ツインターボ単語

ツインターボ

3.0千文字の記事
掲示板をみる(317)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(75)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 

ツインターボとは、1990年代前半に「破滅的なバカ逃げ」というレーススタイルマニア人気を博した、非常にファンの多い競走馬である。
自動車エンジンの「ツインターボ」の項をお探しの方は即刻ターボチャージャーの記事を参照) 

今週のおすすめ この記事は第124オススメ記事に選ばれました!
よりニコニコできるような記事に編集していきましょう。
曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するウマ娘については
ツインターボ(ウマ娘)」を参照して下さい。

がいよう

1988年4月13日北海道静内町に生まれる。ともに重賞での勝ちはなく、お世辞にも血統は優れてはいなかった。
にもかかわらずかなりの小柄。レースで走れば、周りのより一回り小さい体で非常に立った。新馬戦以外では、生涯通して常に420kg~400kg台であった。デビュー初戦から逃げの戦法をとり、競走生活を終えるまでただひたすら逃げ続けた、小さな逃亡者[1]。4歳(旧表記。以降も同様)時のラジオたんぱ賞重賞を初勝利し、セントライト記念福島記念を2着と善戦。古になってから七夕賞オールカマーを制す[2]。晩年は上山競馬に移籍。勝ったのは初戦のみで、他のレースは全て2~8遅れての最下位もしくはブービーであった。

引退後は宮城県種牡馬となるが、98年心臓発作のため11歳で死亡
産駒は既に引退し、その血は残っていない。

まあそんな書きはツインターボの魅るに際してどうでもいいことなので、関連動画を見なさい。

ツインターボ。
彼が一度走れば、スタンドからは笑いが沸き起こり、向こう正面に達する頃には地鳴りのような歓に変わる。レースが決する頃には、皆ターボのことなんてすっかり忘れている。なぜか?

ツインターボは、ゲートが開くと同時にロケット花火のように飛び出し、ペースなどという単を微も感じさせない破滅的な大逃げを打つ。その末に逆噴射を起こし、ともすれば故障発生にしか見えないようなムーンウォークを見せ、最後は歩いてゴール板前を通過する。彼の古時代はほとんどがそのような競馬ばかりであり、勝ったレース以外では、掲示板にすら載っていないどころか、惜しいというにも憚られる惨敗。古の戦績はたったの25戦3勝である。そんな愚直な競馬しかできなかった一介の逃げが、善戦続きの4歳時より、惨敗続きの古時代に人気を呼んだ。21世紀の競馬ファンならば、確実に首をひねるであろう不可解な逆転現である。

一体、ツインターボの魅とは何なのか。
それは、ターボ心かするファンが答えてくれるはずである。
「何故こんなが好きなのか?」とファンけば、彼らは口をえて言うだろう。

「だって、見ていてゾクゾクするじゃないか」
「それでこそツインターボでしょう?」

そう、ツインターボとは「様式美」なのである。
美しくもい大逃げと、その直後の急逆噴射、それがツインターボの競馬であり、勝ち負けを争うレースとは別世界物語なのである。

近年の日本競馬界が侵されている「スローペース症候群」。スタートからテレテレと走り、最後の直線に向いたらヨーイドン! そのような競馬ばかりが立つようになって久しくなった。みんながみんな同じことをしたら、特徴も何もなくなってしまう。毎度毎度レースを見れば同じような展開ばかり。

そんな時代に現れた逃げ救世主、それがツインターボ。後方で牽制しあう有に、どこ吹くとばかりに破滅的なペースガンガン加速していく。「ターボについていったらおしまいだ。どうせ最後はバテて歩くんだから」と考えて控えたら、もうそこはツインターボの桧舞台ネタ扱いされていたが、良血の強に泡を吹かせる――そんなマンガのような胸のすくレース見て、今日ターボ逆噴射を眺める。そのがいつか、現実となる日が来ると信じて。そんな彼の姿を、ファンは敬意を表して「師匠」と呼んだ。

そして彼は、七夕賞オールカマーで、そのを2度も現実化させた。ツインターボが伝説になった間であった。

ただし、この話にはオチもある。
のような重賞2連勝、その期待は天皇賞(秋)においてツインターボというネタを3番人気にまで押し上げた。
結果は言わずもがなのビリッケツ。これ以上い負けっぷりであった。

ターボの死から20年が経とうとしている現在も、競馬ファンは未だにターボ愛しオールカマー逃げっぷりを堪している。JRAが行った「20世紀の名馬アンケート」では、GI勝利ながら91位ランクインしたことからも、その根強く深いファン層が見て取れるようである[3]

時代は変わり、21世紀になった。私達は数々の名に酔いしれ、数々の個性に笑い、時には感動すら覚えている。
だが、これからいくら新しい個性が出てこようとも、永遠の大将格として、ツインターボはこれからも未来永劫され続けることだろう。

ファンに笑われながらも、
勝つため、そして生き残るため、
不器用に愚直に1990年代を駆け抜けたツインターボ。

その短い生涯は、
で鮮美しい
胸躍る『大逃げ』の代名詞として、
サイレンススズカと共にり継がれている。

けっとうひょう

*ライラリッジ
1981 鹿毛
Lyphard
1969 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Goofed Court Martial
Barra
Riverside
1966 鹿毛
Sheshoon Precipitation
Noorani
Renounce Big Game
Refreshed
レーシングジイーン
1982 鹿毛
FNo.3-e
*サンシー
1969 黒鹿毛
Sanctus Fine Top
Sanelta
Wordys Worden
Princesse d'Ys
マウタジョウオー
1977 鹿毛
*ファバー Princely Gift
Spring Offensive
ハードホープ *ダイハード
メジロホープ

クロスNearco 5×5(6.25%)

曾祖カナダ歴史的な名種牡馬ノーザンダンサー、祖フランスで短距離メインGⅠ制覇含む6勝を挙げているリファールとここまでは素晴らしい血統。しかし、ライラリッジは米国条件戦で13戦2勝を挙げた程度の実績しか残せなかったものの、半GI3勝のRiverqueenがいる良血を買われて日本種牡馬入りした。産駒はツインターボ以外に重賞勝利はいない。

レーシングジイーンは11戦1勝。産駒は他に中央で4勝したゲーリーミナレットなどがいる。

サンシーフランスで走りグレフュール賞、ノアイユ賞のほかジョッケクルブ賞2着など14戦6勝。代表産駒にハギノトップレディなどがいる。

かんれんどうが

かんれんこうもく

脚注

  1. *武豊が騎乗して後方からの競馬になった帝王賞を除く。
  2. *晩成と勘違いされやすいが、4歳時は割とりの効く「体の小ささの割に強さもある逃げ」であり、後年のピーキーレースぶりにべてむしろ熟練していた感さえある。
  3. *他にGI級未勝利ランクインしたのはステイゴールド(のちに海外GI勝利・34位)、ナイスネイチャ(71位)のみ。
この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/30(水) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/30(水) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP