今注目のニュース
実写化が期待されるマンガ6選…マンガ通なら知ってて当然!?
鳥さん困惑 自分の羽で遊んでいるときネコちゃんも勝手に参加
“栄養ドリンク味のピルクル”登場、日清ヨーク「ピルクルCHARGE」

チャオ・ユイルン単語

チャオユイルン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

チャオ・ユイルン(Chao Yuilung)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。

概要

西暦時代末期政治家教育者(A.D.2670/71-2706)。
穏やかな青年でありながら謀略に賦の才を有し、”シリウス戦役”においては反地球統一戦線の諜報工作揮、きわめて悪辣にして効果的な策略をもって地球軍を内部崩壊に導いた。

経歴

謀略家として

いうちに両親と離別し、夫婦を親代わりとしてシリウスロンドリーナのラグランに育ったチャオ・ユイルンは、19歳だった西暦2690年当時、音楽学校作曲を学ぶ身であった。彼は当時諸植民惑星を席巻していた反地球革命運動どころか政治にも特に関心のない内気な若者であったが、この年の”ラグラン事件”において、保安部隊の差別射撃によって夫婦を失ったことで、彼の進路は大きく変わることになる。

当時3歳の甥チャオ・フォンを連れてラグランを脱出した彼は、翌2691年の2月28日プロキシマ系第五惑星プロセルピナにおいて、いずれも”ラグラン事件”で全てを失った、カーレ・パルムグレンウインスロー・ケネス・タウンゼントジョリオ・フランクールの三人と出会った。地球支配の打倒を同志である四人の青年、”ラグラン・グループ”の会同である。

この四人組のなかで、チャオ情報、謀略、破壊工作を任務としており、地球支配の打倒という究極標のために、志を同じくするはずの者たちを陥れることも辞さなかった。彼はまず、「下級悪魔も鼻むほどの辛辣な策謀」でもって優柔不断であった旧導部に”地球スパイ”というレッテルを貼りつけ追放、対立する革命たちを次々と粛清し、”ラグラン・グループ”をして反地球統一戦線の導者に仕立て上げたのである。

以後もチャオは、地球に対する勝利のため、敵味方関わらずに多くの人間を陥れていった。中でも大きな貢献は、ヴェガ域会戦において反地球統一戦線が歴史勝利を挙げたのちの地球軍上層部に対するものである。チャオはこの戦いで協調と連絡を欠いて敗北した地球軍の指揮官、いずれも卓越したを持つコリンズ、シャトルフ、ヴィネッティという三提督の間隙にをつけ、陰謀の糸をり巡らせた。その結果、ヴィネッティコリンズを、シャトルフがヴィネッティを、そしてヴィネッティの部下がシャトルフをそれぞれ殺地球軍のは著しく減じられ、反地球統一戦線は地球軍に対する以後八四回すべての戦闘勝利することになるのだった。

勝利と隠棲、そして死

そして2704年、地球反地球統一戦線の包囲するところとなった。チャオはこのとき持久戦をし、フランクールの全面攻撃案との折衷案が取られたすえ、彼らは地球を滅ぼした。戦後成立することになった”ラグラン・グループ”の導による人類支配体制において、反地球統一戦線の政治委員であった彼も副首相や内務長官の地位を示されたが、彼が望んだのは再建中の故郷ラグランにつくった小さな音楽学校の理事長兼校長事務員という立場だけだった。

しかし、彼が約15年前に望んだ音楽に立ち戻り、子どもたちに歌やオルガンを教え、お菓子を与えて満足しているあいだに、シリウスの支配体制は大きな変化を迎えていた。”ラグラン・グループ”の中核であったパルムグレンが病死し、対立と抗争の末にタウンゼントがフランクールを斃して人類の最高権者となったのである。そしてタウンゼントは、隠棲したチャオ過去に示したあまりにも苛な謀略を危険視するに至った。

フランクールが死んだ一週間後、公安局の武装捜官8名がチャオのもとを訪れ、過去反地球統一戦線内で行った粛清を理由とする逮捕状を示した。チャオは成長した甥からの逃亡の奨めを断ると、サインしたオルガンの支払書を手渡して別れる。そして20分後、校長室に入った公安局員が睡眠薬により睡したチャオを発見し、さらに20分後にその死が確認された。

これについては、「ぬれたハンカチを気持ち悪そうに両手でひろげている」男が校長室から出てきたという撃談もあるが、この傑出した謀略の死に更なる陰謀が隠されているのかは定かではない。甥フォンは公安局の監視を逃れたのち、タウンゼント暗殺の首謀者ともされたが、こちらも相が明らかにならないまま、人類社会90年にわたる混沌の時代を迎えることとなった。

人物

彼は影から地球の支配を打倒した謀略であると同時に、子どもによくなつかれる「やさしい校長先生」でもあった。中央政治から身を引いて地方都市音楽学校校長というを選んだことについて、彼は「”革命という熱病からも、政治という悪疫からも全に解放されて”本来の姿にもどった」としており、卓越した謀才にも関わらず、反地球統一戦線を支える謀略という立場が彼の望んだものではなかったことがえる。

自らが弄した謀略について、チャオはその死の直前にこうっている。

私にとって謀略とは芸術だったが、タウンゼントにとってはビジネスだった。私が彼に敗れたのは当然だ。を恨みようもない

関連動画

関連項目

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2017/06/04(日) 18:36:00 ID: cJiKCz+PXs

    この人の最後って望み通り政治軍事から離れて歴史になれたヤンの末路って気がしなくもない

  • 3ななしのよっしん

    2017/06/14(水) 15:51:19 ID: Qu5KEJbY6Q

    >>1
    軍が中心の政治には変わりなかっただろうね。2527年の聴会や2690年の軍法会議を見るに、議会や法ですら軍に操られてたわけだから。
    チャオに関しては、ヤンと同格の、異なる時代の人間って感じかな。

  • 4ななしのよっしん

    2017/07/18(火) 07:17:56 ID: FnZ1Wc8nKD

    恐らくモデル(の1つ)は張良なんじゃないかな。

    ・あくまで的は滅ぼされた故の復復讐。自分の立身出世は考えていない。
    ・清廉な人柄に反してあくどい戦略
    革命が成った後は以前の質素な暮らしに戻る
    等々。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP