今注目のニュース
やっぱ外見よりも中身ってやつ?内臓がまるわかりな人体解剖水着が販売されている件
呉服店のポスター「ハーフの子を産みたい方に。」に批判殺到 「ご意見を真摯に受け止める」とコメント
ヒカキン、マホト活動休止発表前の“意味深ツイート”に注目集まる

ダンウィッチの怪単語

ダンウィッチノカイ

掲示板をみる(24)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「ダンウィッチの怪英:The Dunwich Horror)」とは、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトが1928年に執筆したホラー小説(のはず)である。
「ダニッチの怪」とも。

あらすじ

舞台は1910年代の米国北部、狂乱の20年代を迎える前マサチューセッツ州。
覚しい発展を続ける工業と流入し続ける大量の移民の前に混乱を極めた時代。それに逆行するかのように、農村部では未だ貧困と迷信とが蔓延っていた。
そんな農村部の中でも一際、異を放っていたのが、無口カトリック信者が多く住まうダンウィッチ村であった。
1913年、事件の始まりを告げるように通し鳴き続け、というえ続ける、2月2日節のに生まれた『ウィルバーウェイトリー』も、の知られぬ身でありながら、カトリックの教えに従い堕胎される事く産み落とされた───

Wikipediaより)

登場人物

ウィルバーウェイトリー(Wilbur Whateley
物語の中心となる人物。ラヴニアは不明。
山羊を思わせる異様かつ不快な貌で、誕生後は異常速度で成長。生後7ヶで歩き、11ヶで言葉を喋り、10歳の頃には大人と変わらない体格に育つ。を始めとした獣に嫌われやすく、自衛のために拳銃を持ち歩いていた。
の蔵書や取り寄せた書物を読み漁り、信じがたい程の博識を誇る。ミスカトニック大学図書館に通い、様々な稀覯書に通するが、『ネクロノミコン』の閲覧をアーミテッジ博士に妨されたのが原因で、悲劇的な結末を迎える。しかしその正体は……
ウェイトリー(Old Whateley
ウィルバーの祖ラヴニアダンウィッチ村でも古い柄だが半ば狂っており、人付き合いは悪かった。黒魔術を使うと噂され、奇怪かつ冒涜的な書物を収集する一方、自宅の「増築」を続けていた。老衰で死去するが、死に際に奇怪な遺言を残す。
ラヴニアウェイトリー(Lavinia Whateley
ウィルバー、老ウェイトリーの一人。知恵遅れ気味の醜い女。白子(先皮症)で肌も幽霊のようにく、眼は病的なピンク色。また左右の手の長さが違う不具だった。
35歳にしてウィルバーを産んだが、その父親についてはる事がなかった。が子の成長につれて傷が絶えない身体となり、ある行方不明となる。
ヘンリー・アーミテッジ(Henry Armitage
ミスカトニック大学図書館長で、文学哲学博士。数々の大学学位を持つ博学の徒。
大学所蔵の『ネクロノミコン』の閲覧に来たウィルバーに不吉なものを感じ、手を回して閲覧を却下・妨図書館で起きた事件の後、ウィルバー日記を解読してその的を知り、惨劇を防ぐ為に仲間と共にダンウィッチ村に向かった。
ウォーラン・ライス(Warren Rice
フランシスモーガンFrancis Morgan)
アーミテッジ教授の同僚。図書館で起きた事件の後、ダンウィッチ村に同行して怪異に立ち向かう。
????
怪異を引き起こした元で、ウィルバー双子兄弟。ただしウィルバーよりもかに父親」に似ている
作中のとある台詞新約聖書に出てくる言葉パロディではないか?と言われることもある。

発音について

イギリス英語)ではダニッチ。イギリス実在する土地の名称もダニッチ。アメリカ)ではダンウイッチ。
ただしラヴクラフトの住んでいたマサチューセッツ州は当時ではなく英語が使われており、ラヴクラフト自身も「ダニッチ」と呼んでいた可性がある。つまり、どちらでも正しい。

参考までに、ラヴクラティアンとしても知られる小説家菊地秀行アメリカにおいてクトゥルフ神話のコンベンションに参加した時、ダニッチ」と発音していた所を摘され、ダンウィッチと丁寧に発音を修正された、と小説邪神の後書きにて記している。

ニコニコ動画におけるダンウィッチの怪

として「もっと崇拝されるべきタグや「クトゥルフタグのつく動画において、モチーフとして恐怖の根蕃神たる『ヨグ=ソトース』が取り扱われる。
大抵の場合、動画視聴者SANチェックめられるか、SAN値直葬される。

その他

クトゥルフ神話TRPGのサプリメント「ダニッチの怪」は、本作を踏まえてダンウィッチ村をセッション舞台として再現している。
ダンウィッチ村の住人、住居、怪物などがデータ化されており、特に村と周辺地域の地図はかなり細かい。複数のシナリオも収録されており、他にもダンウィッチ村でのオリジナルシナリオを作成する一助となるだろう。論資料としても内容が充実しており、読物としても楽しい。

本作を映像化した作品としては、1970年、「B級映画帝王」ことロジャー・コーマン製作揮により、映画『The Dunwich Horror(邦題『ダンウィッチの怪』)』がある。
だが「(製作費が)安い(撮影が)い(製作費の回収率が)美味い」の三拍子ったコーマン御大の作品らしく、ものの見事にだいぶアレな仕上がりとなっている。あげく日本語字幕ではヨグ=ソトースの名前を間違えている体たらく。
また「透明な怪物」が次々と村人を襲うくだりは学処理でしく画面を明滅させてポケモンショックごまかされている。しかも、どう見ても村人が悲鳴を上げてばったばったと倒れるだけだったりする。凄惨な恐怖描写を期待したラヴクラティアンは十中八九怒るだろう。
だが映画としては一応の体裁が整っており、特にオープニングアニメーションはなかなかの出来。またオチもしっかり後味の悪い感じで、言うほど駄作ではない……はず。
またウィルバーイケメンで、女性書をいい雰囲気に持ち込んでネクロノミコンを手に入れるべく画策したり、生贄の祭壇げられた女性書がえっちローブを着せられて身えて喘いだりと、この辺り御大は大衆の好みをよくご存じである。

また2007年に劇場開された『H・P・ラヴクラフトダニッチ・ホラーも挙げられる。
の中の絵」「フェスティヴァル(原作『魔宴』)」と並び、「画ニメ」と称したストップモーションアニメで恐怖の世界を描いている。

水木しげる1962年に発表した長編漫画『地底の足音』は『ダンウィッチの怪』を翻案した作品で、舞台日本に置き換えている他はかなり原典に忠実な内容である。この為クトゥルフ神話関連の書籍として扱われる事もある。
鳥取砂丘から少しを間違えた先にある辺の村・八つ村に迷い込んだ鳥取大学大学生青山が、「妖術使い」と噂される足立文造と、その孫・助の存在を知り、民俗学教授白井博士足立の奇怪な実態をる。博士はそこに恐るべき妖怪ヨーグルト」の存在を見出し、これを退治する為に立ち向かう。

忌まわしい惨劇の舞台となった事もあり、後続のホラー作品にもたびたび登場する。
多くはオマージュであったり名前だけだったりとさまざま。

関連動画


(忙しい人のための)関連動画

関連商品


関連コミュニティ

ダンウィッチの怪に関するニコニコミュニティは秘密です。

関連項目

掲示板

  • 22ななしのよっしん

    2018/01/15(月) 13:42:28 ID: OH1W/viCQf

    続編として書かれたマンガアリシア・Yはなかなか面かったよ

  • 23ななしのよっしん

    2019/03/22(金) 12:01:41 ID: j1AWxr8S7P

    ウィルバー兄弟ってべつに怪異の元ではないよね?
    ヨグ=ソトース呼び出そうとしてたのはウィルバーだし、兄弟の方は確かに異形の度合いは高かったけど、こっちはわけも分からず暴れてただけだったような

  • 24ななしのよっしん

    2019/05/21(火) 13:16:18 ID: xBpO6tO7uq

    ラヴニアはただの醜い女なだけで心は普通人間
    世界を破滅させたい父親息子に振り回されただけのただの被者だからなあ

急上昇ワード

最終更新:2019/06/21(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/21(金) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP