今注目のニュース
「5人が並んで花火を見ている写真が撮れた」 しかし、人ではなくまさかの…
見なくなった「2000円札」に店員が“偽札”疑い? 沖縄では10年で流通数倍増
『スーパーロボット大戦』シリーズがPCに進出。『V』および『X』がスイッチとSteamに移植

チャーチル単語

チャーチル

掲示板をみる(24)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
項目の分割 この項をチャーチル(戦車)とチャーチルに分割する提案が出されています。
掲示板にて同意が得られると、作業は開始されます。

チャーチル(英:Churchill)とは、

  1. 英国の大貴族・マールバラ公爵の姓。正確な姓はスペンサー=チャーチルという複合姓であり、チャールズ皇太子の元妻・ダイアナもこの血を引く。チャーチル姓を名乗る中で最も有名な人物は、WW2期と冷戦初期に英国首相を務め、ノーベル文学賞受賞者ともなった政治家ウィンストン・チャーチルであろう。 → ウィンストン・チャーチル
  2. イングランドスコットランドイギリス所属の軍人。 → ジャック・チャーチル
  3. Mk.Ⅳ歩兵戦車称。ウィンストン・チャーチルにちなんで命名された。

以下、3.について記述する。

概要

1930年代WW2末期までの英国軍の二大戦車区分「歩兵戦車」「巡航戦車」のうち、歩兵戦車完成形と称される戦車である。英国歩兵部隊にとっての頼れる破槌として、歩兵の征く所ならどこへでも追随できる不整地機動と重装甲で高い評価を受けた。またソ連へのレンリース提供された車両の一つであり、ソ連軍においても高い信頼性と重装甲で優秀な戦車と認められている。ま、脚の遅さのことは忘れるんだ。

開発の経緯

1939年WW2勃発をうけ、英国陸軍では再びWW1のような塹壕戦が発生した場合に備え、それに適応した新歩兵戦車の開発をスタートさせた。 ……というが、もともと英国陸軍が戦車を開発した理由も塹壕戦対策であり、その結果がMk.1戦車のような菱形戦車20年を経た程度で英国紳士の思考回路が変わるわけもなく、同じ要仕様に同じ思考回路で臨めば当然結論も同じになるわけで、おいおい1940年にもなってまた菱形戦車を作る気かよ……とさすがにかがツッコんだらしくこの計画は試作どまりで一度ご破算と相成った。

…はずだったのがフランス戦で大負けに負けた英国陸軍はダンケルクから泡くって逃げ出さざるを得なくなり、小銃から重火器までのことごとくの軍事物資を放棄することになってしまった。いつドイツ軍が上陸してくるかわからない、もうなんでもいいから早急に軍の再武装化を! という状況の中、上述の計画はちょっと手直しをうけて再起動することとなる。想定戦場とか要仕様とかの不適合よりも、とにかく「試作車両つくれるくらいに計画がまとまってる」ことのほうが優先されるくらいに危機感抱いてたわけです。そして内あちこちからあがってきた急造兵器リストを眺めていた当時の首相ウィンストン・チャーチルがこの戦車の計画を気に入って「これ素晴らしい、最優先で生産しろ」と示を出したことから、このMk.Ⅳ歩兵戦車は「チャーチル」と称を持つこととなったという次第。

特徴

初期に2ポン体に3インチ(76.2ミリ)榴弾を装備。とりあえずこれで「(歩兵に向けて撃つ)榴弾を撃てない歩兵戦車」と皮られることはなくなった。後にに6ポン(これも榴弾撃てない…)、さらに75ミリを積むようになり、体の榴弾は撤去されている。また歩兵支援用にはほぼ同構造ながら、「に3インチ榴弾体に2ポン」を積んだモデル作ってみたり、95ミリ榴弾を積んでみたり……とさまざまなパターンが作り分けられている。

防御については菱形戦車もどき計画の頃から重点的にリソースが振り向けられており、チャーチルも初期で正面装甲100ミリえ、後期では150ミリえを達成してドイツ戦車と同等以上の防御を持つに至った。

機動については菱形戦車もどき計画の頃からあんまり考慮されておらず、初期でも25km/h、装甲や武装の強化が行われた後期については20km/hくらいしか出せなかった。まあ歩兵の駆け足よりちょい速いくらいの速度が出ればそれで充分というのが歩兵戦車なので、特に問題視はされてなかった模様。そのかわりに歩兵が行ける場所はどこにでも行けると言われた不整地機動の高さは特筆モノであり、実戦では守備側が想定してなかったルートからの奇襲・強襲で敵地を突き崩す活躍をしばしば見せた。また、この時代の戦車ではしい信地旋回を持っていたことも特筆に値するといえよう。

1941年6月に配備が開始されたものの、本格的に実戦に参加するようになったのはかなり後のことであり、その期間を不具合の洗い出しと修に向けることができたことで、大戦後期の頃には(英国戦車としては)あらかた不具合もなくなり、信頼できる車両・成功した歩兵戦車として歴史に名を残すこととなった。

戦史

初陣は1942年フランス奇襲上陸作戦、通称「ディエップの戦い」。奇襲上陸して6時間で撤退するという意味の分からない作戦的、「民間人を巻き添えにする」「奇襲攻撃の意味がなくなる」「駆逐艦以上の大艦艇は喪失リスクがあるので作戦に参加させない」等々の理不尽な理由でほとんど皆無だった準備攻撃、挙句の果てに口の軽い英軍将校がこの作戦パーティー言してしまいドイツ軍作戦内容が筒抜けという、おおよそ考えられる限り最悪の条件が積み重なったこの作戦首相の名を冠した戦車初陣とか何の嫌がらせだ。投入されたチャーチルはもちろん1両も帰還することは出来なかったものの、撃で失われたのは30両中わずか2両だけでとりあえずの実戦テストは成功した? のか?

本格的な参戦は43年のチュニジア戦線からで、ノルマンディー上陸作戦には戦車タイプだけでなくさまざまな改造を施された攻略用の戦闘工兵車両タイプも参戦している。以降、ドイツ降伏まで英国歩兵部隊のお供として戦い続けた。制権を連合がほぼ握しドイツ軍電撃戦を再演する余はもはやなく、後は確実にドイツ軍を押し包んで圧殺していくことが望まれた戦況において、チャーチルの鈍足さと重装甲はむしろ戦況にマッチしていた、のかもしれない。

レンリースソ連にも250両ほどが渡り、スターリングラード戦以降各地を転戦している。上述の通りソ連軍からも優秀な重戦車として高く評価された。しかし反共義者として知られるチャーチルの名前を冠した戦車ソ連史に載せることは許されず、長らくそのの活躍は歴史から消されていたことが冷戦終結後に明らかになっている。例えばクルスク戦時にドイツ軍ティーガー戦車を体当たりで撃破したとされるスクリキン少佐率いる戦車隊の装備車両は、史実ではチャーチルであったがソ連史ではKV-1だったことにされてしまっている、等々。

WW2後もチャーチルは朝鮮戦争で実戦に参加、その後も長らく現役にとどまり最後のチャーチルが制式装備から外れたのは1965年のことであった。戦闘工兵車両タイプ改造された車両であるチャーチルAVREシリーズはさらに後年まで用いられている。

関連動画

レストアされた実の走行動画キャタピラ萌え

2012年秋アニメガールズ&パンツァー」にて敵チーム戦車として登場。重装甲も作中で再現されてます。

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 22ななしのよっしん

    2015/05/01(金) 22:20:29 ID: KOkT2A6A/l

    おいやめろ、やめてさしあげろ

  • 23ななしのよっしん

    2016/05/24(火) 22:45:30 ID: 07p/JZSGe9

    MK.75mmの照準器って、
    弾道特性似てるとか新品用意してるヒマしとかだったりで、
    6pdrのままなの?
    ガルパン劇場版見てたら横に「6pd」ってあって
    ふと気になったんだけど。

  • 24ななしのよっしん

    2016/05/28(土) 23:51:02 ID: 07p/JZSGe9

    >>23自己?解決。修正入ってた。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP