    2021/10/12(火) 17:39:32 ID: Eiq2myZ1hr

    >>143
    ウイポは名前を変えてはいるけど、変更しちゃえばほぼ実名だもんなぁ。

    と、ヘリオスからだいぶずれたけど、こんなパリピ気取って実はとかだったらギャップ萌えでそこら中のデジタルが悲鳴を挙げそう。

  • 145ななしのよっしん

    2021/10/14(木) 02:59:59 ID: QUgwBJDo4F

    ヘリオスが実装されるとしたらマイルCSに合わせて11月半ば…だろうか。

  • 146ななしのよっしん

    2021/10/15(金) 17:01:47 ID: e0u3lI2A3Q

    オペラオーでも思ったけどこの子もたいがい全肯定よな

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/18(月) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/18(月) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP