チェンバロ単語

チェンバロ

1.0千文字の記事
掲示板をみる(20)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

チェンバロ(ハープシコード)とは、楽器の一種である。 

→チェンバロ動画一覧exit_nicovideo

概要

チェンバロとは楽器の一種で、ピアノのように盤を弾くことで内部にある機構が動いて弦を弾く構造となっている。歴史的にはチェンバロの方がピアノより古く、ピアノの本来の名称が「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテピアノからフォルテまで音が出るチェンバロ)」であったように、ピアノの祖先ともいえる楽器である(ただし楽器分類でいえばかなり遠縁であり、ピアノの祖先はむしろクラヴィコードと言ったほうがよい)ドイツ語のチェンバロ、フランス語クラヴサンは共にラテン語クラヴィチンバルム(盤付きツィンバロム)に由来し、英語のハープシコードはフランス語の harpechorde(ハープの弦)に由来する。

ピアノとの違いはピアノが打弦楽器ともいわれるように弦をく構造であるのに対して、こちらはギターのようにピックで弾く構造となっていることである。また盤から機構を通じて間接的に弦を弾く構造からピアノの様に盤を押す強さで音の強弱をつけることが困難(そのため多くのチェンバロは複数列の弦と盤を持ち、盤を押した際に弾く弦の本数を変化させて半ば強引に音の強弱や表情を変化させる機構が備わっている)であり、音のダイナミックレンジに乏しい。

実はピアノが登場してしばらくも音量の優位からチェンバロの方が広く用いられていた。だがピアノ楽器の構造を頑強化し弦のをより大きくすることででチェンバロの音量の優位を奪い去ると、強弱の細やかな表現に劣るチェンバロは一気にれていった。その過程で古より伝えられたチェンバロの製法は一度消滅し、現在楽器は今に残る古楽器から復元されたものである。

最終的に金属フレームで数トンに及ぶ弦のを実現したピアノと異なり、フレームが木製のチェンバロは弦のが小さいことから音程も狂いやすい。演奏ごとに調が必要になるため、チェンバロ奏者は必然的に調スキルも得なければならない。むしろその点は弦楽器に近いともいえ、まさに古い楽器の特徴を色濃く残している楽器である。

前述しているように一度はも使わなくなった楽器であったが、近年はその独特の気品ある格調高い音に魅せられた奏者たちが細々とではあるが再びチェンバロに生の息吹を吹き込んでいる。新しい音をめる現代音楽ポップミュージックの中にもチェンバロは一定の地位を確立しつつあるようだ。

関連動画

 

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 18削除しました

    削除しました ID: gXSTuabPZE

    削除しました

  • 19削除しました

    削除しました ID: gXSTuabPZE

    削除しました

  • 20ななしのよっしん

    2020/04/07(火) 10:50:38 ID: 3xfuG12hEK

    ゼノギアスのせいでこいつのファンになったアホとは私の事です。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/05(日) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/05(日) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP