ダートグレード競走 単語

563件

ダートグレードキョウソウ

3.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ダートグレード競走とは、日本競馬におけるダート競走の中央・地方交流重賞のことである。

概要

日本で行われる重賞競走のうち、地方・中央の所属に関係なく出走できるダートの競走について格付けが行われている[1]グレード格付けの得られている競走はGI/GII/GIIIグレード格付けの得られていないものは内向けではJpnI/JpnII/JpnIIIとなり海外向けでは概ねリステッド(L)またはリステッド・リストリクテッド(LR)のいずれかの格付けが与えられている[2]日本国内であればローマ数字が同じならば一応同じ格と考えていい。これらの格付けは日本グレード格付管理委員会によって行われている。

現在ダートグレード競走を施行していない催者は岐阜県地方競馬組合(笠松競馬場)のみである。しかし、岐阜県地方競馬組合もダートグレード競走実施に向けた取組中[3][4]のため、将来的に施行される可性はある。

競馬場単位で現在ダートグレード競走を通常開催で施行していない場所は、中央だと函館福島小倉の3場、地方水沢笠松姫路の3場となる。姫路以外は代替開催や過去に施行されたことはある。

中央と地方の所属のがぶつかる関係上、中央の刈り場と化していることがほとんどであるが、2歳競走は地方でも十分に勝てるところはあるし、地方所属のでも勝利している例はあるにはある(特に船橋所属のとか)。

歴史

交流元年と呼ばれた1995年以降に、中央、地方問わず全各地の競馬場で中央地方定交流競走が設けられるようになった。ダート競走の位置づけを明確にするため、JRANAR、全競馬催者協議会の3者によって「ダート競走格付け委員会」が発足。1997年4月から「ダートグレード競走」として格付けが行われた。同委員会は2008年までダートグレード競走の格付けを行ってきたが、2009年からは日本国内のG/Jpn格付け機関を一本化した「日本グレード格付管理委員会」[5]が新設され格付けを行うようになった。それに伴いダート競走格付け委員会は解散され、ダート競走の体系化等について検討する機は新設機関の「ダート競走振会議」へ引き継がれた。

2007年日本際セリ名簿基準書(ブルーブック)におけるパートIに昇格したことをきっかけに際格付け表記の基準を満たしていないグレードはJpnI/JpnII/JpnIIIと表記されるようになった(正式な呼称はJpnIならば「ジーワン」など[6]だが「ジェーピーエヌワン」などと呼んでいるところもある)。

2022年6月にはNARJRA、全競馬催者協議会TCK兵庫県競馬から合同3歳ダート三冠競走を中心とした2・3歳馬競走の体系整備についてexit会見が行われ、2024年から羽田盃東京ダービーJpnI格付けを得ることが発表された。2022年11月には競走体系の整備の詳細exitが発表されるとともに、将来計画として内向けの格付表記を2028年より段階的に止し地方でも足並みをえる意味で際格付けの取得、格付けを得るために必須となるレーティング達成や海外の受け入れ体制の整備などを進め、2033年途に全てのダートグレード競走を際競走とすることをしている。

沿革

競走の一覧

開催順、太字グレードの重賞()内は開催競馬場

GI/JpnI

GII/JpnII

GIII/JpnIII

過去に交流重賞だった競走

GI/JpnI

GII/JpnII

GIII/JpnIII

関連動画

ダートグレード競走に関するニコニコ動画動画紹介してください。

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *ただし、地方・中央の所属に関係なく出走できる重賞であっても、地方所属オープンだが中央所属は条件のみ出走可九州産馬限定競走の霧島賞(3歳以上2勝クラス以下)とたんぽぽ賞(3歳1勝クラス以下)はダートグレード競走ではなく格付けもされていない。
  2. *ブルーバードカップ雲取賞京浜盃羽田盃東京ダービー不来方賞の6競走は2024年時点だとL/LRのいずれも格付けされていない ※NAR2024年重賞日程表(英語版)exit
  3. *第三期競馬活性化計画 別紙2 各主催者における経営基盤強化に向けた取組と見通し(主催者別)(PDF 36P)exitより「将来の際格付けの取得を見据え、まずはダートグレード競走実施に向けて、重賞競走を増設拡充して魅向上を図り、入厩促進と所属の資質向上を図る。」と記載
  4. *2004年までは笠松競馬場でもオグリキャップ記念全日本サラブレッドカップがダートグレード競走として行われていたが、経営不振からの立て直しのために格付けを返上してた経緯がある。
  5. *当時の名称は「日本グレード格付管理委員会」と送り仮名のの字が付けられていた
  6. *NARお知らせ日本のパートI国昇格に伴うダートグレード競走の格付け表記等の取り扱いについてexit」より
  7. *ダートグレード競走として実施できなかったのはダービーグランプリ日本テレビ盃白山大賞典の3競走。いずれも賞額の大幅減を行い所属地区限定地方重賞に制限したうえで実施。なお、ブリーダーズゴールドカップJRA所属を除外したうえでダートグレード競走として実施。
  8. *際的にはL(リステッド)競走扱い。
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/21(日) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/21(日) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP