チンダル現象単語

チンダルゲンショウ

1.1千文字の記事
掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

チンダル現象とは、空気中や水中などで筋が見えるようになる現である。

ちんちんダルダルになる現のことではない。

概要

例えば、暗闇の中でに向かって懐中電灯を照らしたらどう見えるだろうか。マンガ的表現ではドラえもんの「スモールライト」のように懐中電灯から伸びるが描かれるが、現実ではの通りが形として見えるなんてことはなく、が当たっただけが照らされて明るく見える。
しかし、が降っていたり、ホコリが舞っていたり、が出ていたりすればどうだろう?現実世界でもマンガ的表現のようにが広がりながらまで伸びている様子を観察することができるはずだ。

このように、空気などの中に微粒子が含まれているとき、を当てると微粒子にが当たって照らされ(これを「の散乱」という)、普通は見えないはずの筋が見えることを「チンダル現象」という。

ちなみに、液体や気体の中に微粒子がたくさん漂っている状態のものを「コロイド」と呼ぶ。身近なもので言えば、牛乳溶液の中に脂肪の微粒子)、インク水の中インク顔料の微粒子)、空気中にの微粒子)などはコロイドである。
チンダル現象は、コロイドにを当たったときに起こる現である。

上図のようにの隙間からが漏れている様子を「薄明線」や「天使のはしご」などというが、これも空気中にあるなどの微粒子に、の隙間から差すが散乱されて見えるチンダル現象である[1]

もっと詳しく

チンダル現象は、コロイド溶液やエアロゾルのようなコロイド中にを照射したときに、その筋がって見えることをす。これは、コロイド中のコロイド粒子にが当たって散乱することで起こる。

チンダル現象という名前はこの現について研究したイギリス物理学ジョン・チンダルに由来する。彼はマイケル・ファラデーの後継でイギリスの王立研究所の教授になった人物でもある。

この現はミー散乱によって説明することができる。ミー散乱とは、レイリー散乱(い原因として有名)を起こす分子よりも大きな粒子による散乱である。なお、チンダル著書の中で、「のない日に遠くの小屋の屋根の上に立ち上る煙の柱を見ていた。その下のほうの背景く、上方は背景とした明るいであった。前者の部分は煙により散乱されたを見ることになるのでく、後者の部分は後方から煙を透過してくるを見ることになるのでっぽかった」と述べており[2]レイリーの散乱式に関する洞察も行っていた。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *レファレンス事例詳細(Detail of reference example)exit
  2. *コトバンク「チンダル現象」日本大百科全書の解説exit
この記事を編集する

掲示板

  • 16ななしのよっしん

    2022/08/14(日) 00:03:38 ID: gLQFACZO1O

    この記事、何の説明もなくコロイドやらエアロゾルやらが出てきて説明をめてきてる人を門前払いしてるぞ
    せめて下の具体例を先頭に持ってきて、コロイドとは、散乱とは、等々を説明しないと即戻るボタン

  • 17ななしのよっしん

    2022/08/14(日) 00:15:54 ID: SWcka3Iqey

    >>15
    一応原作に存在する話ではあるけどね
    でもこれ中学校で習う知識だから小学生知ってるっていうのはちと理があるってのは
    作中でも先生が突っ込んでたね

  • 18ななしのよっしん

    2022/09/03(土) 02:50:02 ID: XzNUZFAOJH

    この間のコナンで出てきて話題になったが、先にうらみちお兄さん知ってたっていうのも立ってたな

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/05(水) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/05(水) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP