今注目のニュース
平原綾香、足に激痛が走り「痛すぎて泣きそうです」
岡田准一のハイテンションに心配の声 「ファンには通常運転だけど…」「支障出ない?」
上映中のポップコーンもダメなのか 「日本人は映画館マナーに厳しすぎ?」

チキチキマシン猛レース単語

チキチキマシンモウレース

掲示板をみる(33)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

チキチキマシン猛レース(原題「Wacky Races」)とは、アメリカアニメ会社、ハンナ・バーベラ・プロダクション制作したオリジナルテレビアニメである。

アメリカでは1968年に放送され、日本でも1970年に放送された。全34話。

概要

11台の個性的なレースで競い合うこのアニメは、各マシンユニークデザインと機、一癖も二癖もあるドライバーたちが魅的に描かれており、40年以上経った現在でも多くのファンされている。ハンナ・バーベラのアニメーションはこの他にも、多くのアニメ日本でも放送しているが、その中でも本作の知名度が圧倒的に高く、地元アメリカより日本の方が人気が高いらしい。

日本語版は英語版にはないオリジナル設定が多いのが特徴で、英語版では台詞ケンケンなど一部の動物キャラクター台詞を付けたり、野沢那智をはじめとする声優によるアドリブも多い。また、日本人にはわかりにくい設定なども変更されている(レーサー達が南部人間に間違えられて撃を受ける→ジャガイモを盗む泥棒と間違われて撃を受けるなど)。また、ファンの間では有名な題歌も日本オリジナル曲である。
実際のところ、ブラック魔王役の大塚周夫く、この番組ではなんと台本がなかったらしく、「口動いてんだからなんか喋れよ」と言われてアドリブセリフを当てていたらしい。

ハンナ・バーベラは後に、ブラック魔王ケンケン中戦を繰り広げる「スカイキッドブラック魔王」や、ミルクちゃんが主人公の「ペネロッピー絶体絶命」などのスピンオフ作品や、ゼロゼロマシン以外の10台をハンナ・バーベラアニメ主人公達に変更した続編「新・チキチキマシン猛レース ケンケンフェンダーベンダー」などを制作したが、日本では本作ほどの知名度を得ることはできなかった。

上記の通り、日本で高い人気を博したこのアニメが与えた影は大きく、マリオカートモデルの一つにも挙げられている(ちなみに、チキチキマシン自体も3DOなどでゲーム化されており、プレイ動画投稿されている)。また、笑い方が特徴的なブラック魔王相棒ケンケンも有名になり、ドラマ「ひとつ屋根の下」で江口洋介が演じた主人公の笑い方もケンケンパロディである。

参戦マシン

日本語版のマシンの命名者は、赤塚不二夫である。

ゼロゼロマシン(00)
ブラック魔王ケンケンが搭乗する、本作の役機。他のレーサーを妨するために様々な機を併せ持ち、先回りする高性機体を持つが、たいてい妨が裏に出る。そのため、クラッシュ回数は断トツ歌詞の通り傷だらけのマシンである。万年ビリで、最終回は遂に優勝かと思われたがインキチがバレて取り消されてしまった。(他のレーサーも同じようなことをやっているが・・・)
ガンセキオープン(1)
タメゴロートンチキが搭乗する、体や輪が岩石でできた機体。よく壊れるが、そのたびに手頃な石を拾っては、棍棒で器用にいて新しく作り直す、ある意味最も手頃に作れる即席である。お互いを棍棒いてスピードを上げるが、たまに仲間割れして殴り合うことも。
ヒュードロクー(2)
モンスタードラチビが搭乗する、西洋のお化け屋敷のような外見をした機体。後部の屋根にはドラゴンが収納されており、ドラゴンエンジンに切り替えると、頭とを出してを飛んだり炎を吐いたりする。
マジックスリー(3)
ドクターHが操縦する、全体が機械仕掛けの機体。博士の操縦ひとつで、様々な仕掛けが飛び出したり、熱気球や飛ぶ絨毯、更にはホッピングなど、機体がどこに収納したのかわからない程、姿を変幻自在に変える(本編では術と呼ばれる)。ブラック魔王の仕掛けたを解除したり、反撃して逆にやっつけるなど他のレーサーの攻撃にもかなり強い。
ロイツェルスポーツ(4)
コウモリボスが操縦する、複葉機に輪を付けた外見の機体。を飛べるが、飛行自体ならヒュードロクーペやマジックスリーも可であり、こちらはそれ以外に立つ機い上に、時々墜落事故を起こす。そのためか、他のマシンかませ犬ならぬ、かませになることが多く、あまり見せ場に恵まれていない。
シーキャット(5)
ミルクちゃんが操縦する、ピンク色で統一されたオシャレな機体。レース中でも口を自動で塗ったり、シャワーで体を洗うなどオシャレが満載。肝心のレースが有利にする機は備え付けられてないが、他のレーサーは基本的にミルクちゃんに甘いため、特に必要はい模様。
タンクGT(6)
軍曹閣下と新兵が搭乗する、縦長の戦車戦車だけあって門を備え付けてあり、大砲で攻撃したり、後方に撃つことでスピードアップを図ることが可。全11台中最重量で、キャタピラ巨大化もする。ゼロゼロマシンを除き最も入賞成績が悪いが、2位・3位が極端に少ないためであり、優勝回数は他のマシンとほとんど同じである。
ギャンセブン(7)
トラヒゲ一家が搭乗する、クラシックカー。外見は普通だが、体の底が抜けるようになっており、子分達が地面を走ることでスピードが上がる。子分の足の速さは、警察から逃げるために鍛え上げられたもので、レース中も線機で警察の動きを把握している。7人全員車両の前方にまとまって乗っており、後方座席は基本的に席。
ポッポSL(8)
ヨタローと八が搭乗する、木材の台車にボイラーイスを乗せただけのオンボロな機体。後方のボイラーエンジンとなっており、しばしば他のマシンの攻撃の標的とされる。タイヤを膨らませてを飛んだり、釣り竿ゴール地点まで投げ、引き寄せてスピードを上げるなど、予想外な方法で順位を伸ばすことが多い。
ハンサムV9(9)
キザトト君が操縦する、一般的なレースカー。特に秀でた機く、ちょっとしたこと(につつかれる、煙に巻かれるなど)ですぐ壊れるという致命的な欠点を持つが、キザトト君がマシンに活を入れればあら不思議、すぐ元の姿に直ることが可。中には、3回もクラッシュしながら優勝したエピソードもある。
トロッコスペシャル(10)
ドン・カッペと甚平が搭乗する、丸太の機体とノコギリ輪が特徴の機体。ノコギリ輪の威はすさまじく、他のマシンっ二つにしたり、ちょっとした障物を破壊することができる。但し、悪路に弱いのが欠点。輪がさび付かないように、潤滑油を常備している。

登場キャラクター

実況解説野沢那智
本編ナレーションで、直接姿を見せることはない。マイクが各体と繫がっているのか、レーサーに突っ込んだり、逆に話しかけられることも。かなりノリが良くテンションの高い性格で、野沢の名演技も相まってレースを大いに盛り上げる。ブラック魔王を嫌っており、ゼロゼロマシン1位になったり妨が成功すると悔しがり、妨の失敗などで魔王が酷いに遭うと「ざまぁwww」と大喜びする。反面、ミルクちゃんを贔屓しており、実況そっちのけで応援したり、他のマシンがプシーキャットを抜かしたり攻撃するとを立てる。
ブラック魔王大塚周夫
ゼロゼロマシンの運転手。妨専門の悪名高いレーサーで、優勝するために毎回あの手この手尽くして悪巧みを企むが、その多くが失敗して自分が損を被る、どこか憎めない悪党である。同時に、ゴール寸前でマシントラブルを起こして優勝を逃すことも多く、あまりにも運に見放された不憫キャラでもある。変装が上手で、西部のお尋ね者や老婆に扮したことも。
ケンケン神山卓三)
ブラック魔王。助手として常に一緒に行動するが、人使いならぬ使いの荒い人にいつも不満を持っており、ブラック魔王不幸に遭うと、いつも口に手を当てて「ヒッーヒッヒッヒ」と独特の笑いを上げる。ブラック魔王に八つ当たりを受けることも多いが、それを見越して反撃することもよくある(殴ろうとした魔王の腕に噛みつくなど)。
タメゴロー加藤治)
全身毛むくじゃらの原始人。見た相棒トンチキ二つで区別が付かないが、にいる方がタメゴローである。棍棒を振り回して敵を攻撃したり、を直す役を担当。勢い余って、から振り落とされることも多い。
トンチキ緑川稔)
ガンセキオープンの運転手。手前にいる方で、運転に専念しているためか、タメゴローべて見せ場や台詞は少なめ。
モンスター神山卓三)
ヒュードロクーペの運転手。巨大な体とが特徴のフランケンシュタインだが、見たに反して性格は割と温厚。しかし、レーサー達を怖がらせる幽霊を反対に脅かして追っ払ったこともある。
ドラチビたてかべ和也
モンスターのナビゲーターを務める、小柄なコウモリ伯爵エンジンの切り替えを担当する他、彼自身がを飛んでマシンを牽引したりする。
ドラゴン
ヒュードロクーペの体に収納されている。マシンの説明通り、ドラゴンエンジンに切り替えると頭とを出して大活躍する。ただし、他のレーサーに攻撃される事も多く、コウモリボスに胡椒をかけられたり、ミルクちゃんにで殴られるなど酷いに遭うこともしばしば。
ドクターH槐柳二
マジックスリーを設計した天才発明。周りからは「先生」と呼ばれている。勝負よりもレース事に進めることを大事に思っており、ブラック魔王の攻撃でコースが塞がれたり、他のレーサーピンチに陥った時に助けたりしてくれる親切な人柄。
コウモリボス(梶哲也
撃墜王の異名を持つ、クロイツェルスポーツパイロット体と同じく、カラーリングで統一している。プライドが高く、ブラック魔王と異なり悪役でもないのに、よく高笑いする。
ミルクちゃん小原乃梨子
本作のヒロイン。プシーキャットの運転手にして、みんなのアイドル実況解説者や周りのレーサーからちやほやされているが、自身が好かれてることも利用するなどなかなかの策士。特にキザトト君からはよくアプローチされているが、本人もまた満更でもい様子。ブラック魔王リア充爆発しろ
軍曹閣下細井重之)
階級は軍曹なのに、なぜか閣下とよばれる小太りで尊大な上官。基本的に台がある2階席からと命するだけの楽な役回りだが、やはりこちらも敵の攻撃にされやすい。この台は取り外し可で、取り残されたこともたびたびある。
新兵小宮山清)
軍曹閣下とは対照的に痩せ細った外見をしており、タンクGTの運転と撃を一人で担当する。「撃てー!」「撃つー!」など、軍曹閣下とは息の合ったやり取りを繰り広げるが、たまに命視したり話を聞いていないこともある(この際、トラブルに巻き込まれるのはたいてい軍曹閣下の方)。
トラヒゲ親分水島
警察から指名手配されているギャング団・トラヒゲ一家ボス。タンクGT軍曹閣下と同じく、子分への命に専念している。が、子分のマヌケさに苦労する一面も。小柄でメンバーが7人であることから、7人のこびとに変装したこともある。でも、かわいくない。
ダムダムたてかべ和也
トラヒゲ一家の子分のひとりで、圧倒的に台詞と出番が多い。色のと横長の帽子が特徴。ボケをかまして、親分に突っ込まれることが多い。なお、他の5人の神山卓三、加藤修、緑川稔、小宮山清、広川太一郎細井重之、雨森雅司がそれぞれの役と掛け持ちで演じている。
ヨタローどん高田二)
いつもマイペースでのんびりした百姓。よほど貧乏なのか、靴を履いておらず、足でハンドルを運転している。オリジナル版では字が読めない設定だが、日本では識字率が100%のためか、吹き替えの際はすべて別の台詞に切り替わっている。
細井重之)
ヨタローが農場で飼っている。臆病な性格で、人の居眠り運転が気になっていつも震えている。とは言え、だけあってかなりの怪力で、マシンやボイラーを持ち上げることもできる。
キザトト君広川太一郎
ハンサムV9レーサー。オネエ言葉で話し(語尾に「~なのよね」「~だわ」と付けることが多い)、軟な印を受けるが、本気を出せばブラック魔王ゼロゼロマシンごと投げ飛ばすなどの持ち。また、怒らせると乱暴な口調になるが、これらは広川アドリブによるところが大きい。
ドン・カッペ雨森雅司
トロッコスペシャルの運転手。ずんぐり体木こりで、性格も快にしてとにかくパワフルな好。ヨタローと同じく、「~だべ」など典的な東北弁を喋る。
甚平小宮山清)
ドン・カッペの相棒ビーバー。丈夫なを活かして、大木を削って丸太を作るなど、土木作業のプロ。タメゴローたちの棍棒も食いちぎってしまうことも。時々ヘルメットに付けたゴーグルを装着している。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 31ななしのよっしん

    2018/10/07(日) 07:27:22 ID: kreXmT+bvQ

    ブラック魔王インチキしなければ優勝できたんじゃね?とつっこんではいけない(笑)

    レースもそうだがインチキが裏に出て失敗するのがこのアニメのおもしろさだと思う

  • 32ななしのよっしん

    2019/02/23(土) 22:52:24 ID: 3XQAYnfGHT

    >>31
    というよりレースを盛り上げるためにわざと妨役にしてる感じ>>ブラック魔王
    何もやらなきゃ楽勝で1位とれるだろうし

  • 33ななしのよっしん

    2019/04/27(土) 19:40:13 ID: 27hoif062f

    一度一回優勝しそうになったことがあったんだけど
    マシンノーズを伸ばして優勝して「妨はいいけどずるはだめ」って言われて失格になった回があるのは理不尽だと思った。
    他の人たちも結構似たことやってたぞ他の回見る限り

    アニメバラエティまれによくあるガバ判定

急上昇ワード

最終更新:2019/05/23(木) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/23(木) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP