ツインターボ(ウマ娘)単語

ツインターボ

  • 35
  • 0
掲示板をみる(661)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(35)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スピカ宣戦布告だーっ!」

【妥 当 ス ピ カ !】
『……漢字間違ってねえか?』


ツインターボ(ウマ娘)とは、「ウマ娘 プリティーダービー」の登場キャラクター

実在競走馬ツインターボモチーフとするウマ娘である。CV:花井美春

概要

誕生日 4月13日 身長 146cm 体重 計測不能 3サイズ B72/W51/H74

暴走!爆走!いつでも走り回っている全少女
自分の限界を知らないため、ギリギリまで追い込んでしまう……のだが、極限状態を楽しんでいるフシもある。同世代にべ幼い性格で、臆面なく人に感情を伝えられる、よく言えば素直、悪く言えばワガママだけど憎めないムラッ気ウマ娘

ウマ娘公式サイトより

勝負地にピンクグリーンの袖、グレースカイブルーのド手でしすぎるパーカーワンピースモチーフ競走馬の毛色にならった髪色が基本のウマ娘キャラクターいてはしく、ハルウララと同様モチーフの毛色と全く関係ないブルー髪色(※)で、更にの内側やの裏側はライトグリーンのグラデーションというエキセントリックな配色。モチーフいメンコ(の部分は地に二本のライン)が元ネタと思われる(モチーフの勝負も同系統の配色)。何故かウサギぬいぐるみをぶら下げている。
長いツインテールゼブラカラーの両リボンピンクブルーオッドアイぐるぐる目ギザ歯アホ毛彼女自身もたぶんアホ……というマチカネフクキタル並に属性過多なウマ娘(褒め言葉)。

ハルウララツインターボの共通点は、モチーフとなるが軒並み名であるウマ娘において例外的に特殊な理由で有名なであるということが挙げられる。まあ、ハルウララと同列と言うといくらなんでもツインターボに失礼なのだが……。その何たるかは後述。

アニメでの活躍

アニメでは第2期より登場。ナイスネイチャと同じくチームカノープス所属。PVや第1話でも惜しみなく出演。チームスピカ宣戦布告の矢文を出すも、打倒を「妥当」と誤字ってしまうなどくもアホの片鱗を見せつけている。一応史実では同期であり同クラストウカイテイオー一方的ライバル視しており、ことあるごとに対決を申し入れるが、GIウマ娘と重賞1勝程度のウマ娘では直接対決の機会はまずないのであった。ちなみにテイオーには名前もまともに覚えて貰えていない。ダブルターボ!

第3話での91有馬記念回想においてその走りを初披露。前半大逃げするも、案の定終盤で尽きヘロヘロでゴールに倒れ込みブービーとなった。メジロライアンも出走していたはずなのだがモブ扱い。
 ちなみにゴールに倒れこむとき物凄い咳をしていたが、これは史実においてレース中に鼻出血を発症していたことを表しているものと思われる(は鼻呼吸のため、生死に関わることすらある危険な状態。これが原因で引退したもいるし、史実のツインターボはこの後約1年の休養を余儀なくされている)。
また、ツインターボよりさらに遅く同じく倒れた最下位元ネタはオースミシャダイである(調子レースどころではない最悪の状態だったが、これを引退レースとしていたために出走取消する訳にもいかず、最後方で事に帰ってくることにしていた)。

その後、レースもなかなか勝てず仕舞いだったが第5話で怪から復帰し練習に励んでいたトウカイテイオーと会話。レースでの勝ちを模索していたところにテイオーから「諦めない事の大切さ」を教えてもらい、ターボも再奮起することとなる。そしてこのことは恐らく両者が思っていた以上に大きな意味を持つことになるのであった…。

第10話「必ず、きっと」

3度折、世間の線、そしてライバルメジロマックイーンの走りをの当たりにして、ついに「走りたい」という気持ちを失ってしまったトウカイテイオー。しかしそこに……
注意 この項は、物語の重大なネタバレ成分を含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 


































「……ああ、キミか。ダブルジェット
ツインターボっ! 一つもあってないじゃん!」

イオーの前に現れたのはツインターボターボは「七夕賞に勝ったら対決」の約束を諦めておらず、めて挑戦場原文ママ)も叩きつけていたが、全に視されていたのでターボの方から会いに行ったのだった。当初はやんわりと拒絶するも、自分の気も知らず食い下がって「次のオールカマーで勝ったら対決」とせがむターボをテイオーは怒鳴りつけ、そもそもライスシャワーを始めとする実いの中で逃げ切れるわけもないと切って捨てる。泣きながら逃げ帰ったターボチームカノープスメンバーに感情を爆発させる。

イオーに否定された自分の勝利を見せつけ、「諦めなければやれる」と明したいツインターボ。ただ勝敗とは別に大きな問題があり、テイオーが引退行としてミニライブを行う予定であるファン感謝祭スケジュールオールカマーと被っており、そもそも見せようがないのだ。それでもターボの意思をみたい仲間たちは担当トレーナー・南坂に懇願し……

ファン感謝祭の当日、ライブ舞台に上がったトウカイテイオー。集まった大勢のファンウマ娘トレーナー含む)引退の意思を察してながらに引き留める中、突如背後の巨大モニターチームカノープスの覆面集団によって乗っ取られ、あるレース映像が映し出された。そこには……中山レース場で今まさに行われているオールカマーライスシャワー以下「勝てる訳のない」はずの実者達を置き去りにしていつも通り、いやいつも以上に逃げ続けヘロッヘロフラッフラになったツインターボが走っていた。気がつけば大差を覆す余地は失われ、から見ても勝利前。を疑うテイオーを知ってか知らずか、ターボ絶叫しながら先頭のままゴールへ突っ込んだ。 

 

「これが諦めないってことだァ!トウカイイオォー!!」

ゲームでの扱い

2021/3/9より、SSR「ターボエンジン全開宣言!」及び共通Rのサポートカードとして実装された。
逃げ脚質に関したスキルと汎用スキルしか持たず、SSRイベントレアスキルも当然逃げスキルであり得意練習スピード練習のため、サイレンススズカサクラバクシンオーなどの逃げウマ育成に役立つだろう。史実の七夕賞で自分含む5頭の逃げと争ったことを意識したのか、「対抗意識○」も持っている。なお、逃げスキルは基本的に序盤~中盤に関わるものばかりで逃げのコツ○」や終盤の逃げスキルは持っていない。実にターボ

実装アニメ2期10話の最速放映翌日であり、エピソードテキストは10話を想起させる内容になっている。イラストもよく見るとイクノディクタスだけでなく後ろに小さく体操服姿のライスシャワーが映っている(=例のレースに出走していた2人)。GⅡ(当時はGⅢ)なのに勝負を着ているのがターボらしい。アニメでも出走しないのに勝負着てたし。

まだ育成ウマ娘としての出番はいが、ゲームにはちゃんと「脚質適性」というステータスが存在するため、登場したにはどのような設定になっているか、考えるまでもない大いに楽しみなところである。

史実

えろツインターボ
全開だ!
ターボエンジン逃げ切った!
ツインターボが勝ちました!!

1993年7月11日 GIII七夕賞 実況高橋雄一アナ

1988年4月13日生まれ、ライラリッジ、レーシングジイーン(サンシー)。
ライラリッジは成績的に優れていたわけでもなく、がGIだったおかげで種になれたような地味ツインターボ自身もな勝ち産経オールカマー(当時はGIII)・七夕賞(GIII)・ラジオたんぱ賞(GIII)と一応重賞ではあるが、それでも数多の歴代名べれば並レベルぐらいの成績に過ぎず、引退後は種になったもののほとんど需要はくその後間もなく心臓発作でこの世を去っている。

だがツインターボは、今現在でもGIとも肩を並べられるような根強い人気を誇っている。

その理由は、彼が『大逃げ』だったことにある。

例えば、30代以上の競馬ファンに、ニコ動Youtubeに入り浸る若い競馬ファンに、「印に残る『逃げ』と言えば?」と聞いてみる。大抵この手の質問を投げかけると、人それぞれによって好みは分かれるだろうから、喧々囂々の大論争の火種になりがちだ。ただ『逃げ』を『大逃げ』にしてみると……ほぼ、まず確実に、ある2頭が抜きん出た支持を集めることになるだろう。

サイレンススズカツインターボだ。

ツインターボは生涯でGIIIを3勝。競走馬全体の基準で言えば十分凄いのだが、サイレンススズカとは到底べ物にならない。それどころか出場した多くの重賞レースではボロカスであったり、ともすればビリッケツの大惨敗を喫している。それはサイレンススズカとは違うタイプの大逃げ、俗に言う「玉砕」と呼ばれる所以でもあった。スタートからブッ飛ばし続けスタミナが尽きるまでひたすら逃げまくる。尽きたらそこから逆噴射。快勝か大惨敗か、ツインターボの行く先にはその二択しかない。ひどい時には第3コーナーを過ぎる前にヨロヨロと後ろへ下がっていくこともあった。

……ここまで読んで、ウマ娘から競馬世界に入った諸氏は「ツインターボ?はよく知らないけど、どう考えてもサイレンススズカの方がいいじゃん、強いし、カッコイイし」と思ったかもしれない。もし少しでもそう思ったなら、一度騙されたと思って七夕賞とオールカマーレース動画を見て欲しい。ド手な大逃げで一流を惑わす爽快感と、「それしかできないから、それでしか勝てないから、そうする」とでも言いたげな愚直な潔さと、体重410kg前後の小さな身体でへとへとになろうとも一所懸命に走り続ける姿、そしてあまりにも離れた後続との差と地鳴りのように聞こえてくるめき。それらを見ればきっとツインターボを好きになる理由が分かるはずだ。

アニメでもこのような活躍が見られるのだろうか。
そして、ゲームでも史実をえる活躍をトレーナーたるプレイヤーが実現してあげよう。


できれば、『大逃げウマ娘』として。



詳細は当該記事へ→ツインターボ

関連動画

関連静画

公式化される前に二次オリとして投稿された当時のツインターボ

関連商品

追記をお願いします。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/15(木) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/15(木) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP