今注目のニュース
怪盗団を支える闇医者、武見妙登場!フィギュア「ペルソナ5 武見妙」2019年6月25日受注開始
今更ですけど、フォントって何であんなに多いんですか? モリサワに聞く「フォントのユニバーサルデザイン」(5)
「転売目的はお断り」京都ヨドバシが「神対応」 エヴァファン称賛、店長に状況を聞いた

ツインシグナル単語

ツインシグナル

掲示板をみる(59)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ツインシグナル(TWIN SIGNAL)とは、1990年代エニックスの「月刊少年ガンガン」および「月刊Gファンタジー」で連載されていた漫画である。作者は大清水さち。「ガンガンWING」で番外編も連載されていた。

概要

ロボット工学が発展している近未来的な世界舞台SF漫画作品。少年・音井信くしゃみをする度に、自分の意思とは関係に“ちび”と“青年”の2つの姿に切り替わって変形してしまうヒューマンフォーロボットシグナルが主人公物語

最初期は田舎の町トッカリタウンを舞台としたドタバタコメディ要素が強かったが、リュケイオン編からシリアス要素が強くなっていった。それに伴って、「アトラダムナンバーズ」や電世界プログラムなどの設定も付与されていき、世界観が深みを増していった。当時のファンは、今でもアトラダムナンバーズ(A-A~A-S)をで言えることだろう。

連載時期は「月刊少年ガンガン」の黄金期に当たり、「ツインシグナル」は当時の看作「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」などと肩を並べるほどの人気を得た作品であった。また、この時期の他連載作品も名作が多く、浅野りんの「CHŌKOビースト!!」、くぼたまこと(「天体戦士サンレッド」の作者)の「GOGO!ぷりん帝国」などが名を連ね、駄作を探す方が苦労するほどのっぷりであった。

人気絶頂期にあった頃には、「ツインシグナル」のOVAドラマCD、北条奈による小説化作品なども出された。

残念ながらニコニコ動画では動画も少なく、あまり触れられていない領域。よって、ぶっちゃけ書くことがい。Wikipediaexitを参照してほしい。

関連動画

OVA

サウンド

パロディやMADなど

関連商品

関連コミュニティ

コミュニティ(´・ω・`)

関連項目

掲示板

  • 57ななしのよっしん

    2017/12/07(木) 19:52:58 ID: 0WrbyTa607

    後半になって描き方が変わった辺りから作者の近影や、ちびの言動がどことなく不貞腐れた様な態度になって気になってた。何かあったのかなあ。それとも気のせいかなあ・・・

  • 58ななしのよっしん

    2019/01/08(火) 20:38:49 ID: 70MVa11tYD

    続編始まった、うれしい

  • 59ななし

    2019/05/16(木) 20:11:20 ID: c6lFfqVZMR

    >>28
    変わらんよ。
    トチ狂った編集が『オレの作りたい少年誌にこんな漫画いらないもんね』みたいな感じでGファンに飛ばしたから。
    刻の大地も、騎士団も。あれでガンガン買うのやめたなぁ

急上昇ワード

最終更新:2019/06/25(火) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/25(火) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP