チュウワウィザード単語

チュウワウィザード

4.4千文字の記事
掲示板をみる(57)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

チュウワウィザード(Chuwa Wizard)とは、2015年生まれの日本競走馬青鹿毛

町・ノーザンファーム生産、東・大久保志厩舎所属
馬主中西(大阪にある医療法人の理事長。冠名「チュウワ」を使用)

な勝ち
2019年JBCクラシック(Jpn)、2020・22年川崎記念(Jpn)、2020年チャンピオンズカップ(GⅠ)
2018年名古屋グランプリ(Jpn)、ダイオライト記念(Jpn)
2019年平安S(GⅢ)

名前は「冠名+魔法使い」。

概要

キングカメハメハチュウワブロッサムデュランダルという血統。

キングカメハメハは最説明不要の名種牡馬、詳しくは個別記事参照の事。のチュウワブロッサムは現役時代ダートで4勝を挙げた。マイルCS連覇など競馬界を賑わせた追い込みである。
4代重賞5勝を挙げたダイナフェアリーで、その孫にあたるオータブリーズの一族は近年ダート界を中心に活躍を送り出しており、代表例が本のいとこにあたるルヴァンスレーヴである。
ちなみにリアルダビスタ企画繁殖牝馬シュシュブリーズが本のいとこにあたる。

砂の魔法使い

~4歳まで

デビュー較的遅く、3歳2月京都開催で初出走。ダート1800m戦で1番人気に推されここを快勝。昇級初戦を3着に入り、3ヶ間をけて続く500下条件を勝利。また昇級初戦を3着に入ると麒麟山特別(1000万下)、オークランドRCT(1600万下)と連勝し、12月師走S(OP)を2着に入る。

その後年末の名古屋グランプリに出走。ダート2500mの長丁場戦では同期で既に重賞を勝っていたグリムに次ぐ2番人気となる。9頭立ての中道中は3番手に構え、最後の直線だけでミツバ、グリムを交わして重賞初制覇となった。

年が明けて東海Sに出走するがここでは好位から上がって行くもインティ逃げ切りを許し2着。しかし続くダイオライト記念では逃げオールブラッシュを見る位置から進め、直線入口で先頭に立つと後は後続を放し、最終的に4身差で快勝。更に平安Sへと出走するが、ここでは16頭立ての11番手、控えて進んだ所勝負所でも上がっていかなったが、直線でモズアトラクションと競り合うように直線を上がり、最後にハナ差抜け出て重賞3勝となった。

そして遂にGⅠの檜舞台帝王賞へと出走。ここではインティが1番人気で、続く2番人気に本、3番人気オメガパフュームという状況。レースでは4番手から進め、インティを捉え残り200mで一時先頭に立ったものの外からオメガパフュームに交わされて2着となった。

その後休養の後JBCクラシックに出走。2019年JBC浦和開催となり、クラシック1800mで開催された。ケイティブレイブゴールドドリームが不在ということもあり、戦前ではオメガパフュームとの一騎討ちとの見方が強く、1番人気はチュウワウィザードが推された。上は川田将雅
レースでは中先頭のワークアンドラブ、シュテルグランツから離れた4番手から進めるが、小回りという事もあり向こう正面で進出を開始。3,4コーナー中間で既に先頭に立ち押し切りを図る所、直線ではオメガパフュームとの競り合いとなり、最後の直線はクビの上げ下げとなる。軍配が上がったのはハナ差でチュウワウィザード、統一GⅠ初制覇となった。

次走はチャンピオンズカップ川田クリソベリルに騎乗する為福永祐一に乗り替わった。ここではゴールドドリームが1番人気で、チュウワウィザードは5番人気となった。レースでは内から中団の前につけて進めたが、直線で進路をくし外へ切り替えて伸びたものの前には届かず、4着となった。

5歳

明け5歳となった初戦は川崎記念が選択された。上は再び川田に戻り、相手にケイティブレイブやデルマルーヴル等がいた中単勝1.6倍の1番人気に推された。レースでは3番手から3コーナーから押し上げて直線入口で先頭に立つと、後は後続を突き放すばかり。2着ヒカリオーソに6身差を付ける快勝となった。
その後ドバイワールドカップへ出走予定だったが、現地入りした後に新型コロナウイルス感染拡大に伴いドバイミーティングが中止となり日本へ帰。次走の帝王賞ではルメールコンビを組み、クリソベリルを見る形で中中団を進んだが、4コーナーで窮屈になる所もあり、クリソベリルオメガパフューム2頭に届かず3着となった。

休養の後、初戦にJBCクラシックに出走。ここでは帝王賞上位3頭の再戦ムードが大勢を占め、3番人気に推された。レースではハナを切るダノンファラオのぴったり横につけ、直線に入ってダノンファラオを競り落としにかかったが後ろからクリソベリルオメガパフュームに交わされてまたも3着となった。

次走はチャンピオンズカップ敗のクリソベリルが圧倒的1番人気に推される中、3歳カフェファラオ、古ゴールドドリームに次ぐ4番人気となった。上は戸崎圭太
レースが始まるとエアアルマスインティ群を引っる中、中団の前に位置取る。みなく流れる展開の中徐々にポジションを上げる。直線入口で5番手、クリソベリル横に位置取るが末脚の勢いはチュウワウィザードが勝り、逃げ込み態勢のインティを捉え、追い込むゴールドドリームを2身半封じてゴール。統一GⅠ3勝となり、上の戸崎圭太は昨年11月の大怪から復帰後初となるGⅠ制覇となり、また中西オーナーも中央GⅠ初制覇となった。

ダートGⅠを4戦し2勝、2着3回と好走した事もあり、2020年度最優秀ダートホースに選出された。

6歳

明け6歳となり、サウジカップドバイワールドカップ中東遠征する事が決まった。
迎えたサウジカップではペガサスワールドカップを勝ったKnicks GoやGⅠCharlatanなどが人気となり、本ブックメーカーで5番手評価だったが、レースでは内から行き脚が付かず9着に敗れた。

続くドバイワールドカップでは米国、ドバイからGⅠ勝ちが出走せず、レーティング順で本トップ(117ポンド)と混迷模様となった。レース前に馬場入りで1頭、入りで1頭と計2頭が放するアクシデントで発送時間が遅れた事もあり混迷は一層深まった。
レースでは今度は好スタートから先団の内を確保し、最後の直線では追われてしぶとく伸びる持ち味を生かし、勝ちMystic Guideから3身3/4差離されたものの2着に入線。日本による同レース連対は2011年日本ワンツー以来、ダートでの開催だと2001年トゥザヴィクトリー以来となった。

帝王賞へ出走。ここでは大井2000巧者のオメガパフュームに次ぐ2番人気に推され、レースでは中団から進めたものの直線では脚が伸びず、テーオーケインズの6着に敗れ、内で初めて掲示板を外す結果となり、更にレース後右第一の剥離折を発症。3ヶ以上の休養が必要とされた。

折の為休養を挟んで、金沢2100のJBCクラシックより始動。1番人気には帝王賞を勝ったテーオーケインズ、続いてオメガパフューム、それに続いて本が3番人気となる。レースでは人気2頭が出遅れる波乱のスタート。チュウワウィザードは終始インの4番手を追走。直線でテーオーケインズカジノフォンテンの間を割って伸びたものの、先に抜け出たミューチャリーと外から捲り上げたオメガパフュームには届かず3着となった。

続いてチャンピオンズカップに出走。ここではテーオーケインズが1番人気となり、続いて白毛桜花賞ソダシ、ディフェンディンチャンピオンの本は3番人気となった。レースでは13番から中団を追走。直線に入って外に持ち出して脚を伸ばしたものの、好位の内から先に抜け出たテーオーケインズが剛脚を披露。チュウワウィザードは6身離されたものの2着に入った。

7歳

明けて7歳となった2022年は始動戦として川崎記念に出走。前々年にこのレースを勝って以来となる川田将雅とのコンビで出走したこのレースでは単勝1.2倍の支持を受けると好位から進め、直線あっさり抜け出すと一旦は先に抜け出していた2着エルデュクラージュに4身差をつけて圧勝した。レース後、川田と管理する大久保師の両名がそれぞれインタビューで次走はドバイになる見込みと発表した。

そのドバイワールドカップでは7戦6勝2着1回でペガサスワールドカップ逃げ切ったLife Is Good2021年ハリウッドゴールドカップ(GI)の勝ちで当年のサウジカップでは2着だったCountry Grammer、2021年ペンシルベニアダービー(GI)の勝ちHot Rod Charlieらと並ぶ有勢の一に名を連ねた。最有と見られたLife Is Good逃げるのを後方から追走する展開となったが直線ではよく脚を伸ばし、先行して抜け出したCountry GrammerとHot Rod Charlieには届かなかったものの最後に失速したLife Is Goodを短頭差で交わして3着に入った。

後は帝王賞へ。9頭立て(うちJRA7頭)という少頭数で、3番人気に支持される(1番人気は前年の覇者テーオーケインズ、2番人気東京大賞典4連覇中で3年前の覇者オメガパフューム)。だが、上がり最速の366を叩き出すが、上がり3位の370で行く5番人気メイショウハリオにはクビ差届かぬ2着に終わった。

血統表

キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo
1990 鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンファ
1991 黒鹿毛
*ラストタイクー *トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
チュウワブロッサム
2007 鹿毛
FNo.9-f
デュランダル
1999 栗毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サワヤカプリセス *ノーザンテースト
*スコッチプリンセス
オータブリーズ
1998 鹿毛
*ティンバーカントリー Woodman
Fall Aspen
セプテンバーソング *リアルシャダイ
ダイナフェアリー

クロス:Mr. Prospector 3×5(15.63%)、Northern Dancer 5×5×5(9.38%)、ノーザンテースト4×5(9.38%)

な近

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/26(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/26(月) 22:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP