今注目のニュース
「どうして動かなくなってしまったの、、」自分の力を知らないホッキョクグマが、思いっきりカモと遊ぼうとした結果に胸が痛む
Switch「のび太の牧場物語」、「採掘の効率が良すぎてむしろ『鉱山物語』」と話題に→メーカーがバランス調整を告知
「焼そばセンター」幻の大盛りメニューがついに商品化 総重量約7キロの「G20焼そば」誕生

ダートトライアル単語

ダートトライアル

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ダートトライアルとは、未舗装の路面に設定されたコースを走り、そのタイムを競い合う競技である。

概要

昔は採石場などを利用したコースが多かったが、人気が高まり、競技人口、観客ともに増えたために、最近は専用のダートトライアルコースが全で誕生している。
基本的な競技内容は、ジムカーナと同様、特定コースを1台ずつ走行して、そのタイムを競う。
通常は1周約2分弱のコースを2回走行し、速いほうのタイムで順位を競う。
滑りやすいダート(未舗装)路面でのタイムアタックレースや他の舗装路面で行われる競技とは、テクニックや見たの迫がまったく異なる。
ダート路面をスライドさせながらコーナークリアしていくその様は迫満点である。
その意味では観客受けのする競技と言える。
特に改造クラス車両の走行はかつてのWRC(世界ラリー選手権)で一世をしたグループB時代のラリーマシンを彷彿させる迫がある。
では、これに似たイベントとしての「ヒルクライム」の人気がある。

部門:
 全日本ダートトライアル選手権の部門は、第11条「参加車両」の分類に基づき、PN部門、N部門、SA部門、SC部門およびD部門の5部門で構成される。

クラス区分:
 PN、N、SASC、Dの各部門は、参加車両の気筒容積に基づき、下記の通りクラス区分される。
 スピードPN車両部門:気筒容積1600cc以下の2輪駆動のPN車両
 スピードN車両部門:
  クラス1:2輪駆動のN車両
  クラス2:気筒容積1600cc以下の4輪駆動のN車両
  クラス3:気筒容積1600ccえる4輪駆動のN車両
 スピードSA車両部門:
  クラス1:2輪駆動のSA車両
  クラス2:4輪駆動のSA車両
 スピードSC車両部門:
  クラス1:2輪駆動のSC車両
  クラス2:気筒容積1600cc以下の4輪駆動のSC車両
  クラス3:気筒容積1600ccえる4輪駆動のSC車両
 スピードD車両部門:(クラス区分なし)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/20(木) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/20(木) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP