今注目のニュース
プロ野球選手引退後の職業は…意外にも「会社員希望」が最多
「5人が並んで花火を見ている写真が撮れた」 しかし、人ではなくまさかの…
誰も死なせない!『オーバーウォッチ』マーシーがfigma化

ダンピール単語

ダンピール

掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ダンピールといえば、通常は下記1か2のどちらかをす。

  1. ダンピール・ダムピール (Dhampir) - 東欧ロシア系の吸血鬼伝承に登場する、吸血鬼人間の混血。本項で解説する。
  2. ダンピア (Dampier)を含む地名(オーストラリア近辺に多い)の別表記。特にダンピア峡の古い呼び名であるダンピール峡が有名(第二次世界大戦中に、この峡及び北のビスマルク印象的な海戦exitが起きたため)。イギリス海賊兼航者兼探検であるウィリアムダンピアに由来する。ちなみにダンピア氏はアマチュア博物学者としても重要な記録を多く残しており、とんでもない所に影を与えていたりする。Wikipediaの本人項「影響」exitの欄を見てみよう。
  3. ペンギンワークス2001年に発売したアダルトゲームタイトルは1に由来

概要

ダンピールとは放浪民族ジプシーに伝わる、吸血鬼人間ハーフであり、また吸血鬼一退治出来ると思われていた吸血鬼ハンターである。
だが流浪民族ジプシーの伝承の為、名称や外見は各地域・伝承により様々である。

ダンピールの他の名称

ダンピールの外見・特徴

外見・特徴は地域によって様々である。

  • ゼリー状の体で生まれて、産後すぐに死んでしまう。
  • 全身がない。
  • がない。
  • 全身から悪臭が漂う。
  • 、もしくは暗い色のぼさぼさの
  • 日中でも地面に影が映らない

以上の特徴とは別に、ギリシア正教やイスラム教職者のからは生まれない、やはりただの人間でしかないという説もあり、諸説入り乱れている。
他の特徴としてはダンピールとして生まれたものは、死後吸血鬼になると考えれており、彼らの死後は吸血鬼予防策を念入りに行ってから埋葬していたようだ。

ダンピールによる吸血鬼の退治方法

セルビアジプシーの伝承によると、吸血鬼の姿は普通人間には見ることができず、ダンピールだけがその姿を見ることができ、退治出来ると考えられていた。
この為、ダンピールが戦う姿は、現代ならば変な儀式パントマイムにしか見えないものだという。
その退治方法は、ニンニクや十字架などよく知られたものから、(地域によってはタンバリン)で吸血鬼を呼び寄せる。そして一人で走ったり、を脱いだり、シャツを丸めて望遠鏡のように使うなどの行動を行う。そうしているうちに吸血鬼は退治できたと宣言する。

このようにしてダンピールは村人から多額の報酬をもらい、かなり裕福な暮らしをしていた。中世セルビアバルカン半島の人々にとっては吸血鬼とは脅威そのものであったため、多額の報酬を支払っていたようだ。
もちろん現在視点から見れば胡散臭い霊感商法そのものである。実際、かなり胡散臭い人物が闊歩してようだ。しかし当時の人々にとっては、「ダンピールが怪しいのは吸血鬼息子だから当然だろう」と解釈していたようで、疑う者は非常に少なかったようだ。

近代のダンピール

このダンピールの儀式近代まで残っていたことが確認されている。1959年現在コソボ共和国で行われた儀式が最後に確認されたダンピールの儀式であり、これ以降活動記録はない。

他に2007年ヴァンパイアハンターを名乗るカメラマンが、旧ユーゴスラビア大統領、故スロボダンミロシェビヴィッチ大統領の墓を暴き、心臓を打つ事件を起こした。
ミロシェビヴィッチ大統領は生前、コソボで大虐殺を引き起こし、戦犯法廷で起訴された人物である。裁判が長引き、2006年に独房で心臓発作で亡くなった。
カメラマンは「悪人であるので、滅ぼさないと吸血鬼になる」との犯行明を発表した。ちなみに犯行後警察自首したが、とくに法的措置はとられなかった。

このようにダンピール(ヴァンパイアハンター)の伝承は東欧ではまだ根付いているのかもしれない。

関連動画

関連商品

(2に関連)

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP