ダークマージ単語

ダークマージ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(71)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ダークマージとは、ファイアーエムブレムにおける異端の禁呪の魔法の使い手である。
魔法の系統は作品によってばらつきがある上この系統はクラス名が一定しないが、いわゆる「異端魔道士」について、他の魔法系と較しながら扱う。

概要

魔道士同様魔法で攻撃する者であるが、若干異常な性を持っている者たちが多く属する。
原則として直間両用のユニットであり、やや打たれ弱い事が多い。

シリーズ初期では魔法の種類がまだ分化しておらず、僧侶魔道士の上級職すら同じであったが、闇の祭ガーネフのような悪の魔道士やマフーのような暗黒魔法と言うべきものは存在していた。
その後、聖戦の系譜魔法の系統が分化し、暗黒魔法を使うロプト教団、及び敵専用のロプトマージが登場した。
このとき、シャーマンというクラス名も登場したがクラス的には魔道士で、戦士ヘイム直系の者のみという特殊なポジションであった。

封印の剣以降は秘の古代魔法いは未知の魔法と言うような扱いで登場し、闇魔法使いとしてのシャーマンを本格的に仲間として使用できるようになった。
宗教色が強い魔法魔道士王道である理魔法べるとやはりすこし捻られており、ひねくれ者、隠者、いは学者のようなキャラが多い。
GBA時代の三すくみ上では理魔法に強いため魔法の打ち合いで有利だが、素さが低めだったり闇魔法自体が重かったりで結構扱いには難儀する事も多い。闇魔法に特殊な魔法が割り振られている場合もあり、その際は非常に強い。

敵としては非王道魔法として西方三島やサカなどの異文化地域に登場したりすることも多い。
当然だが、単純に悪の魔道士として敵にもかなりの数がいる。

強さの変遷

不思議を持つ魔道士だが、使うかは好みの問題である。

暗黒竜と光の剣

クラスとしては「暗黒魔道士」と言えるものは登場していないが、物語黒幕として闇の祭ガーネフが暗躍する。
彼が操る暗黒魔法「マフー」はあらゆるダメージ効化する恐ろしいを持ち、一マフーに対抗できる魔法スターライト」がないと倒すことができない。
倒せなかった場合ファルシオンは手に入らないが、それでも詰みにはならない。

外伝

敵限定のクラスで妖術師と祈祷師がいる。敵専用の魔法「妖術」で攻撃してくる。
特筆すべきは「メデューサ」と「メサイヤ」か。
メデューサは当たるとHPが1まで減る妖術で、妖術師のヌイババとガネフが使用する。
メサイヤは祈祷師全員が標準装備している妖術で、モンスターを召喚できる。ゾンビからビグルまで、術者により召喚されるモンスターは変わるが、いずれも頭数が増える点で厄介な代物である。基本的に召喚元を倒せば全て消滅する。
また妖術師は魔法「リカバー」か「リザーブ」を使える。リカバーは大したことはないが、全員回復の効果を持つリザーブを毎ターン回復床の上からかけられてはたまったものではない。早急に処理したほうがいいだろう。ちなみにリザーブ持ちの妖術師が登場するのは、プレイヤーリザーブを覚えているユニット仲間にするよりかに前である。

祈祷師のジュダはターン数が4の倍数にしか攻撃が通らない。
賢者の里」で対ジュダ攻略ヒントが聞け、「4、8、12…」というのがヒント。これは禁句になっているらしく、ヒントを話した村人はジュダの呪いにより死んでしまう。

紋章の謎

敵専用
ダークマージ(魔法)

暗黒竜と光の剣に続き、復活したガーネフが再び暗躍する。
第一部のガーネフは祭だが、第二部では敵専用のダークマージとなっている。
相変わらずマフーでスターライト以外の攻撃が効化されるため、ぜひともスターライトは用意しておきたい。

聖戦の系譜

敵専用
ダークマージ(闇B・B)
ダークショップ(闇A・炎A・A・A・A スキル「追撃」)
ダークプリンス(闇・炎A・A・A)

この作品から一括りになっていた魔法属性別に分けられ、クラスによって使用できる魔道書属性が制限されるようになった。
本作の闇魔道士系は敵専用で、マンフロイを中心として暗黒神ロプトウスを異端教団、ロプト教団の一員として暗躍している。
今作のラスボスダークプリンスユリウス(皇族マイラ直系・魔法戦士ファラ傍系)は「暗黒魔法ロプトウス」を持ち、その効果でナーガ以外の攻撃を半減する。
魔法はロプトウス含めて4種と少ないが、序盤で遠距離魔法フェンリル、後半は当たると強制的にHPを1にするヘル(+スリープ)が脅威。

なお本作にもシャーマンが登場するが、他の魔道士と一線を画する魔法の使い手となっている。
僧侶(ファイアーエムブレム)

トラキア776

下級 CC 上級
ロプトマージ(闇・炎・) ダークマージ(闇・炎・)
ダークショップ(闇・炎・) ※敵専用

5作にして初めて味方ユニットとして闇魔道士が味方として使えるように。元ロプト教団で、現在盗賊団「ダンディライオン」に身を置く魔道士セイラムが味方になる。

闇の魔道書は店には売っていないが、システム上敵からいくらでも奪えるので在庫には全く困らない。
取り分け遠距離魔法フェンリル」の入手が容易なのが嬉しいところである。
セイラム本人は下級職から魔法が使えるもののスキルなし・ステータスはそこそこと他の魔道士べると見劣りする部分があるので、この点で差別化を図りたい。
また、通常戦闘では闇魔法の重さが欠点となり、本人の幸運の低さもあって使いづらい事もある。
フェンリル的に闇魔法を鍛えるのか、普通魔法ユニットとして他の魔法メインで行くかはめに決めた方が良い。
なお、使いとしてはクラスチェンジ後のレベルBが保障されており、技の伸びもそこそこあるので非常に優秀。

敵が使うとステータス異常が発生する魔道書「ヨツムンガンド」「ポイズン」もあるが、こちらが使うときは効果が削除されていたり、魔道書自体が変わってしまったりといった措置が取られているのが残念。

ラスボスとしてはロプト教団祭ベルドが登場。
クラスは専用…でなく敵汎用職のダークショップ。(敵専用とはいえ)汎用職のラスボスは彼が初なのだが、マップさえなんとかすれば捕獲して解放すると勝手に死ぬレベルのあっけなさ。
ステータストラキアのみでみれば高い方とは言えず、はっきり言って弱い。

封印の剣

下級 CC 上級
シャーマン(闇) ドルイド(闇・)

今作での闇魔法秘の古代魔法に近く、闇魔法を使う「シャーマン」が味方として使用可になった。
味方としてはルゥである少年魔道士レイ、ナバタの里の預言者ソフィーヤ、山の隠者ニイメが仲間になる。

上級の闇魔法重いため使いにくいが、HPを吸収できる「リザイア」が便利。重さが6であるため攻速がほぼ落ちないことも良い。
距離魔法では「イクリプス」がある。これは命中10ととてつもなく低いが、当たれば相手の残りHPを1にするという戦に登場した「ヘル」の遠距離版。しかし、技と幸運をカンストさせても命中は73(支援効果をフル活用しても98)が限界なため、敵ユニットに向けてよりも壊れるの破壊に使われることが多い。
また、神将器「黙示の闇アポカリプス」は作中最強の攻撃と魔+5の補正により作中最強の破壊を誇る。特に系相手なら一撃必殺レベル

余談だが、闇魔法の演出はかっこいいけどムダに長いため、戦闘アニメーションオンにしているとプレイアビリティを損なうのも難点と言えば難点。

烈火の剣

下級 CC 上級
シャーマン(闇) ドルイド(闇・)
いを招く者(闇・理・) ※ネルガル専用

味方として仲間になるのは学者系魔道士のカナスのみ。
(最終章で仲間になるアトスも闇魔法を使えるが大「賢者」であるためここでは省く)
味方一の闇魔道士ということで最終盤以外で闇魔法を使うなら必ず彼を用いることになる。

重要なのは闇魔法0だが敵の魔防を視する月光のような魔法ルナ」が登場したことで、重さこそ12と重いが、それを差し引いても高い命中率と必殺補正を備え、魔が20あればどんな敵でも即死させうるという文字通り「キチガイじみた」性を誇っていた(一部ボスHP60以上だが)。
ナスはこの魔道書が使えるというだけで一軍当確と言えるが、本人のステータスもなかなか高く、支援相手に癖があること以外は非の打ち所がい強さ。魔法故に耐久面こそちょっと頼りないが、積極的に戦わせれば大きく伸びてくれるキャラである。
以上のようにルナは使い手の性と相俟って非常に頼りになるが、道具屋で買えるのは最下級魔法である「ミィル」のみなのでご利用は計画的に
封印で出た「イクリプス」も登場するが、命中が30になっている代わりに、当たった相手のHPを半分減らすという仕様に変更されている。
また、前作では遅すぎて不評だった闇魔法エフェクトが速くなりストレスが減った反面、重量が重くなっており(ミィルですら5→8、リザイアは6→14)度々攻速を下げる原因となった(カナスの体格が7→8なため、ミィル以外では大幅に攻速が落ちる)。ストーリー時系列的に考えると18年の間にずいぶん軽量化されたものである。

敵としては、ヘクトル編第19章異伝で黒い牙の『夕テオドルなどがいるが、実は敵としての登場は意外と少ない。
また今回の首謀者であるネルガルは、アトスの大賢者に対してドルイドとでもいうべきクラス『災いを招く者』(英語版でのクラス名はDarkdruid)となっており、専用魔法「エレシュキガル」を用いる。

その他、八神将の『多き者』ブラミモンドがチョイ役で出てくるが、彼(彼女?)は(「すぐ行く」と言ってはいたものの)作中で死んではいないため、生きたままロイの活躍を眺めていた可性があったりもする。

聖魔の光石

下級 CC 上級
シャーマン(闇) ドルイド(闇・理・)
マナー(闇・ スキル「召喚」)
ネクロマンサー(闇・ スキル「召喚」) ※リオン専用
見習い CC 下級 CC 上級
魔道士見習い(理) 魔道士見習い2(理) 魔道士見習い3(理・・闇)
賢者(理・光・杖)
魔道士(理)
マージナイト(理・杖)
シャーマン(闇) ドルイド(闇・理・)
マナー(闇・ スキル「召喚」)

今作では複数武器が使える上級職が多くなり、ドルイドも理魔法が使用できるようになった。
それと共に、HP1,守備魔防0でオトリとして使用できる「亡霊戦士」を召喚できるサマナーが追加された。
また、ビグルやゴーゴンなどの魔物魔物専用の闇魔法を使用してくる。ちなみにあるマップ魔物専用の武器を入手できる裏技があり、これを応用して本来闇魔法を使えないユニットに闇魔法を使わせることができるようになる。
なお、前作で神将器と揶揄されるほど猛威を振るったルナさすがに強すぎたからか、命中が95から50と大幅に弱体化。魔防視と必殺はそのままなため、若干ロマン砲っぽい感じになっている。

見習い魔道士であるユアン、グラド帝国リオンと共に闇魔法を研究していたノール仲間になる。

ちなみに召喚できる亡霊戦士のは大体、リオンノールユアン(だけ高め)。

また、前作・前々作の「神将器」に相当する「双器」は魔物に対し特効を持つが、何故か闇魔法の双器「魔典グレイプニル」のみ特効がない。

蒼炎の軌跡

 今回は魔法が火・に別れているため、闇魔法やそれに類するものは存在しない。ただしHP回復効果のあるリザイアは魔法として登場している。

暁の女神

上級 CC 最上
ダークセイジ
闇の賢者(闇・)

アークセイジ
賢者(闇・ 義:陽)
ドルイド
呪術師(闇)
マナー
召喚士(闇・ 義:陽)

もともと魔道士系があまり強くない作品なのだが今回の闇魔法は特に扱いが悪く、1周は闇魔法の使い手は仲間にならない。
また、敵としても呪術師はいるが数えるほどしか出てこないため悉く影が薄い

2周以降に限りデイン王子に仕立て上げられていたペレアス仲間にすることができるが、闇魔法が使える以外は性は並である。
速さが伸びやすく育てると結構強くなるが、登場自体が遅いので気合を入れて育てなければ価を発揮できないのが難点。
遠隔攻撃できるフェンリルは便利でも使えるが、闇系最強魔法バルリト」が魔道書なのに+3というほぼ役に立たない補正な上、肝心の威もさほど強ではないのが痛いところ。

また、2周以降の最終盤にもう一人闇魔法を使えるキャラ仲間になるが、どちらかというと職者に近い。⇒僧侶(ファイアーエムブレム)

敵としては前作にも登場していた、化身したままになる代わりに理性を失ったラグズ「なりそこない」を作っていたマッドサイエンティストイズカが登場。
第一部ではデインに味方していたが、最終的に第四部で直接対決することになる。
クラスは召喚士(サマナー)で大量のなりそこないを召喚し、自身はバルリトを所持する。闇なのに陽とか突っ込んではいけない。

また、主人公ミカヤ最上級職は巫女(シャーマン)だが、この場合ユンヌの巫女と言う意味で使用魔法属性であり、戦時代のシャーマンに近い。
暁の女神の設定や属性を考えると、ミカヤは当初闇魔道士になる予定だった可性もありそうではあるが…

新・暗黒竜と光の剣

下級 CC 上級 兵種タイプ
ダークマージ(魔法) ソーサラー(魔法) B

今までの魔道士系の上級職が分化し、魔道士系は賢者僧侶系は祭になるとともに兵種変更Bタイプのためにダークマージが追加された。とはいうものの、使用する魔法のほうが分化していないため三者とも「魔法が使えるユニット」でありほとんど差はい。
味方としては学者系のソーサラーであるエッツェルが仲間になるが、外伝マップに登場するので会えない人も多いだろう。

兵種変更によって兵種Bのキャラたちをダークマージにすることができるが、より速さなどが売りであり魔成長もあるマジシーザなどをダークマージにすると結構活躍でき、「ダークマジ」などと呼ばれる時がある。

また、ガーネフのクラスがソーサラーになったため、魔のアーヴのような邪教祭的なイメージより烈火ネルガルのような暗黒魔道士に近くなった。なお、SFCFCでは祭のではなくであったため、姿的にはソーサラーが一番SFCFCに近かったりする。
相変わらずマフーであらゆるダメージ効化するが、この特性を逆手に取り、テーベでの決戦分身か本物か見分けることができる裏技が存在する。

新・紋章の謎

下級 CC 上級 兵種タイプ
ダークマージ(魔法) ソーサラー(魔法) B

相変わらず使用する魔法が分化していないため、クラス賢者と同等である。
味方としては前作に引き続きエッツェルが仲間になる。何故か守備の個人成長率が45%というの性を誇り、速さは遅めだがかなりい段階で仲間になる上、割と伸びがいいため、下級職を育てるのが面倒だったり、ヘタレた場合は使用するのもあり。

前作では敵の祭(旧)のほとんどが賢者祭になっていたが、今回は「アンリ」の部族兵やガーネフ及び彼の配下の祭たちはダークマージになっているため、敵としてかなりの数が登場する。
魔法は分化していないが、後半登場する敵専用魔法で、ドゥラームの代わりに入ったと思われるグラウアーは明らかに闇魔法エフェクトとなっており、命中がやたら高い上に魔防を視するためHPが低いユニットが狙われると極めて危険。
マムクートなら魔石で効化できるが、そうでない場合はHPが高いユニットで受けさせて釣りだす、リザイアのHP吸収でダメージ相殺する、勇者武器が高いユニットでやられる前にやるなどの対策が必要になる。特に高難易度では2発耐えるのは理なため、極視した方がいい。

覚醒

下級 CC 上級 備考
ダークマージ(魔法) ソーサラー(魔法) 魔法使用可
ダークナイト(魔法・剣) 魔法使用不可

今回も新紋章から引き続き魔法自体は分化しておらず、理・・闇魔法三すくみもない。(というか魔法自体がほぼない)
また、魔法系のクラス祭がまさかのリストラとなり、ダークペガサス(魔法)やダークナイト(魔法)など物理攻撃と魔法攻撃を併用するクラスも登場している。
また「ダーク」とあるように魔法というもの自体が少々陰気になっている。
その中でも、特に陰気な「呪術師」にしてあらゆる攻撃魔法を使用できる「攻撃魔法の達人」がダークマージ系である。
魔法は特殊な…というか、今作の「特殊な魔法」は全て闇魔法であり、最下級魔法で最も威があるミィル、今回はHP半分吸収だが安価で数には困らないリザイア、必殺が50世紀末ルイン、命中は劣悪だが大威2回攻撃ができるイル、遠距離魔法スライム過去あった特殊な魔法一通りそろっている。ただし、闇魔法器の再録はなく、最強魔法ゲーティアは単に威が高いだけ(しかも、魔+5付きのファラフレイムより実質低威)と少しさみしい性
また、魔防より守備が高いという性質があり、・手・手相手はもちろんリザイアがあれば最前線で前衛職とガチで殴りあうことすら可である。

スキルは隣接している敵の回避-20の「呪い」、周囲2マスに居る敵の回避・必殺回避-10の「呪い」を持ち、闇魔法の命中の低さが補える。上級職のソーサラーで習得できる、自分の減少HPの半分を攻撃に加算する義「復讐」は、発動率が高く強だがやっつけ負けしてありがちな復讐者の末路になりかねないため、使うときは「待ち伏せ」か仲間とのを大切に。もう一つは魔道書を装備した敵と戦闘した時に命中・回避+50する「魔殺し」で、魔法の種類問わず全部に有効と言う意味では武器系の殺しより有効範囲が大きくかなり有効。魔法を苦手とするAナイト系やDナイト系に是非欲しい一品である。

仲間になるのも、呪術師兼マイユニストーカーサーリャと、サイコパスヘンリーと曲者いである。
サーリャは素さが高めで、素質がアーマーナイト/アーチャーなのでそちらで命中や守備を補える。
ヘンリーは守備が伸びやすく、素質が盗賊/蛮賊なので盗賊で素さを補い蛮賊系のスキルで必殺率の底上げを狙ったりできる。また勝利時に高笑いするという特徴的な専用モーションを持っている。

また、今作は祭系がいないためDLC異界ミカヤやすれ違い配信のディアドラはダークマージ系になっている。本来魔道士であるこの二人がダークマージである理由は原作の設定によるものと思われる。

屍兵の魔道士使い以外大体ダークマージ系なので敵としても多数登場する。
この時問題となるのが「復讐」で、攻撃→反撃で復讐発動→致死ダメージの反撃が高確率で飛んでくる、という状況が発生する。しかも今作品には「見切り」といった敵スキル効化する手段がない。
そのためザコは「復讐」を持っていないことが多いが、これを持っているガーネフやアルヴィスなどの魔符は非常に厄介

ストーリーも後半になると敵軍にもダークナイトが登場し始めるが、を装備している者はほとんどいない。

if

下級 CC 上級
ダークマージ(魔法) ソーサラー(魔法 命中・必殺回避+5、必殺+10)
ダークナイト(魔法)
特殊 備考
魔女(魔法 回避・必殺+10) DLC専用、Lv上限40女性専用

に属する兵種。今回も魔法自体は分化しておらず、魔法間での三すくみもない。さらに闇魔法という概念もなく(リザイアのみダークマージ系専用として存在する)、魔防が低く守備が高いという個性付けも気持ち程度になっており、ダークマージというより「暗魔道士」といった趣。
に近く魔法が暗に近いという覚醒の傾向が引き継がれており、ダークブラッド・レヴナントナイト・ストラテジスト・修羅・婆娑羅・陰陽師と、魔法を使えるのはどこか闇とか悪っぽいイメージを持つクラスに多い。

スキルは隣接している敵の回避-20の「呪縛」と、周囲2マス以内の敵に対する魔法ダメージを+2する「魔の」。
上級職のソーサラースキルは前作から続投の「復讐」と、三すくみに合わせて変更された「殺し」。また、武器種が増えないのと引き換えに、DLC以外では魔道書武器レベルがSにできるという特徴を持つ。
もう一つの上級職ダークナイト魔法を使う騎ユニットで、なんか使えても仕方ない部分はあるが、戦闘後に敵の魔を-6する「魔封じ」と、自分から攻撃して敵を倒すとHP50%回復できる「生命吸収」は強い。
ただ、白夜軍は守備>>魔防のユニットは少なく暗器使いがかなり多いため、三すくみで不利な魔道士系は若干扱いづらい面もある。

前作のウードそっくりのオーディン、一見すると子供に見えるニュクス、上級加入で暗王子レオン、子世代でオーディンオフェリア仲間になる。

敵のダークナイト値の傾向が覚醒と異なっている。覚醒では全体的にパっとしないだったが、今作では速さが減った分、と守備が大きく上昇した。特に守備の数値はパラディン駕するほどで、闘技場では驚異の耐久である。また、大多数の敵ダークナイト魔法の両方を装備している。

また、DLCマップ魔女の試練場」で入手できる『魔女魔法陣』を使用すると魔女クラスチェンジすることができる。魔なので当然女性専用。
大きな帽子にスリットの入ったロングスカートというステレオタイプ魔女の姿をしており、戦闘時は前に掲げているランタンから魔法を放つ姿やワープを織り込んだ回避など凝ったモーションになっている。
ソーサラー同様魔道書武器レベルをSにでき、ソーサラーべると防御面を削り、その分速さに回した感じの性になっている。
スキルはダークマージ系の闇魔法を使用できるようになる「暗闇の加護」、行動終了時に幸運%で1マップを上げるが手に入る「魔女の大釜」、味方の隣に移動し即行動できる「ワープ」、自分から仕掛けた戦闘後技×1.5%で攻撃した相手を1ターン移動不能&回避-20にする「魔女毒薬」の4つ。
特に「魔女毒薬」「ワープ」が強で、「魔女毒薬」は実質フリーズを振り回しているようなものであり、「ワープ」は役・回復役など走り回る必要のある職業や、アーマーナイトやシューターなど移動の低いユニットが持つと恐るべき効果を発揮する。同マップで「ワープの書」としても入手できるため「ワープ」に限り男性でも習得可

Echoes

特殊 備考
妖術師
祈祷師(スキル体召喚」)
魔女(スキル「転移」)
敵専用ユニット

魔女のみレメゲトンで召喚可

魔法を操るユニットとしては、妖術師、祈祷師、魔女がそれぞれ敵ユニットとして登場する。
妖術師は「ドーラ」「スライム」「デス」といった闇魔法で攻めてくる程度だが、祈祷師や魔女の一部は「メサイア」で魔物を召喚してくるため若干厄介。特に物語後半ではドラゴンゾンビを召喚するやつもでるため要注意。まだ妖術師と魔女HPを削れば化することも可だが、祈祷師は「体召喚」のスキルを持つため、毎ターンHP5回復される。
また、魔女は「転移」のスキルを持っており、遠距離からいきなりワープして接近してくることがあるため、背後を突かれないよう注意。

固有ユニットとしてはドーマ教団祭ジュダと、恐山に館を構える妖艶な妖術師ヌイババが物語に深く絡んでくる。ジュダの方はリメイク前同様4,8,12…と4の倍数がヒントとなっているが、戦闘回数4回ごとにしかダメージが与えられない仕様に変更されている。また、「嗟の指輪」というアイテムによって射程外から殴ろうとしても問答用で反撃してくるという厄介特性も持つ。一方のヌイババもHPを1にする「メデューサ」を操るため、短期決戦で潰したいところ。

また、DLC魔道士ユニットオーバークラスに「ソロモン(賢者)」「モルガーナ(官)」がそれぞれ追加されたことにより、ソロモンは「メサイア」同様魔物魔女を召喚し、友軍として使役できる「レメゲトン」を、モルガーナはこいつらが用いていた闇魔法の内「スライム」「デス」が使用できるようになった。

風花雪月

初期 Lv.5 初級 Lv.10 中級 Lv.20 上級 Lv.30

C以上
最上
平民/貴族
最大HP+5
修道士
(理学or
信仰D)
魔力+2
引き寄せ
ダークメイジ※1
(理学C)
ドーラΔ
呪縛
ダークショップ
※1
(理学A&
ダークメイ
資格)
ドーラΔ
呪縛
魔神の一撃
生命吸収
ダークナイト
(槍C&
理学B+&
馬術A)
再移動
黒魔法の達人
闇魔法の達人
魔防封じ
グレモリィ
※2
(理学A&
信仰A)
黒魔法回数
×2

白魔法回数
×2

闇魔法回数
×2

魔力の覚醒

括弧内は資格試験に推奨される技レベル
斜字…兵種マスターで習得できるスキル 太字…兵種スキル ※1…男性専用職 ※2…女性専用職

本作では「mage」の表記が「メイジ」になったため「ダークメイ」になった。なぜか男性専用。
外伝同様、習得・使用できる魔法キャラによって全固定でありダークメイジにクラスチェンジしても闇魔法を習得できるわけではなく、尚且つついている兵種が「魔法が使える兵種」でさえあれば白黒闇を問わず魔法が使用できる。
ダークメイジ及びダークショップになるには死神騎士から入手できる限定品「闇魔法試験パス」が必要となり、ダークショップにはダークメイジの資格が必要なので、1人につき2つ必要となる。
的には魔道士系にあたるメイジ・ウォーロックとほぼ同様で、実質的にスキルだけが異なる。

兵種スキルとして共通で隣接敵の回避をー20する「呪縛」を持ち、ダークショップは攻撃時に魔+6の「魔神の一撃」も保持する。ダークメイジをマスターした際は攻撃後に敵のHPを20削る「」を入手できる。
しかし、メイジはマスタースキルで先述の「魔神の一撃」を入手でき、ウォーロックの兵種スキルは「黒魔法の達人」(黒魔法の攻撃+5)と「黒魔法回数×2」であるため、闇魔法にしていないユニットにとってはこちらのほうが断然強である。
そして、魔法にしている男性はヒューベルトただ1人である。

最上級職に関しては特に専用のものはないためメイジ系と同じ。いずれも黒魔法と闇魔法スキルを両方持っているのでヒューベルトも安心であるが、グレモリィは女性専用なのでダークナイトになるかダークショップのまま使うかの2択となる。

クラスとしては立たないが、闇魔法それ自体は強かつ特殊なものがっている。
魔法は「ドーラΔ」等「魔法名+ギリシャ文字」の体をとるようになった。
射程1-3で守備を削るスライムΒ、射程1-3で必殺率のあるデスГ、速さを削るウォームΖ、移動低下のバンシーΘ、追撃不可能だが魔防視の闇の神将器ルナΛ魔法なのに騎特効のダークスパイクΤ最強魔法ハデスΩと1つあるだけで戦略の幅が広がる強なものが目白押し。
魔法が使用できるのはリシテア、ヒューベルト、エーデルガルトの3人で、覚えられる種類は異なるが全員複数種類覚えられる。

自軍での運用事情以外については、ダークメイジ系は不の敵である「闇に蠢く者」の兵種なので敵としての存在感は大きい。

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 69ななしのよっしん

    2019/08/24(土) 18:39:49 ID: 7e3PVETqzh

    でも言うほど減ってるわけでもないような……?
    まあその後の編集も差し戻しとかではないしとりあえず現行版見てればいいのでは

    弱い理由としてはウォーロックとの較が全てかつそれ以外にしようがないし
    魔法試験パス絡みもさすが視できないので
    これ以上削るってのは理な気がするけど

  • 70ななしのよっしん

    2020/02/19(水) 20:46:17 ID: ivmzRejrOP

    GBA三部作に関して言うと
    エレブ大陸の闇魔→強だがリスクのある古代魔法
    マギ・ヴァル大陸の闇魔魔物と同じ邪悪な性質の
    という感じ。グレイプニル魔物特攻ないし。

  • 71ななしのよっしん

    2020/09/24(木) 18:48:53 ID: 1Bz7w9HPya

    風花DLCで闇魔法キャラと兵種増えたんでそれ関連書き込みお願いしたいなあ。ついでにイエリッツアもデスΓ使える。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/03(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/03(木) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP