チャンドラ・ナラー単語

チャンドラナラー

  • 2
  • 0
掲示板をみる(71)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaarは、TCGマジック:ザ・ギャザリングに登場するプレインズウォーカーの一人である。人間女性。炎や混沌、情を魔法に長けている。特に火炎を用いた相手への直接的な攻撃を得意としており、術士と呼ばれることもある。

プロファイル

チャンドラ・ナラーは魔法を操るプレインズウォーカーです。 彼女は炎と、炎と、さらなる炎を操る、術の達人です。

精巧なものには美徳など存在しません――すくなくとも、炎の魔道士、チャンドラ・ナラーの関心の及ぶ範囲では。 衝動的で、情熱にあふれ、気の短い彼女は、さらに増えつつある彼女呪文の数々と同じぐらい爆発寸前です。 チャンドラのは、彼女がまだ非常に幼かったときに火が入り、その後成長していく中で、彼女の炎の魔法プレインズウォーカー並みに強なものとなったのです。

巨大で予測不能であるこの強な術師を制圧し支配しようと様々な権威ある人々がその術を探りましたが、そのことごとくが独り立ちと自由めるチャンドラと直に対立することとなりました。 チャンドラの内なる荒々しき炎が法則縛りの様々な世界に触れたとき、そこに残るものは間違いなく破滅だけです。

WotC公式exitサイトより)

とあるように、チャンドラは短気で衝動的、また情熱的な“らしい”性格をしている。彼女は普段は濃いオレンジ色だが、呪文を唱える際にはそれが炎となって燃え盛る。その気性のしさを端的に示している特徴と言える。

「何にでも火をつけてきたよ――、岩、にまでもね。 次はを燃やす番さ。」 

ーー《チャンドラの吐火》フレイバーテキストより

があれば焼き尽くして解決する、それが彼女の処世術である。

MTGの長大なバックストーリーの中において、チャンドラは割と最近に登場した人物である。ある出来事の余波で生じた巨大な「次元の裂け」、そしてそれを修復する過程において注ぎ込まれた大なマナ(魔)の影によって、プレインズウォーカーの性質は変化し、それまでの絶対的なは失われてしまった。漫画(後述)の作中でも、ケファライにおける魔道士との戦闘中にチャンドラのマナが“尽きかける”描写がある(かつてのプレインズウォーカーはほぼ尽蔵にマナを扱えたが、変化後は一般の魔道士と同じように土地からマナを引き出す必要がある)。とはいえ、次元渡りが可な存在は依然としてプレインズウォーカーのみであり、それを抜きにしてもを持つ者と持たぬ者の実差は大きい。マナしく消費した後なのに軽々と《インフェルノ》を撃っている所からもそれは明らかだろう。

彼女修行していたケラル・キープの僧院は、彼女が生まれるか昔に活躍していた術士のプレインズウォーカー、ヤヤ・バラードが設立したものである。チャンドラは自らと同じような存在のヤヤ・バラードに時折思いを馳せているようだ。ただ、ヤヤ・バラードにあって知性であり、魔法論だが自らの知恵や機転によって数々の物事を解決していった。「とりあえず燃やす」チャンドラとの性格や貫の違いは歴然である。

生まれは機械技術に優れたカラデシュ次元で、工であるピア・ナラーキラン・ナラーの元に生まれた。
しかし、チャンドラはその性格が災いし、工としての才が芽生えることはなかった。
11歳になったある日、チャンドラは自身に炎を扱う魔術の才があると確信する。しかし、カラデシュでは機械を用いずに魔術を扱う者は迫を受けており、の制御ができず意図せずに鋳造所を破壊してしまったことから両親とともに追われる身となってしまう。
チャンドラと両親は追っ手から逃げるため各所を転々とするが、遂には潜んでいた村を追っ手に発見されてしまう。そのまま屈さず抵抗したものの、捕らえられてしまい、父親はその場で処刑され、母親は潜んでいた村ごと焼かれてしまう。
チャンドラはそのまままで連れて行かれ、公開処刑とされてしまうが、執行寸前に自身に秘めた怒りとともに最大の術を放ち、辺り一帯を焼き払う。その間、チャンドラにプレインズウォーカーり、気を失ったチャンドラは気がつくとレガーサ次元プレインズウォークしていた。
レガーサでは自身の術の才をケラル僧院の修士に見出され、以後はそこを中心に術の才を磨いていった。しかし、自身の過去罪悪感からにも話すことはかった。

魔導士プレインズウォーカーであるジェイス・ベレレンとはの仲。マナの相性(は対抗色の関係にある)もそうだが、ジェイスの陰気な性格が性に合わないのかもしれない。小説中でも聖域の巻物を巡って大立ち回りを演じたり、ゼンディカーストーリーでも再会していたり、「ジェイスvsチャンドラ」というテーマデッキにもなっており、更には後に彼が実質的なリーダーを勤めるプレインズウォーカーの同盟「ゲートウォッチ」に加盟するなど、嫌いは嫌いだがなんだかんだで相性はいい様だ。

電撃コミックスにおいて、チャンドラが役の小説燃え尽きぬ炎』の翻訳漫画版が刊行されている。イラストは日よしのカードや各種イラストのチャンドラはハリウッド映画に出てきそうな精悍な顔つき・引き締まった体をしているが、日本版チャンドラはいかにも少女という感じの“萌え”ナイズされたデザインになっている。 そして同イラストレーターが描いた「ジェイスvsチャンドラ」も発売されてしまった。WotCは日本サブカルチャー興味があるらしい。いずれも市場で紹介しているので、興味を持たれた方はどうぞ。

カードとしてのチャンドラ

チャンドラとしてデザインされたカードは、2013年の頃は4枚存在した(2017年5月では約7枚)。パーマネント・タイプはいずれもプレインズウォーカー神話レア。(ローウィン版の《チャンドラ・ナラー》のみレア)

Chandra Nalaar/チャンドラ・ナラー(3)()() 
プレインズウォーカー — チャンドラ(Chandra)

[+1]:プレイヤー1人を対とする。チャンドラ・ナラーは、そのプレイヤーに1点のダメージを与える。

[-X]:クリーチャー1体を対とする。チャンドラ・ナラーは、それにX点のダメージを与える。

[-8]:プレイヤー1人を対とする。チャンドラ・ナラーは、そのプレイヤーとそのプレイヤーコントロールする各クリーチャーにそれぞれ10点のダメージを与える。

6

ローウィンで登場。

プラスプレイヤーに1ダメージを与える。これは対戦相手のプレインズウォーカーに直接ダメージを与えるでもある。クリーチャーは対にできない。小マイナスは忠度を引き換えにしたX点火力。初期値は6なので最初は6点までクリーチャーに飛ばせる。大マイナスは対プレイヤークリーチャーごと丸焼けにする。これを当てればほぼ確実に勝利できる。最初のプレインズウォーカーだったせいか、プラスが悲惨である。あまりの弱さに実質大マイナスく、小マイナスも5マナ呪文でやってる場合ではなく、結局ろくな出番はかった。

しかし、Magic2010が発売され、これが再録されると同時に《悪天使》が登場すると状況が変わった。ヴァラクートと呼ばれるデッキではコントロールデッキに攻撃手段をつぶされてしまう上、メインデッキでは《悪天使》を抑える手段がいため、サイドボードとして使用されるようになったのだ。《悪天使》のタフネスは5であるため、小マイナスを使っても戦場に残っており、地味ダメージを与え続けることができる。コントロールにはほとんどクリーチャーが入っていないため、次が登場する頃には5以上まで回復しており、これ1枚で勝利できるという寸法である。

このカードジェイスvsチャンドラにKev Walkerによる新規イラストexitで収録され、レアリティ神話レアとなった。また、日本語版では日よしのによる新規イラストexitとなっている。この日本語版、日本ではオリカくさいとあまり評判はよくなかったが、海外では大人気だったそうである。

Chandra Ablaze / 燃え立つチャンドラ (4)()()
プレインズウォーカー — チャンドラ(Chandra)

[+1]:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対とする。カードを1枚捨てる。これによりカードが捨てられた場合、燃え立つチャンドラはそのクリーチャープレイヤーに4点のダメージを与える。

[-2]:各プレイヤーは自分の手札を捨て、その後カードを3枚引く。

[-7]:あなたの墓地にあるインスタント・カードかソーサリーカードの望む枚数の組み合わせを、それらのマナコストを支払うことなく唱える。

5

ゼンディーで登場。

2回のチャンドラは間のシナジーを重視している。プラスと小マイナス墓地カードを貯め、大マイナス一気に決着! ……と言いたいところだが、そんな都合よく回るわけがない。カードを捨てないと忠度が1上がるだけという単専用感溢れるプラスのくせに6マナという圧倒的重さ(単的に)に加え、ミラディン傷跡で《槌のコス》という向きのプレインズウォーカーが出てしまい、最初から出番がかった。

しかし、Magic2012が発売され、《チャンドラのフェニックス》が登場すると状況は変わった。このカードインスタント呪文のソーサリープレインズウォーカーダメージを与えると、墓地から手札に戻ってくるクリーチャーである。これをプラスの対価にすると、毎ターン4ダメージを与えられ、忠度は上がりウハウハである。しかも、単体としての性も優秀なのでチャンドラが出るまで普通に出して普通に死んで普通っていただけるという至れり尽くせり振りである。それでも見るのはフェニックスばかりだった気もするが。

Chandra, the Firebrand / 炬火のチャンドラ (3)()
プレインズウォーカー — チャンドラ(Chandra)

[+1]:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対とする。炬火のチャンドラはそれに1点のダメージを与える。

[-2]:このターン、あなたが次にインスタント呪文かソーサリー呪文を唱えたとき、その呪文コピーする。あなたはそのコピーの新しい対を選んでもよい。

[-6]:最大6つまでのクリーチャープレイヤーを対とする。炬火のチャンドラはそれらにそれぞれ6点のダメージを与える。

3

Magic2012で登場。

3回のチャンドラはプラスが1ダメージ(クリーチャーにも飛ぶ)、小マイナスが《余韻》、大マイナスが強な複数火力となっている。マナコストが下がり、多色デッキに投入しやすくなり、扱いやすいプラステクニカルな小マイナス、初代を思わせるゲーム終了級大マイナスと今までとは一線を画した性となっている。公式サイトでもコラムを書いてexit宣伝していた。

…一線を画した性にはなっているのだが、時代の風はまったく吹いておらず、いまだにこれといった成果は出していない。《ソリン復讐》という10点ものライフを削るソーサリーと一緒に使われていたことがあったが、単などで《ソリン・マルコフ》を入れるタイプデッキに押されてしまった。シングルカード価格も登場直後こそ2000円越えの高額で取引されていたが、次第に下がっていき2012年11月現在では500円お釣りがもらえるほどまでになってしまっている。

ただ、過去の経歴を考えるとMagic2014あたりでなにか相性ばっちりのカードが出ることが期待できる。Magic2014で相性ばっちりな《チャンドラのフェニックス》が再録された。……お前Magic2012で一緒にいたけどぜんぜんコンビ組んでなかったじゃないか!そこで座ってろ!

Magic2014には《術師の篭手》というインスタントとソーサリープレインズウォーカーが与えるダメージを2点増加させるアーティファクトが登場した。1ダメージではダメダメでも3ダメージなら強い。きっと、たぶん、なんとなく。ま、ままままだまだあわてるような時間じゃない。4枚のほうが強そうだけど「いらない子キャラ」じゃないんだってば!

Chandra, Pyromaster / の達人チャンドラ (2)()()
プレインズウォーカー — チャンドラ(Chandra)

[+1]:プレイヤー1人を対とし、そのプレイヤーコントロールするクリーチャーを最大1体まで対とする。の達人チャンドラはそのプレイヤーに1点のダメージを与え、そのクリーチャーに1点のダメージを与える。このターン、そのクリーチャーではブロックできない。

[0]:あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。このターン、あなたはそれをプレイしてもよい。

[-7]:あなたのライブラリーの一番上から10枚のカードを追放する。これにより追放されたインスタント・カード1枚かソーサリーカード1枚を選び、それを3回コピーする。あなたはそれらのコピーを、そのマナコストを支払うことなく唱えてもよい。

4

Magic2014で登場。アナタノゥコトヲォカンガエルト…アツクナッテクルノ

プラスは定番の1点火力技。プレイヤークリーチャーに1ダメージを与え、クリーチャーブロック不能にする。最大1体のクリーチャー、なので全クリーチャーが対に取れない状態でもプレイヤーダメージを与えることができる。ブロック不能の効果のおかげで大きいクリーチャーしかいないときもそれなりの成果を出せるようになった。

ラマイ0は特殊な手札追加。ターン終了時まで1枚引いている、というイメージである。追放したカードはそのターン中しか使用できないが何を追放するかは不明、と少々ギャンブル性が高い効果でもある。それでもマナを使わず毎ターン手札を増量できるのは、としては破格の性である。マナコストはしっかり要されるので即起動してもほとんど恩恵を受けられないことには注意が必要である。

余談だが、このが持つ新しい特徴「他の色がすることを効率よく真似できるが、時間制限がある。」を基にしたデザインである。今後、時間制限つき手札破壊とか時間制限つきカウンターとか妙なものが増えていくのかもしれない。

マイナス呪文の乱れ撃ち。一番威のある火力を3倍にして大ダメージを狙うもよし、土地破壊を3倍にするもよし、と組んで大量ドローするもよし。ただ、漫然とこれを使ってもいまいちぱっとしない結果に終わると思われる上に0との相性もあまりよくない。構築段階での調整が必要だろう。

《炬火のチャンドラ》とべると火力の性強化が大きい。擬似ドローも《余韻》ほどにはタイミングを選ばないため、均的に見て強化されていると言っていいだろう。Magic2014発売当初では1枚1600円くらいとかなり高額な相場となっている。またワンコインストレージ行きなのかこんどこそトップレア街道を歩むのか注である。

2013年10月後半では3500円程度まで値上がりしている。大きめのクリーチャーで殴りあう環境となったため、ブロック禁止が前評判よりも強かったこと、テーロスブロックで再登場した「占術」[1]が0と相性がよいことが決め手となり、が絡むデッキで広く使われている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *「占術○」という形式で書かれ、ライブラリー(山札)の上から○枚のカードを見て、一番上か一番下におくことができる。2以上では上と下に分割もできる。テーロスではミラディンブロックの強火力呪文マグマの噴流》が再録され、戦場に出た時「占術1」を行う土地シリーズが登場した。
この記事を編集する

掲示板

  • 69 ななしのよっしん

    2020/07/22(水) 16:29:51 ID: yECZGRp+zH

    >>sm37224182exit_nicovideo

  • 704646

    2020/12/04(金) 16:24:22 ID: C8E5xlueGU

    要するにめぐみんのご先祖様?

  • 71ななしのよっしん

    2020/12/09(水) 14:59:35 ID: NC42MrptKd

    弱い弱い言われてたのがウソみたいに強いM20と争大戦のチャンドラ
    そうだよ...そういうのでいいんだよ。

    とか思ってたらM21のはよわ...くはないが絶妙に使いづらいチャンドラ
    これもうわかんねぇな

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/02/28(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/02/28(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP