今注目のニュース
「のぞき劇場」「ヌードスタジオ」って? 東京都の休業要請対象になった施設に「初めて聞いた」の声
東京都、「休業要請」対象施設を発表、協力金は50~100万円
死にたくなければ殺せ! いま最高に生きていることの幸せを味わい尽くせるゲーム「DOOM Eternal」を買えッッッ!

ダークネス・ネオスフィア単語

ダークネスネオスフィア

  • 0
  • 0
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ダークネス・ネオスフィアとは、アニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」に登場するカードである。

概要

ダークネスが使用するモンスター。攻撃4000、正確なテキストは不明だが、以下のような効果を持っていた。

  1. 1ターンに1度、「ダークネス」の効果を視して自分の魔法&カードゾーンセットされたカードを確認し、順番を並べ替えることができる。
  2. 1ターンに1度、相手フィールド魔法カードの順番を並べ替えることができる。
  3. フィールド上に表側表示で存在する魔法カードを裏側表示に戻すことができる。
  4. お互いのエンドフェイズ時、自分のライフポイント4000未満の場合、ライフポイント4000まで回復する。

十代とのデュエルで登場。
ダークネスレインクロー」の効果によって特殊召喚された。

ダークネスレインクロー
効果モンスター
8/闇属性/悪魔族/ATK 0/DEF 0
相手モンスターが攻撃宣言を行った時、
自分フィールド上に存在する「ダークネスブランブル」と手札のこのカード墓地へ送る。
デッキから「ダークネス・ネオスフィア」1体を特殊召喚する。

セットカードの順番を並べ替える効果によって、「虚無」と「限」、3枚のダークネスカードによるコンボを確実に成功させようとしたが、「N・ブラックパンサー」によってこのカードの効果をコピーされたことで順番を再度並べ替えられ、フィールド魔法ダークネス」をセット状態に戻されたため、コンボを破られてしまった。

それでも4000の攻撃で「ネオスワイズマン」を攻撃し、戦闘破壊したが、それによって「E・HERO ネオス」が復活。「E・HERO ゴッド・ネオス」をコンタクト融合されてしまい、その攻撃を受けてダークネスデュエルに敗れた。


アニメテキストがわからないため、OCGのように「ダークネスレインクロー」の効果によってのみ特殊召喚できる特殊召喚モンスターだったのかは不明。

並べ替えによる出来レースを可にした、ダークネスの切り札とも言えるモンスターであったが、自分から効果を発揮することはなく、コピーされて利用されるという少々情けない出番となってしまった。

OCG版

「LIMITED EDITION 15」(「Vジャンプ2009年7月号応募者全員サービス)でOCGに登場。

効果モンスター
10/闇属性/悪魔族/ATK 4000/DEF 4000
このカードは通常召喚できない。
相手モンスターの攻撃宣言時、自分の手札・フィールド上から
悪魔モンスターをそれぞれ1体ずつ墓地へ送る事でのみ、
このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
このカード戦闘では破壊されない。
1ターンに1度、自分フィールド上に
表側表示で存在するカードを全て手札に戻す事ができる。

ダークネスレインクロー」と「ダークネスブランブル」固定ではなく、手札とフィールド悪魔モンスター1体ずつをコストにするようになった。また、「ダークネス」や「虚無」、「限」がOCG化されていないため、セットカード関連の効果は削除され、自分フィールドカードを手札に戻す効果になった。さらにライフポイントを回復する効果は削除され、戦闘破壊耐性が追加された。

攻守4000は破格の数値だが、悪魔族限定の上にカードを2枚消費するため少々扱いにくい。それでも、「オベリスクの巨神兵」などの同攻撃モンスターべれば少ない消費で出すことは可で、戦闘破壊耐性のためそれらを一方的に倒せる。「読命」などによる攻守変更や「スキルドレイン」による効化の悪影を受けづらいのも利点。

カードを回収する効果を持つ。悪魔族と相性のいいカードはあまりないため、あまり役に立つ場面もないが、「王宮のお触れ」などによるロックを必要に応じて一時解除することはできる。また、このカードの召喚コストにするモンスターを「リビングデッドの呼び声」などで調達した場合、フィールドに残ったそれを再利用できる。
戻すこと自体はいろいろなコンボを考えられるが、召喚までの手間を考えると「霞の谷ファルコン」などを利用したほうが楽。

やはり難点は2体の悪魔モンスターを要する点。このカード自身を含めて3枚消費しても攻撃以外に得るものはあまりなく、損失を回復する相性のいいカードがあまりないため、どうしても使われにくい。かつては「クリッター」をコストにすることでサーチ効果を利用できたが、近年まで「クリッター」が禁止カードになっていたため、その利用法は長期間使えなくなっていた。
さらに相手モンスターの攻撃宣言時という条件も付いているため、せっかく出してもすぐに高攻撃を生かせず、そのターン中にカード効果で処理される恐れもある。


ダークネス・"ネオス"フィア」であるため、「ネオス」と名のついたモンスターとして扱われる。そのため、「E・HERO ゴッド・ネオス」の融合素材にできる(それ以外の「ネオスサポートは全て融合モンスター限定のサポート)。アニメで敵対したカード融合素材にできるというなんとも奇妙な関係が出来上がった。
明らかに「ぎなた読み」によるものだが(Neosphere)、こういった場合もカテゴリに含まれるというのが遊戯王OCGの原則である(例外はネオスペーシアンと「ネオス」など)。類例に「ネオスペース・コンダクター」などがある(ただし、海外では「Neo Space」とはっきり定されている)が、本来ネオスと縁もゆかりもないのはこのカードらい。

しかし実際にゴッドネオス融合素材として利用されることはなく、どちらかというと「E-HERO ダークガイア」の融合素材になることのほうが多い。悪魔族の中では最大の攻撃を持つため、融合素材としてよく、同じ条件の「幻魔皇ラビエル」、「邪神ドレッド・ルート」にべれば、素材にしない場合でもフィールドに出しやすい利点がある。

「ストラクチャデッキデビルズ・ゲート-」で再録された。現在入手するならばこれが最も楽な方法。

ダークネス/モンスターB

ボスデュエルで使用するボス専用カードとして登場した。

効果モンスター
ATK 4000/DEF 4000
このカードは通常召喚できない。
(1):モンスターの攻撃宣言時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、プレイヤー1人を定して発動できる。そのプレイヤーのLPを4000にする。
(3):1ターンに1度、フィールド魔法カードを全て持ちの手札に戻す事ができる。

―ダークネス・ネオスフィアを召喚!―

(1)の効果は、「ダークネスレインクロー」を必要とせず、コストしに直接手札から出せるようになり強化された。(2)の効果は、メインフェイズ中に発動し、プレイヤー定してそのライフ4000にする効果になった。ライフの減っていない相手に使えばいきなり相手ライフを半分にできるため、大幅な強化と言える。(3)の効果は、相手も巻き込むようになっており、これもほぼ強化と言ってよい。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2015/05/25(月) 18:20:09 ID: Q3d+uW2394

    インフェルノイドとの相性はどうなんだろう

  • 3ななしのよっしん

    2015/06/25(木) 14:14:30 ID: /GGURsw/3+

    敵対するモンスターの名前を持っていて悪魔族という点からアンチホープとは似たような仲なのかもしれない


    どちらも効果がパッとしない所もそっくり

  • 4ななしのよっしん

    2016/10/24(月) 06:57:55 ID: uc0V+g7J1R

    >>3
    まだこっちのが出しやすい上に戦闘破壊耐性あるし・・・

急上昇ワード

最終更新:2020/04/10(金) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/10(金) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP