今注目のニュース
千葉県 大雨の恐れ あす午前中まで要注意
『ヱヴァ』アスカがねんどろいどになって登場!元気で明るい顔やおこり顔、お茶目なあっかんべー顔が付属
人はなぜ「あおり運転」を繰り返すのか? 中野信子が脳のメカニズムを読み解く

ダブルスタンダード単語

ダブルスタンダード

掲示板をみる(879)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ダブルスタンダードとは、矛盾の一形態である。ネット掲示板議論などでは「ダブスタ」と略して使用されることもある。

概要

同種事への対処にあたって相矛盾する二つの基準を使い分けることをす。日本語では二重基準など。錯誤が背景にあるもの、感情が背景にあるもの、利背景にあるものなどがある。

矛盾というが簡単に言えば「例外」であり、裸を見られるのは恥ずかしいが親なら別。お金を節約するが特定の条件になるとお金を惜しまない。普段なら絶対にしないがめんどくさい場合はするなど生活するうえでダブルスタンダードの事はいくらでもある。これが問題になるのは相手との議論や非難をする時である。

明らかに基準外のものを放置しながら基準に抵触するか怪しいものを狙い撃つような場合や、自身が批判と同じ行動を取った場合等、『お前が言うな』的状況が多く、性を欠く点が問題となる。

このような不がまかり通ってしまう背景には、全く同じ事と言うものは通常は発生しないため、わずかな差を理由に言い逃れをされたり、仮にダブルスタンダードであることが示されてもそれを判定したり処罰したりする仕組みが存在しなかったりするということが挙げられる。
ただし、子供自由権の制限や障者に対する支援等、判断を変える背景・差違が十分に合理的なものであれば(それが合理的であるかの議論の余地はあるが)ダブルスタンダードとはいわない。
また、使用者本人がそもそもを期していない場合については、ダブルスタンダードよりむしろ暴論・強権の類として批判されるべきものである。

とはいえ、ほとんどの人間が生きていく中で「それはそれ、これはこれ」などと言いながら、その理由をきちんと説明できなかった経験はあると思われる。そもそも別に信条が第一ではなく、その場その場で臨機応変にするのが大半で、己の信条を全ての事柄に当てはめ、あらゆる状況に適応させるのは困難を極める。

特に政治家マスコミ国家など政治的影の大きさに例してダブルスタンダードの弊は大きくなり、非常に厄介である。

集団によるダブルスタンダード

対立する基準A,Bを持つ2人が属する集団があるとする。この集団に対してAの基準を提示すればBの基準を持つものが反発し、Bの基準を提示すればAの基準を持つものが反発する。結果として、この集団にダブルスタンダードを有する個人がいなくても、集団自体はダブルスタンダードになってしまう。

的の大は同じだがその理由や細部が異なる者の集団と議論すると起こりやすい。集団と議論する際は集団は原則として完全に一致した意見を持っているわけではないことを頭に入れておきたい。

対処

相手がダブルスタンダードを用いている場合、矛盾を前提に含んでいるため、理論上は矛盾摘することで対処可である。しかし、議論に強制が伴わないと、権や人格攻撃など理論外の手段により潰されて対処不可能である場合が多い。以下に対処方法を考え得る範囲で記しておくが、対処できるとは限らないのが現実である。

錯誤に基づくもの

一番対処が容易である。問題の根底や相手の事情を理解していないので、それを説明して錯誤を自覚させればよい。ただし、相手を刺しないように気を遣わなければ、感情的な喧に移行するおそれがある。相手が「自分で錯誤に気づけない程度の能力」しか持ち合わせていないことを忘れてはいけない。同時に、自分になんらかの錯誤があって相手をダブルスタンダードと勘違いしている危険性の検討も怠ってはならない。

感情に基づくもの

どうしても私情が挟まってしまい、統一した理論に基づいて手を下せない場合というのは存在する。相手に矛盾があることを示しながら、説得すれば相手の感情が変わることがあるかもしれない。しかし、感情的な問題なので確実な方法は存在しない。

利害に基づくもの

相手が利に基づいて意図的にダブルスタンダードを用いている場合、説得はまず不可能である。

この場合、相手は実際は利関係や何かしら裏の意図で動いているものの、そのことを言すれば信用が失墜するためそれを防ぐ的で理論を意図して曲げているわけで理論だけで説得することは不可能である。また、利関係者からの圧などにより叩き潰される危険が非常に高いため、通常は説得をあきらめ利調整するしかない。

調整も不可能な場合、相手の利関係や矛盾を暴露することで世論の圧をかけたり、いは相手ごと叩き潰してしまうしかなくなるがこれはもう理論上ではない権闘争であるため、もしやろうというなら自分の権・体・状況を見極め慎重に決断しなければならない。また、自らが煽動者となってしまう危険性も自覚しておくべきである。

集団によるもの

原因は集団における基準統一の欠如である。集団内で基準を統一する仕組みが先に出来ればいいのだが、実際にそれが可である場合は希有である。

これに対し、ある的を持つ集団の構成員間の差異を利用して複数の微妙に異なる意見を一つに束ね、理論が自己矛盾しているとしてその的全体を批判するという詭弁が存在する。 自分が集団側の場合は引っかからないように注意したい。また表面上同じ的を持っている人間でも、意図する理由が違う場合があることも頭に入れておきたい。

労力不足によるもの

ダブルスタンダードを解消するのに時間や労が一人では足りない、というもの。インターネットでのやりとりの「じゃあなんで○○なときは同じことを言わないんだ?」と摘されたときがこれに当たる。

理論的には時間さえかければ解決できるはずだが、限に労を投入できるはずもなく、現実にはそういった解決は不可能であることが多い。現状をダブルスタンダードが解消されつつある過渡的な状態であるとみなすことで解決が図られることもある。

そもそも、上述の摘自体も「○○なときは同じことを言わない」のだから現在議論でも「言うべきではない」という論法になっており、摘が正しい場合も誤っている場合もある。この点についてはダブルスタンダードの問題から離れてしまうので当記事では扱わない。Wikipediaでは詭弁の項の「自然主義の誤謬」exitに内容的に近いことが書かれている。

実例

関連項目

掲示板

  • 877ななしのよっしん

    2019/08/23(金) 01:37:28 ID: MidQoDd/E3

    極まった右にも左にも多数生息してるんだが、
    「Aは問題視するくせに同様の問題であるBに触れようともしない!あの界ダブスタ!」って高に叫ぶくせに、
    自分は普段Bばかり問題視してAの問題からをそらしてるが多い多い

    自分もダブスタなうえ、ブーメランだぞと言ってやりたい

    それどころか、相手側にもABどちらの問題も考えている人がちゃんといることがほとんどだから、
    デマ吐きも合わさって三重の恥という

  • 878ななしのよっしん

    2019/08/28(水) 15:31:41 ID: SaA+h10t4s

    「逆り」や「フェミ」共々、近年では異論封殺ワードになってるよな

  • 879ななしのよっしん

    2019/09/03(火) 12:56:50 ID: KaPf6N/MBx

    あちこちで馬鹿の一つ覚えみたいにダブスタ多用してて気持ち悪い

急上昇ワード

最終更新:2019/09/15(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/15(日) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP