今注目のニュース
「うまあああああああい」 スタバ「芋けんぴ」プラぺ、無料カスタムで大学いも感が...!
再雇用された60代の部下を年下上司はどうマネジメントする? ポイントは部下の「承認欲求」にある
これ何ニャ? ネコちゃんまで夢中になる針金細工のメリーゴーラウンドが楽しげ

ダンカン・フリーハンド単語

フリーハンド

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ヨーヨーにおけるフリーハンド(Freehand)は、以下の意味である。

  1. Duncan Toysが発売するヨーヨーの機種名。
  2. 1. のヨーヨーが想定する、ストリングの端をにつけず、サイコロなどのおもりを付けるプレイスタイルのこと。
    ヨーヨーの名前と区別するため、「カウンターウェイト」と名された。 →5A(ヨーヨー)
  3. トリック説明で、ヨーヨーを持っていない方の手」のこと。
    左利きの人に配慮し、「右手」「左手」ではなくこの表現を使う。
    対義スローハンド(throwhand)。

本記事では1.について解説する。

ヨーヨーヨーヨーの機種一覧Duncan Toys > ダンカン・フリーハンド

概要

2001年発売。

開発者はスティーヴ・ブラウン
2000年代ダンカントップブランドとして復活させた中の祖。
現在でも、ダンカンプラスティックボールベアリング機種のスタンダードをなす。

前史

1932年にヨーヨーの製造販売を開始してから、古典的な固定軸機種を作り続けてきたダンカン
昔ながらの安価ヨーヨーは幅広い年齢層から人気を博し、アメリカの年配層なら「ヨーヨーといえばダンカン」ともが答えるほどの確固たる地位を築き上げ、アメリカおもちゃ屋からダンカンヨーヨーが消えたことはなかった。

しかし、その間にも、ヨーヨー進化を続けていた。
90年代にはヨメガトム・クーンスピンタスティクスなどがベアリング搭載ヨーヨーを続々と送り出し、固定軸ヨーヨーはもはや時代遅れになってしまった。
ハイパーヨーヨーとしても輸入されたが、手に取ったプレイヤーもが思っただろう。「使えない」と。

1999年になり、ダンカンはようやくトランスアクセルヨーヨーシリーズハードコア」を立ち上げた。
しかし、「ダンカントランスアクション」「ダンカンアヴェンジャー」は、どうみてもヨメガの後追い。「ダンカン・バリスティック」は、「キャップを外して金属の玉を入れると重さを調整できるよ」という、色物感あふれる代物だった。
シリーズの中には後に見直されたものがあったが、当初は見向きもされなかった。

ヨメガの「ステルスレイダー」ですら時代遅れになりかけていた時代である。
当時流のストリングトリック機・「スーパーヨー・レネゲイド」や「スピンタスティクス・タイガーシャーク」に対抗できるヨーヨーの開発が急務だった。
ダンカン1999年チーム・ロッシヨーヨー部門担当だったスティーヴ・ブラウンを招聘。彼を中心に、新たなヨーヨー開発と広報に臨んだ。

開発のヒントになったのは、ユーザーの間で当時流行していた、「ダンカン・ホイールズ」の改造である。
ホイールズは、(当時としては)とても重く、ストリングトリックがやりやすかったことから、固定軸の中でも人気が高く、ボールベアリング仕様改造するプレイヤーも多くいたのである。

そこで、ホイールズから形状と重量を引き継ぎ、「トランスアクション」のキャップを搭載。
こうしてできたのが「フリーハンド」である。

モデル

フリーハンドは、16年の歴史の中で何度かモデルチェンジを行っている。
以下に、そのラインナップを示す。

2001年版

通称:フリーハンド1

最初のフリーハンド

ボディ形状はラウンドバタフライキャップは「トランスアクション」のものを流用した、いわゆる「フリーハンドキャップ」。レスポンスシステムはフリクションステッカーを採用。ボールベアリングサイズA(1050)。
カウンターウェイトダイス1個付属。

トラピーズ有効幅が広くストリングに乗せやすい。また、丸っこい形状は持ちやすく、カウンターウェイトでキャッチしても痛くない。重量は重すぎず軽すぎない。フリクションステッカーの削れ具合とアジスタブルギャップ機構によって戻りの強さも調整でき、初心者から上級者まで幅広く対応できる。

ダンカンのみならず、2000年代におけるプラスチック機種のスタンダードとなった名機である。

2002年版

通称:フリーハンド2 フリーハンド3(マイナーチェンジ以降のモデル)

フリーハンド1」のが破損したことにより、「ダンカン・ドラゴンフライ」のベースリニューアルされたフリーハンド
そのため、ボディ形状は外側が丸まったバタフライとなり、トラピーズ有効幅が狭まってしまった。
キャップ製の坦なものになった。そのため、吸盤などで取り外して、自作のものを取り付けることができる。
カウンターウェイトダイス1個付属。

カウンターウェイト用にしては軸回りの強度が弱く、落とすと割れてしまうことがあったため、2004年頃に強度面が見直されたマイナーチェンジ版が発売された。日本ではこのバージョンを「フリーハンド3」と呼ぶことがある。
2010年には、レスポンスシステムのフリクションステッカーを引っ込ませた「レセス仕様」が発売された。

急造のヨーヨーであり、性フリーハンド1やハイパーZEROに及ばないとされたが、カラーバリエーションが当初から豊富だったことと慣性モーメントに優れていたこと、加えてキャップ自作が簡単だったため、こちらにもそれなりの需要があり、2016年リニューアルまでラインナップに残っていた。

ハイパーヨーヨー版

通称:ハイパーフリーハンド フリーハンド0(ZERO発売まで)

第2期ハイパーヨーヨーとして、バンダイから発売されたフリーハンド

基本的には「フリーハンド1」と同じ。すなわち、フリーハンド1の復刻版である。
フリーハンド1」は当時すでに価格が高騰していたため、海外プレイヤーからも注文が殺到する事態となった。
世界大会でも、「フリーハンド3」よりもハイパーヨーヨー版の方を選択するダンカンユーザーが多く、おそらくは史上最も多くのから購入されたハイパーヨーヨーである。

フリーハンドZERO」と共に、長く用された。

カウンターウェイトダイスが1個付属するが、ダンカン版が今まで一貫してだったのと異なり、クリアである。
この色は、ハイパーフリーハンド付属のもの以外には「オリガミ」に付属のものしかない特別仕様である。
のちに発売されたクリアレッドクリアブルーには、ボディと同じ色のダイスが付属するが、この色のものはここでしか手に入らない。

フリーハンドZERO

ハイパーフリーハンド」の本家ダンカン版。
基本的にハイパー版と同じだが、キャップ超音波接着されておらず、軸のボルト頭を利用して内側から押すことによりはずせるようになっている。

このバージョンから、ギャップ調整機構が段階から有段階に変更。
付属のカウンターウェイトは、ダイスキャラクターゴムボールの3種が付属する。

フリーハンドZERO パルステクノロジー

フリーハンドZEROの内部に、「パルス」に使われているLED回路を組み込んだバージョン
色はブルー。遠心スイッチ式。
LED内蔵ダイス1個付属。発色はブルーくことでON/OFFが切り替わる衝撃スイッチ式。電池交換不可なので、電池が切れたらダイスだけ買い直す必要がある。

2016年版

長らくプラスチック機のスタンダードとしてされてきたフリーハンドだが、ヨーヨーの進歩に伴い、徐々に時代遅れになりつつあった。その為、現在のトレンドに併せてリニューアルが行われた。

ボディ形状はラウンドからステップストレートに変更。ボディのフチにストリングが当たりにくくなった。
ベアリングサイズAからサイズC(ジャム大径)に変更。滑りが良くなった(理由はヨーヨージャムの項参照)。
レスポンスシステムは、フリクションステッカーからシリコンパッドに変更。ゴムが削れて戻り具合が変わってしまうという弱点がなくなった。

フリーハンドスタンダード」と「フリーハンドプロ」があり、前者は薄いベアリングを搭載した引き戻し仕様後者は厚いコンケイブ(中央部がへこんだ)ベアリングを搭載したバインド仕様となっている。スタンダードパーツの交換だけでプロ仕様にすることができる。

カウンターウェイトダイス1個付属。色はヨーヨー本体と同じ色である。

フリーハンドNEXGEN

2018年発売予定の新フリーハンド

形状は2016年版に近いが、若干幅が狭くなっている。
スペーサー・軸の機構が、従来のボルトナットから良された物になっている。
キャップは従来のレンズではなく、中央が若干へこんだ物を搭載。

派生機種

フリーハンド2ベース

フライングパンダ

ダンカン・フライングパンダ

フリーハンド2のボディに、オフストリング用ラバーリムを装着した機種。

スローモンキー

ダンカン・スローモンキー

フリーハンド2のボディに、ボディにり付く形のラバーリムを搭載した機種。
カウンターウェイト機種だが、オフストリングも一応できるし、オンストリングでもAAAでも優秀。

カウンターウェイトゴムボールが付属。

フリーハンドZEROベース

ハヤブサ/ハヤブサSL

ダンカン・ハヤブサ

フリーハンドZEROのボディにラバーリムをつけた、オフストリング用機種。
ヨーヨーショップスピンギアダンカンクルージャパンの共同開発。

ハヤブサSLは、軽量・廉価版。

フリーハンドMg

ボディがマグネシウムでできたフリーハンド日本製。
鳥取県旋盤工・夫によるデザイン

マグネシウム実用金属中最も軽いため、金属製でありながらプラスティック版より2g重いだけという驚きの軽量ヨーヨーとなっている。
アルミニウムよりも凹み耐性が強く、カウンターウェイトで落としまくってもへこまない。
本機の発売時はあまり知られていなかった、フルメタヨーヨーの回転精度も健在である。
そのかわり、アルミニウムヨーヨーよりも高価となっている。

初期はと特注版カウンターウェイトの詰め合わせで4万円で発売され、驚きをもって迎えられたが即日売する盛況ぶりであった。単体で発売されたときには2万円(のちに3万円に値上げ)と、高価格帯アルミニウム機種程度の価格に収まっている。
後期に販売された機種は、フリクションステッカー部にレセス(へこみ)加工がされ、ストリングトリックがやりやすくなっている。

なお、マグネシウムではなく、マグネシウム(99.5%)である。火気厳禁塗装されていないものは気も厳禁である。

フリーハンドAl

アルミニウムフリーハンド日本製。

フリーハンドMgアルミニウムに置き換えただけでは重すぎるため、大幅な軽量化が図られている。
また、ベアリングも当時のトレンドであるサイズCに、レスポンスSGパッドになった。

同価格帯には、バラクーダなどの大会実績のあるヨーヨーがあったため、あえてこれを選ぶ意味は薄い。
しかし、これはフリーハンドである。アルミニウムフリーハンドを作るという要に見事に答えている。
それだけで購入の価値があるほど、「フリーハンド」のブランドは確かなものなのだ。

メタルゼロ

メタルフリーハンドゼロ」を作るという課題に初めて挑戦した機種。
それだけでなく、当時1万円をえるのが当たり前だったフルメタル機種で、6000円という低価格を実現した。

当初は精度が低く、見向きもされなかったが、良が加えられてからは低価格フルメタルとして一定の支持を受けた。

現在は販売終了し、「ダンカンメタルドリフター」が役割を引き継いでいる。

カウンターウェイトが付属するが、全てメタリック塗装になっている。

関連パーツ

カウンターウェイト

フリーハンドシリーズに付属するカウンターウェイト
ダイス以外にも3種類が存在する。

フリーハンドキャップ

特有の形状のキャップは「ダンカントランスアクション」から引き継いだもの。
他のヨーヨーでも使われるが、知名度から「フリーハンドキャップ」と呼ばれる。

このキャップははずすことができ、これ単体で販売している。
様々なデザインが存在し、ショップ限定や大会限定のもの、何かのおまけでついているものなどがある。

なお、ハイパーヨーヨーの「フリーハンド」と「ソニックブレス」のものは接着されており、取り外す事ができない。「フリーハンドAL」や「ダンカン・ラプター」など、メタル機種についているものは取り外しが極めて困難なことがある。

関連機種

プラスチックストリング機の本家であるため、ほとんどのメーカーに用意されている。

関連動画

関連商品

関連項目

関連Twitter

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/22(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/22(日) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP