ダイナモ作戦単語

ダイナモサクセン

4.8千文字の記事
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ダイナモ作戦とは、第二次世界大戦中の1940年5月27日から6月4日にかけて行われたイギリス軍の撤退作戦である。

概要

もしかしてダイナモ感覚

1939年9月3日ドイツ軍によるポーランド侵攻をきっかけに英連合軍が宣戦布告第二次世界大戦が勃発した。ドイツ軍は精強であり、開戦から一年も経たないうちに西ヨーロッパを席巻。1940年5月10日には連合軍の一フランスへの侵攻が始まった。ドイツ電撃的な侵攻を前にフランス軍は壊走、増援に来ていたイギリス軍も連戦連敗し、沿へと追い落とされようとしていた。もはやフランス敗北は決定的だった。5月14日イギリスBBC放送は民に「全長30~100フィートのエンジン付きボートを所有している場合は海軍省に申し出るように」と呼びかけた。

5月19日イギリス遠征軍に対する初の会議が開かれ、撤退手段を講じるようになった。新たに首相の座に就いた英国のウィストンチャーチルは、フランスに取り残された英軍兵士4万5000名を脱出させようとするイギリス海軍から脱出計画を提示され、それに協する事になった。指揮官にはバートラム・ラムゼー中将が据えられ、ドーバーの地下にある発電機室(ダイナモルーム)でチャーチル首相作戦を説明した。この事から撤退作戦は「ダイナモ作戦」と呼ばれるようになった。撤退用として36隻の船舶を徴用し、一部に自衛用装備を搭載。また大規模港湾が使用不能になった時に備え、クオーツと呼ばれる河川用貨物40隻をも徴用。ルイス1丁を装備させた。護衛にはドーバー揮下の対潜部隊や防巡洋艦カルタッタ、駆逐艦26隻、その他多数の掃海艇が投入された。

5月26日18時57分、ラムゼー提督によってダイナモ作戦が正式に発表された。当初は4万5000名の救助が限界とされていたが、徐々に規模が拡大されていき、フランス兵の救助も含まれた。

経過

脱出の地に選ばれたのはフランス北部の港町ダンケルクであった。ここは未だドイツ軍の支配下にかった。またダンケルクからの脱出は5月20日時点より行われており、既に2万7000名の抜け兵が逃げていた。ドイツ軍包囲網は分厚く、もはやダンケルク以外に選択肢かった事も選ばれた因だった。実際ドイツ軍包囲網を突破して南部に向かう作戦全に失敗し、ソンム付近のアミアンへ逃げようとしたイギリス軍もスツーカ爆撃機の連携で粉砕されてしまった。

ドーバー海峡を渡れるあらゆる船舶軍艦が「ダンケルクへ行け!」と命じられ、現地に急行。合計900隻にも及ぶ膨大な船舶が脱出作戦に投じられる事となった。5月26日、本から派遣されてきた数の輸送駆逐艦ダンケルクに接敗残兵の収容を開始した。翌27日午前0時15分、峡横断モナーズ・クイーンが最初の撤退兵1312名を載せてドーバー港に帰還した。

当然ドイツ軍がこの好機を見逃すはずがなく、空軍機が攻撃に向かった。地上からはルントシュテット将軍揮下の機甲師団が凄まじい勢いで進攻していたが、あまりにも性急過ぎる進撃速度に第7機甲師団の歩兵砲兵が遅れ気味だった。そしてフランス北部のアラスにて連合軍の反撃を受けるのだが、その中には新鋭のマチルダなどが含まれていた。連合軍はまだ強な戦を有していると判断したゲルト・フォン・ルントシュテット将軍ヒトラー総統5月24日午後に進軍停止命を出し、ダンケルクから18km手前で停止。このため地上部隊はダンケルクに到達せず、外縁部で歩兵部隊が補助的な攻撃を行った程度だった。図らずも3日間の猶予を得たイギリス軍は今のうちに強な防御地を造った。ダンケルクへの本格的な攻撃は空軍機のみで行われた。だが空軍機は連戦に次ぐ連戦で疲労しており、また南イングランドから飛来するイギリス軍機とも交戦しなければならなかったので、決して楽な落ち武者狩りではなかった。一方で機甲師団も既に疲労困憊であり、もしダンケルクに到達していればイギリス軍殲滅の代償に壊滅した説もある。

5月27日明けに西ドイツオランダ、付近の飛行場から出撃してきた第1及び第4爆撃航空団のスツーカが到達。逃げ惑う敗残兵爆撃し、阿鼻叫喚地獄を作り出した。後続の第54爆撃航空団もそれに加わり、英兵は散々に打ちのめされた。ラムゼー提督は参加中の防巡洋艦1隻、駆逐艦9隻、掃海艇8隻などに「救助作業中の漁や連絡支援せよ」と命じたが、その努はむなしく終わった。ドイツ空軍の猛攻により峡連絡コート・ダジュールと貨物汽アデンが撃沈。防の役割を担っていたイギリス空軍支援は散発的であり、一気呵成に襲い来るドイツ空軍を止めるにはならなかった。ラムゼー提督はこの事に愚痴をこぼした。この爆撃ダンケルク港の施設が破壊され、東の海岸敗残兵の集結地点となった。同日フランス軍がダンケルク郊外8kmの地点まで後退。これによりドーバーからダンケルクに直通するZ航路がドイツ軍砲兵部隊の射程距離に入ってしまい、掃が済んでいない北回りのX航路か、東へ大きく回するY航路しか取れなくなった。更にベルギーが降した事で、ドイツ軍の進軍路が増加。は慌ただしくなった。正午頃になるとドイツ空軍の猛爆に耐えかねた避難が続々と港湾から逃亡してしまい、夕刻までに救助できたのは7669名に留まった。

戦の女神が吹っ飛ばされる英兵に同情の念を抱いたのか、5月28日灰色に覆われて視界が悪化。ドイツ空軍はオステンドとニューポールトを襲したが、ダンケルクには爆弾が落ちず穏な一日となった。この日だけで1万7804名が救出された。翌29日は悪となり、と低いのせいでドイツ空軍スツーカの出撃回数を大幅に減らさなければならなかった。イギリス軍にとって、この二日間は安息の時だった。その隙を突いてイギリス海軍トロール、刺し網漁、はしけ、個人所有のモーターヨットランチまで徴用。予備役の海軍将兵や持ちが操した。ベルギーに伴い、ラムゼー提督は本艦隊の駆逐艦全てをダイナモ作戦に振り分けるよう要請。西方接近路管区とポーツマス管区の駆逐艦が護衛に加わった。荒に助けられ、撤退のペースは徐々に上がり始めた。だが14時以降になるとスツーカが飛来し、イギリスの大5隻が撃沈されている。この日は4万7310名が救出された。

5月30日はすっかり晴れ上がり、再びスツーカが大挙して襲来。新のJu88が、英兵を収容していた輸送クラン・マッカリスター(6900トン)を撃沈する戦果を挙げた。このはダイナモ作戦に参加した中では最大級のであった。17時過ぎ、スツーカの三個航空団が一斉に攻撃。英駆逐艦レナードトロール3隻が沈没し、輸送クレステッドイーグル、英駆逐艦ジャガー駆逐艦ミストラルが大破。兵員に死傷者が続出した。この大損により収容作業は一時麻痺し、更なる攻撃で鉄道連絡ロリーナノンマルニアが撃沈。加えて「ダンケルク港が使用不能になった」という誤報が発せられ、同地に向かっていた団が別の場所へ行ってしまうなど大混乱が生じた。ドイツ軍スツーカだけでなく魚雷艇Uボートも繰り返し出撃させ、新鋭の駆逐艦だったグラフトンはU-62に、ウェイフル魚雷艇S-30に、そして駆逐艦シロッコ魚雷艇スツーカの攻撃で葬り去られた。損に驚いたイギリス海軍は新駆逐艦6隻を戦場から引き上げさせた。

せめてもの慰めは翌5月31日に支配され、スツーカが飛んでこない事だった。その間にイギリス軍は大車両を沈めて仮設桟を作り、小舟艇への乗率を上げている。またフランスベルギー船舶応援に駆けつけるようになった。

6月1日回復するとスツーカが襲来。イギリス空軍が手薄の時間を突いて突撃し、海岸線にびっしりと並べられた小に投弾。午前7時20分、掃海艇スキップジャックが最初の犠牲者となった。沈に近かったため、生存者は少なかった。次に駆逐艦キースが狙われ、回避に成功したところまでは良かったが、別のの横っに衝突。が故障して動けなくなったところに爆撃を受けて大破。座乗していたウェーターウォーカー提督は別の艦に避難したが、キースは失われた。駆逐艦パシリクは艦尾に命中弾を受け、乗員8名が戦死。ドーバー海峡を渡って退却しようとしたが、途中で尽きて撃処分された。小砲艦モスキートも直撃弾を受けて炎上、放棄されたあとに沈没した。他にも英駆逐艦ヴァン駆逐艦フォードロヤンや輸送スコチアが葬られている。16時にはドーバーへ向かうフランスの小団がスツーカの編隊に捕捉され、デニス・パパムウセイヨンテベヌスが撃沈。他にも様々な船舶が損傷し、イギリス軍はボコボコにされた。

6月2日深夜ダンケルク海岸堡に残っていたイギリス遠征軍部隊から「撤退了」との報告が入った。だがラムゼー提督はまだ逃げ遅れている将兵がいると考え、作戦を続行。翌3日午前10時25分に参加中の全艦艇に最終撤退作戦が下命され、そのダンケルク港から一斉撤退を実施。使用した港湾には棄する大を沈めて閉塞した。ドイツ軍の進攻を防ぐため、殿になっていたフランス軍二個師団は見捨てられる形となり、大部分が投降。

6月4日14時23分、イギリス海軍作戦の終了を発表した。

その後

イギリスは、6月1日戦だけでスツーカ78機以上を撃墜したと発表。チャーチル首相も「救出作戦中の勝利だ」と祝辞を送った。しかし実際は29機であり(半数が対の戦果)、対するイギリス空軍は31機を失っていた。イギリス版の大本営発表である。

作戦終了後の6月4日イギリスメディアは「大失敗が大成功になった」とダイナモ作戦の結果を誇らしげに喧伝。相次ぐ敗北で消沈していたイギリス民を大いに盛り上げ、和を一掃して徹底抗戦へと世論を導いた。ところがチャーチル首相は「撤退しても戦争には勝てない」と釘を刺し、しっかりと現実を見据えていた。

全参加艦艇中、イギリス海軍駆逐艦6隻と輸送8隻を喪失。駆逐艦20隻と輸送9隻が行動不能に陥った。民間の小船舶を含むと撃沈数は200隻以上を数えた。空軍被害甚大で、177機と90名のパイロットを喪失(ドイツ空軍132機喪失)。フランス海軍駆逐艦4隻や掃海艇30隻など計60隻を喪失するなどまさに大損だった。今や間はスツーカ下である。進退窮まったイギリスは、間にこそこそと撤退する方針に変更。日没後はスツーカを出撃させられなかったため、ドイツ空軍は思い切って戦略を転換。ダンケルクを捨て置き、南部に残っているフランス地の攻撃へと向かった。

攻撃の手がくなった事で救出作戦は進み、最終的に33万8226名の兵が救助された。ただし身軽にするため重火器の類は放置され、戦車輌、火800門、2ポン500門、ブレン機関銃8000丁、対戦車ライフル350丁、小銃9万丁(30万丁とも)、自動車12万台が置いてかれた。この出費は致命的だったようで、イギリス本土には戦車と火がそれぞれ500しか残っていなかったという。そこでイギリスアメリカに泣きつき、武器の供与をして貰っている。またダイナモ作戦は包囲突破が的であり、イギリス本土に脱した後に再びフランスへ送られた兵士もいる。

作戦自体はイギリス単独で決定・実行され、しかもイギリス兵を優先して救助したため、にされる形となったフランスが不信感を抱く原因となった。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/16(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/16(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP