ダーウィン賞単語

ダーウィンショウ

5.3千文字の記事
掲示板をみる(1,728)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(66)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ダーウィン賞(Darwin Awards)とは、最高位の栄誉である。

概要

この世に限なものは2つあります。宇宙の広さと、人間の愚かさです。
前者については断言できませんが。

アルバート・アインシュタイン

ダーウィン賞の概要を説明する前に、まずは当記事をご覧の皆様に1つ質問したい。

Q.人類が賢く進化するには、どうすればいいと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

A.バカがこの世からいなくなれば良い。勝手にいなくなってくれれば、なお良い。

 

ダーウィン賞とは、自業自得としか言いようがいマヌケな行為を実行する事で自らの遺伝子を絶ち、マヌケの遺伝子を後世に残さない事で人類の進化に貢献した者に贈られる、というブラックユーモア全開の催しである。

1985年に「信じられないほどアホな死に方をしたの話」を取りまとめた電子メールメールリストとして出回ったことに端を発する。この時点で「ダーウィン賞」と命名されていたようだ。
1993年ごろ、当時スタンフォード大学で分子生物学を専攻していたウェンディノースカットという人物がこの賞に注し、研究の合間に学内のサーバーに多くのストーリー開。アクセス数は伸び続け、2000年には書籍化されるに至る。これがベストセラーとなり、続編が多数出版され、なんと映画化までされてしまった。何冊かは日本語版にも翻訳されている。
現在ノースカットが管理するサイトにて歴代の受賞者を確認することができる。各のダーウィン賞によって「作品」が投稿され、モデレーターによる審ユーザー投票による評価を経て、ノースカットによって毎年の受賞者が発表される。その性質上、当然授賞式や賞品がある訳ではなく、全な皮ジョークである。
人の死というデリケートな事柄を扱っているという点で、「不謹慎だ」や「削除しろ」といった意見も当然ながら存在する。彼女のもとには遺族や友人からのメールが届いたこともあるらしいし、本人く、数千通単位批判メールが届いたこともあるとのこと。それでもエピソードサイトから削除しないのは「あまりにも馬鹿げているからだ」とし、「これを読んだ子供たちは、爆発物の周りではもっと気をつけるようになると思います」とも述べている。このように、人の振り見てが振り直せという考えがサイト運営の根底にあるのだろう。

サイトで紹介されている実際の例を挙げてみると……

……彼らがこの後どのような結末を迎えたかは、ここで述べるまでもないだろう。

受賞資格

砕けて言えば「常人が頭を抱えるようなバカバカしい方法・経緯であの世へ行った(もしくは生殖を失った)」というもの。
具体的には以下の条件を満たした人物がダーウィン賞を受賞できるのだが、これを読んで「自分もチャレンジしてみようかな」などと考える人が出ない事を切に願う。

  1. 遺伝子プールから抹消されること
    まずダーウィン賞の的は「劣化した遺伝子を自ら遺伝子プールから排除した」事を讃える賞であるため、受賞者は死亡するか、繁殖が永遠にできない状態になるかのいずれかのケースになる必要がある。
    後述するようなバカげた行為に走りながらもしぶとく生き残った場合は、その遺伝子は良くも悪くも後世に残す価値がある(と思われる)からだ。ぶっちゃけ訴えられないためやブラックジョークであり優性思想だとかそういった思想とは関係ない。
  2. 常人には考えもつかない、驚くべき愚行を実行したこと
    ダーウィン賞関連の本の著者(関連商品参照)ウェンディノースカットく、「自分の子孫が、このバカの遺伝子を受け継いだと関わりを持つような事にならなくて本当によかった」と心の底から思えるようになるような、極めつけのバカをやらかす事」とされる。
  3. 自分の意志で、自分の命を(生殖を)絶つこと
    自分の意志で、と言ってもただの自殺志願者の場合は対外。「受賞者はその行為により、自分が死ぬ(かもしれない)などという事をこれっぽっちも考えていない」事が前提となる。
    更に、受賞者自身の手で引き起こされた事件である必要がある。例えば自分の放火するだけではダーウィン賞は受賞できないが、自動車泥棒が盗んだを処分しようと内から放火したものの、ドアハンドルが壊れていて脱出できなかった、というケースなら受賞の対となる。
  4. まともな判断を下せるだけの思考を(一応)備えていること
    「このコーヒーは熱い」という情報普通の人ならカップの熱や湯気などから推測できるところが、ダーウィン賞受賞者はその事実が解らない。
    ただし思考が正常ではないと思しき人(高齢者、子供精神病患者など)は対外。
    なお、犯罪者の場合は時効を過ぎていないといけない。
  5. 真実であること
    メディア等で報道された、撃者が存在する等、裏が取れる話である事も条件の一つであるとされる。基本的に都市伝説や作り話と思わしきものは対外である…だが、元々ダーウィン賞自体、都市伝説を集めたメールによって誕生したものである。そのため、裏が取れなくとも「面い」と評されたエピソードは『都市伝説』として紹介される場合もある。たとえば、「ジェットエンジンに取り付けて発進させた結果、アリゾナの崖の側面に埋め込まれた」という話は作り話であることが確認されたが、「いかにもありそうなエピソード」だとして実際の本に採用された。
    また、投稿作品である以上、どうしても枝葉末節の部分は面くなるように編集されることもある。(後述する「ニコ生主富士山滑落事故」はこの例に該当する。)世界中の話を収集するという関係上ある程度は仕方ないのかもしれない

ダーウィン賞受賞者のケース・一例

以下に、ダーウィン賞を受賞またはノミネートされた人々のバカバカしいエピソードかしい功績を一部紹介する。
これらを読んで呆れるか、頭を抱えたくなるか、爆笑できれば、方は正常な思考の持ちです。

念を押すが、これらはいずれも全て実話である。

また、毎年受賞が出る訳ではなくノミネートだけで終わる場合もある。本来は喜ばしいことです。

以下に例を挙げていくと、

このように「末代の恥」といわんばかりの死に方がっているが、2015年には「カナダ総選挙で、イスラム教徒の女性スカーフなどで顔を隠すことの是非が問われる中、抗議の為にポリ袋をかぶって投票しようとした若者が窒息死」が受賞したが、これは後にニュースと解って受賞取消となった。

また日本でも近年「友達大食い競争をしていた学生が喉にパンサラダなどの食べ物を詰まらせて窒息死した」というケースもある(これは対が未成年の為、上記の条件4に反する)。
2017年には日本フォークリフトパレットを37枚積んで電球交換作業をしていた男が転落死した事故がノミネート、そして2020年にはついに日本人が史上初めてこの賞を受賞することとなった(ニコ生主富士山滑落事故)。

この賞はあくまでブラックジョークである事を理解して楽しんでください。

関連動画

関連静画

関連商品

ダーウィン賞の受賞者達についてが網羅。
バカの思考を方はどれだけ理解できるか?


左の書籍について紹介されている。

映画

関連項目

脚注

  1. *セミオート式は撃を引くと弾が自動装填される
  2. *ちなみにこの人物、同業者の間ではエリート中のエリートと謳われた敏腕弁護士だったそうな。
  3. *ちなみに落ちたニワトリ生存
  4. *助けに行くつもりだったかトドメを刺しに行くつもりだったかは不明。ちなみに妻は救助された。
  5. *北センチネル島の記事にも書いてあるが、ここの先住民族はいわば「よそ者絶対殺すマン」で、言も独自のものを用いているので意思疎通がどうやっても不可能インド政府ですらを投げたほどの危険地帯。
この記事を編集する

掲示板

  • 1726ななしのよっしん

    2021/10/22(金) 18:23:02 ID: GCoWUNP+hK

    こういう賞を見ているといじめ根本的になくすのは難しいんだろうと感じてしまう。
    これ一歩間違えたら名誉毀損になる可性もあるのでは?

  • 1727ななしのよっしん

    2021/10/22(金) 18:33:24 ID: GCoWUNP+hK

    本人もそうだが、遺族にとってもきつい賞なのでは。
    受賞者の身内(特に従兄弟や甥、姪辺り)がいじめられる原因になりかねない気がして怖い。
    受賞者の身内だからコイツバカなんだろうって、本当はバカじゃないのにレッテルで見下されたり、からかわれたり、あることないこと言われたり、ちょっとしたところをバカにされたり、仕事を任されなかったり、をつかれたり、物を盗まれたり、殴られたりって(ここでいう仕事は労働だけじゃなく、学校文化祭などの準備や町内会の手伝いや事なども含んだ広い範囲で)。
    まあ見返せばいいのかもしれないが、いじめって精的にも身体的にも後遺症を残しやすいし、何よりしなくていい苦労をするんじゃないかとか色々と心配。残酷すぎる。

  • 1728ななしのよっしん

    2021/10/22(金) 18:36:35 ID: uvJmDdL5Iq

    こんな長文書いてるけど明日になったら忘れているんだろうな

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/23(土) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/23(土) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP