チューハイP単語

チューハイピー

6.4千文字の記事
掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

『チューハイP』とは、VOCALOID初音ミク』『鏡音リン・レン』『がくっぽいど』を用いて、オリジナルアカペラ曲を制作・発表する、VOCALOIDプロデューサーである。本来の投稿ネームは「のぞみまつき」。
自分で歌ってみた動画も存在するため、「歌うP」でもある。作曲の際には、まず自分で思いついたメロディー歌ってみてから制作にかかるという。

これまで

ニコニコ初参加は、2007年9月29日初音ミクのために歌を作りました。』初音ミク発売から丁度1ヶが経とうとしている頃で、VOCALOIDがいよいよ盛り上がり、復帰DTMerも新規参加者もこぞって初音ミクを買い、調整し、投稿を始めだした時期である。
この時に、チューハイPがミクを持っていたかどうかはられていないが、ミクのために歌を作り、「自分で歌った」のはおそらく、チューハイPが初めてではないだろうか。ニコニコ民の評価もおおむね好意的であり、『(歌ってる状況が)「白石みのる」みてえだなww』という書き込みもあった。
当初、ほかのミク所有者が歌わせてくれることを望んでいたようであるが、これは現在に至るまで実現していない。

その後自身でミクを所有したPは、日本古典に題材をとり、『やまとしうるはし』『Short Song-ワカタンカ-』を発表。
ミク登場初期作品のため、今日視点では歌わせ方に硬さが見られるものの(ゆえにチューハイP自身による訂版もUPされている)、古典を題材にとった作品は新鮮な驚きをもって迎えられた。当時多数の、「ミクキャラクターソング」路線とは一線を隔した独自路線の登場は、大いに歓迎され、多数の音楽ファンVOCALOID世界へ誘うことになる。

この「古典アカペラ曲化」路線は、チューハイPのいわば「トレードマーク」のような位置づけとなる。

2007年11月1日には『このはわがならず』を発表。ミクと一緒に歌い、フリーダムの楽しげな一曲となった。またこの作品から、現在の「チューハイP」のプロデューサーネームがつけられた(画像の中に「チューハイ」の缶が写っていたため)。しばらくはこの作品が「代表作」として知られていた。
20日には『円舞曲~あたらしい贈り物~』の訂版を発表。DTMマガジン催の「クリスマスソングコンテスト」で佳作に入賞する。Pのセンスが評価された形となった。
27日には『天津祝詞(あまつのりと)』を発表。コメントによる現代訳や、それを受けての英訳コメント視聴者から書き込まれた他、「歌ってみた」やキオ式ミクを用いた「VOCALOID-PV」も制作された。再生数・マイリスト数からいっても、08年10月現在ではこちらが代表作であるといえる。

変わったところでは「アイドルマスターMAD」の1ジャンル、「アイマス架空戦記」のパイオニア閣下三国志』のオープニングテーマ制作がある(『白華<こくえんびゃっか>』)。
今でこそアイマス-ボカロ間の交流はありふれただが、当時において「VOCALOIDプロデューサーが、アイマス側のために曲を制作する」ということは非常にしいことであった。『閣下三国志』は残念ながら完結の日を迎えることはなかったが、この曲は他のDTMerによって伴奏が付けられ、アイマス側の評価も好意的なものであった。

その後もピアプロ上でのコラボを積極的に行い、数々の楽曲制作・発表をこなす。
2008年8月16日には初の「神威がくぽがくっぽいど)」を用いたアカペラ曲を発表。またピアプロ上において「がくっぽいど」楽曲投稿が可になるきっかけとなった。(関連項目参照)

8月20・21日には連日の発表。特に21日発表の『富士の高嶺』は、講談社週刊少年マガジン編集部 × ピアプロコラボ企画初音ミク MIXING BOX」(通称「ミク」)のプレミアムDVDに採用され、収録された。

08年10月4日に、初投稿わたしはあなたの』をミクデュエット。その後も漫画かんなぎ』の『ハロー大豆の歌』などを手がけた。

2009年1月13日には『天津祝詞』をリニューアルした『天津祝詞2.0』を発表。画像にピアプロから絵師ashr氏のイラストと、富山県在住の写真Ohtsu K.氏撮影の美しい風景写真が使われている。

09年10月スタートした『学校法人山口学園×ピアプロコラボ 精学園高等学校校歌の募集』に同15日『大海原へ』で応募。
最優秀賞は惜しくも逃したものの、「特別賞」4曲のうちの一曲に選ばれた。
これら特別賞受賞曲はただの特別賞ではなく、機会あるごとに生徒応援歌として歌ってゆきたいとのコメントが精学園よりあった。

 

 

 

マイリストと最新作

代表的な動画

左:Pの本格的なミク作品『やまとしうるはし』(訂版)
右:チューハイP命名のきっかけになった『このはわがならず』

左中:正式タイトルは『わたしはあなたの』。自身でカバーミクデュエットした。
右中:Pによる送別の歌。

左下:Pによる「ミクのクリスマス曲」。「DTMマガジン」のコンテストで佳作となった。
右下:Pの現在における代表的な一曲。キオ式PV歌ってみた動画がある。

 

二次創作物

 

関連商品

関連項目

投稿履歴

マイリストタグ検索結果による。現在検索にかからないものの投稿日時は、推測によるもの。

この記事を編集する

掲示板

  • 13チューハイ

    2013/03/14(木) 23:09:46 ID: 6HuDRL4DrU

    ブロマガ始めました。
    http://ch.nicovideo.jp/CHU-HIexit_nicochannel

  • 14ななしのよっしん

    2018/02/21(水) 15:14:05 ID: aQ1884TSxi

    本好きから知りました
    両「祈り」は曲を聞くだけでが出ますね

  • 15チューハイ

    2018/04/16(月) 17:02:18 ID: 6HuDRL4DrU

    >>14
    ひさしぶりにのぞいたら書き込みが!
    「祈り」は祝詞ですし、自分がやらねばがやる(⇒たぶんもやらない)との使命感に燃えてやってしまいました。おおむね好評であたたかい反応が多くうれしかったです。
    反応が遅れて申し訳ありません。が出るとか嬉しいお言葉ありがとうございます!

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/26(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/26(日) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP