今注目のニュース
新聞投稿「1円玉の悲しみ」が話題 75枚払い、店員に「営業妨害」といわれ立腹
“ケンタッキーフライドチキン結婚式”プレゼント
話題沸騰の『ドラゴンクエスト』の位置情報ゲーム。その内容とは?【レビュー:ドラゴンクエストウォーク】

ダンスパートナー単語

ダンスパートナー

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ダンスパートナーとは、日本の元競走馬、繁殖である。おもな勝ち95優駿牝馬96エリザベス女王杯

サンデーサイレンス産駒初のGⅠ。現役時代は武豊四位洋文河内洋など戦が何度か交代した。

概要

詳しくはWikipediaへ。基本的に旧年齢で表記する。

は後に日本伝説を残す大種サンデーサイレンスは未出走のまま日本に来たダンシングキイ。兄弟には菊花賞ダンスインザダーク桜花賞ダンスインザムード、重賞3勝のナリタブライアンカモエアダブリンなどがいる一流血統。ダンスパートナーはサンデーサイレンスの初年次産駒である。

エアダブリンの活躍もあり注されていたのだが、白井最強寿昭調教師の元に入厩したのは3歳の暮れ。この、体のあちこちが悪く牧場での調教が思うように進まなかったうえに、非常に気が悪くゲートに大きな弱点を抱えていたのである。デビューは4歳1月末。クラシック戦線に間に合うには取りこぼしは許されないぎりぎりのデビューだったが、6身以上の大きな出遅れから末脚一気にぶち抜き2身あまりの差をつけて勝つというえげつないパフォーマンスで新勝ち。しかも小倉の芝1200mである。デビュー戦から大器の片鱗は見せていたのである。

しかし出遅れ癖は治らず、続くエルフィンステークスは2着。チューリップ賞も2着。本番の桜花賞もやっぱり出遅れ、ワンダーパヒュームにクビ差届かず2着。クラシック戦線には乗ったが、出遅れ癖のせいで勝ちに届かない。それでも2着に突っ込む実はあっただけに何ともゆいものがあった。

ここまでクラシック戦線に乗るためにほぼ休まず使われていたが、優先出走権を得たオークスまでは約1ヶ半と初めて間隔が開く。ここで白井調教師はダンスパートナーを30分近くゲート内に縛り付ける、鬣を引っってでも押し込むなどの厳しいゲート練習を課すという荒療治に出る。その効果か、しばらく後には「90%解消した」というほどゲート難は治したのである。やっぱり白井最強
そして本番のオークス。ダンスパートナーは五分にゲートを出ると、直線ではこれまで通りの強な末脚が炸裂。沈んでいくライデンリーダーに栄ゴールを駆け抜けた。1勝によるオークス制覇は56年ぶり。サンデーサイレンス産駒初のGⅠ制覇であった。ちなみにこのクラシックは2つともSS産駒の手に落ち、あわや初年度産駒がクラシック独占となるところだった。そう思うと桜花賞は惜しい敗戦だったかもしれない。

GⅠの称号を手にしたダンス営はなんとフランス遠征を敢行。2戦して勝利は挙げられなかったがGⅢネット賞では当年の1000ギニーハナ差2着と好走する。帰後はエリザベス女王杯には向かわず、なんと菊花賞に挑戦。ダービータヤスツヨシを差し置いて1番人気となるが、マヤノトップガン相手に勝負するも敵わず5着。しかし海外帰りで、後のGⅠ4勝相手にコンマ6差なら善戦と言ってよかろう。タヤスツヨシには勝ったし。
この後阪神特別に出走するが2着。結局勝ちは新オークスだけだったが、最優秀4歳を受賞する。

明けて5歳AJCC京都記念と連続2着し相手にも遜色ないところを見せる。大阪杯は4着だったが、四位洋文を据えて臨んだGⅢ京阪杯で久々勝利安田記念は7着、宝塚記念はいいところを見せるが3着。ここでデビュー以来初めての長期休暇をもらう。1年半使い詰めて壊さなかったのも白井最強と言えば最強かもしれない。

休み明けの京都大賞典57㎏を背負いながら僅差4着。次走はこの年から古に開放され統一女王決定戦となったエリザベス女王杯。女傑ヒシアマゾンマークすると、直線で最内を抜け出す。最後はフェアダンス以下との接戦を制し優勝。GⅠ2勝を挙げる。ちなみにこの前の週にダンスインザダークの勝てなかった菊花賞を制しており、2週連続の姉弟GⅠ制覇となった。
この後はジャパンカップ有馬記念に出走するが惨敗。この年も最優秀5歳を獲得する。

翌年は香港クイーンエリザベス世杯に挑戦するも惨敗。しかし河内洋に乗り替わった帰後の鳴尾記念、宝塚記念で連続3着とまたも好走を見せる。京都大賞典シルクジャスティスの2着、エリザベス女王杯ではエリモシックに寸前でかわされ2着と僅差で連敗。有馬記念を大敗したのを最後に引退した。結局ラストイヤーは勝てなかったが、相手にも接戦を演じており決して衰えていたわけではない。

通算25戦4勝。2着9回。何気にシルコレっぽい成績だが、出遅れやら展開やらで敗れたレースも多かったのでポテンシャル自体はこの程度ではなかったのかもしれない。オークス時には420㎏しかなかったような小柄な体で相手に互にやり合ったのだから大したものである。

繁殖としてはほどは活躍できていないが、GⅡを勝ったフェデラリストを産むなど決して失敗ではない。22歳を迎えた2014年にも14歳も年下のワークフォースとの間にを産むなどまだまだ現役である。

関連動画

関連商品

ダンスパートナーに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/18(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/18(水) 12:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP