ダリオ・アルジェント単語

ダリオアルジェント

  • 5
  • 0
掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ダリオ・アルジェント (Dario Argento) は、イタリア映画監督映画プロデューサー脚本家である。

概要

1940年9月7日ローマに生を享ける。サルヴァトーレアルジェントは映画プロデューサーエルダ・ルクサルドはカメラマンで、幼い頃から映画に親しみ、当然のようにそのに進んだ。
妻(正確にはパートナー)は女優ダリアニコロディ。のフィオーレ・アルジェント、アーシア・アルジェント女優監督として活動している。

「決して一人では見ないでください」のキャッチコピーで知られる『サスペリア』や『インフェルノ』、『フェノミナ』等、7080年代の有名なオカルトホラー映画を手掛けた。
78年にはジョージ・A・ロメロ監督を務めた名作ゾンビ (Dawn of the dead)』やランベルト・バーヴァ監督の『デモンズ(1&2)』の製作にも携わってきた業績で知られるが、同時にイタリアにおけるサスペンス映画ジャーロ(Giallo)」と呼ばれるジャンルの作品を多く手がけている。

70年のデビュー作である『歓びの牙』をはじめとして『サスペリアPART2・い深淵』『シャドー』 『スタンダール・シンドローム』 、2009年にはタイトルそのままのサスペンスジャーロ』の監督を務めている。

オペラでもあり、『オペラ座/血の采』ではヴェルディの「マクベス」を題材としたが、2013年オペラ演出として同作を上演。ダリオ頂とも言うべき鮮血の美学を体現し、好評を博した。
2015年にはドニゼッティの「ランメルモールのルチア」を上演し、こちらも高く評価されている。

ジャーロ映画とは

いわゆる推理サスペンスの体裁をとってはいるが、どちらかと言えば映像美に重きを置いた作品の事。
凝ったカメラワーク音楽主人公被害者となる女性の(あんまり必要性がないが)美しい裸体、長く引き伸ばされた殺人シーン、鮮やかな血しぶき。犯人皮の手袋を嵌め、器となるナイフを握り締め、その表情は仮面カメラワークで巧みに隠されているのだ。

ダリオはこういったヴィジュアル寄りの演出を得意とし、その中でも特に『恐怖や惨劇の最中にありながらも女性を美しく撮る』才に長けた監督である。だがその反面で、緻密なトリックストーリーの整合性に重をあまり置かないフシがあるようだ。
熱心なファンの間でも良作とそうでない作品の評価に大きく差が出る監督である為、各作品の視聴は自己責任で。

TIPS

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/17(木) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/17(木) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP