今注目のニュース
エスカレーターで「身体的な事情で立ち止まっている」と示すキーホルダーが話題に 誕生の背景を聞いた
「ジョジョ」第34話、声優たちの入れ替わり演技に称賛の声「演技力の見せ所シーン」
自然に起きる500倍という速さで植物の絶滅が進んでいることが世界最大規模の調査で判明(英研究)

ティターンズ単語

ティターンズ

掲示板をみる(193)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ティターンズとは、機動戦士Zガンダムに登場する軍閥組織である。主人公営のエゥーゴと敵対する。

概要

宇宙世紀0083年、ジオン残党のデラーズフリートが起こした未曾有のテロ行為により危機感を抱いたジャミトフ・ハイマン地球連邦軍内部にティターンズというジオン残党狩りの組織を発足させた。名前の由来はギリシャ神話ティーターン族(大地の子ら、という意味)か巨人ティターニアからか。アースノイド至上義で、構成員のどが地球市民である。
体を地球連邦としているため、スカウトされてティターンズ入りした連邦兵も数多くいる。有名なのはブラン・ブルタークや不死身の第四小隊か。(連邦兵とべて)ティターンズは一階級上の扱いを受けるというルールがある事から、彼らのエリート意識の強さがえる。ノーマルスーツダークブルーを基調としたに近い色をしている。
使用する兵器体の連邦軍と似通っている。サラミス級やマゼラン級はそのまま使用しているが、独自にドゴス・ギア級を開発したり、強化人間を実戦に投入するなど戦の拡充にもを入れている。ジオン残党狩りの組織でありながら、ジオン系の技術を取り入れてモビルスーツを造るといった柔軟さも見せる。
モビルスーツは旧軍の技術を取り入れたハイザックジムの強化ジムⅡアナハイムから獲得したマラサイ等がある。

創設者のジャミトフはデラーズフリートを例に挙げて、第二のジオン公国を生むスペースノイドの脅威を説いた。この事で連邦軍は恐怖感を覚え、ティターンズの必要性を認めて予算を与えた。
正規軍から独立した柔軟な動きを以って、各地で破壊活動を行うジオン軍残党の鎮圧に奔走。着実に戦果を挙げ、連邦軍内でのティターンズの地位は徐々に強固なものへとなっていく。
その後もティターンズはジャミトフの手によって肥大化し続け、ついに連邦軍を握するレベルにまで達していった。ティターンズに優秀な人材を引き抜かれた連邦軍は弱体化し、よりティターンズ優位となる。

コロニーでは反政府運動が活発化し始めており、次第にティターンズはスペースノイドに弾圧の矛先を向ける。やがて強引な弾圧が始まり、30バンチ事件といった非人的な作戦まで行うようになった。結果、スペースノイドのティターンズに対する不満が噴出し、彼らは反ティターンズ勢エゥーゴに集約していった。
しかしガスで住民1500万人を殺した30バンチ事件はバスク・オムの独断であり、事後報告を受けたジャミトフは不快感を露わにした。

宇宙世紀00873月2日グリーンノアにて開発が進められていたティターンズのガンダムMk-2エゥーゴが強奪した事からグリプス戦役が勃発。最初は小競り合い程度であったが、やがて戦闘は大規模なものになっていく。形骸化した連邦軍にはエゥーゴと対抗できる戦かったため、対エゥーゴ戦はティターンズが対応する事になった。一応、ティターンズの要請に応じて部隊や人員を派遣しているが、グリプス戦役の緒戦はエゥーゴ対ティターンズと言っても差し支えなかった。

ティターンズは、味方の兵が残っているにも関わらずジャブローを爆破しようとしたり、エゥーゴ寄りのコロニーにガスを注入しようとしたりするなど次第に過な行動を取るようになった。不満が噴出しないよう巧みに情報操作を行っていたが、クワトロ・バジーナによるダカール演説でティターンズの非人的な行為が全世界に暴露されてしまい世論は一気にエゥーゴへと傾く。これによりティターンズは連邦軍内部でのを失い、体の連邦軍から疎まれるようにさえなってしまった。
地上の戦況もエゥーゴ有利となり、ティターンズはキリマンジャロ基地や優秀なパイロットを次々に喪失。ついに地球での戦局は挽回不能にまで追い詰められてしまった。一方、宇宙での決着はまだ付いておらず、互いを倒すだけのに欠く状況が続いた。

エゥーゴに対抗するため、ティターンズは地球圏に帰還したジオン残党軍のアクシズと手を組もうとした。もはやジオン残党狩りという創設理由に反する事までしてしまっている。しかし数度の会談は決裂し、手を組めなかった。重要拠点ゼダンの門にアクシズをぶつけられ、壊滅。逃げ出した艦隊にも被害が出ている。
最終的にコロニーレーザーを持ち出すもエゥーゴに奪取された挙句、その照準をティターンズ艦隊に向けられた事で艦隊は壊滅し、ティターンズは崩壊した。これをもってグリプス戦役は終結する事となった。

戦後、元ティターンズ兵は疎まれた。ティターンズに所属していたというだけで地送りとなった兵士も居る。

近年の展開 

上記の通り、Zガンダム劇中及び宇宙世紀において嫌われ者・連邦から見放された敗軍という負のイメージが大きかったティターンズだが、近年は連邦の官僚体制と強硬すぎるトップバスク・オム)や一部の傲慢な士官に翻弄されながらも連邦軍人としての持を貫いた『ADVANCE OF Ζティターンズの旗のもとに~』や後発のゲーム宇宙世紀作品でもティターンズ軍人の苦悩やアニメ本編られなかった「プロジェクトX」的ストーリーも展開されており、ジオン公国サイド較すると控えめではあるが、再評価されている。

ティターンズのMSも後年の「機動戦士ガンダムUC」で後継機や修機といえる機体が各種登場したり、ティターンズ製MS現在ガンプラフォーマットであるHGUCシリーズで多数リリースされており放送当時と較すると隔世の感がある。

ギレンの野望にも選択可な勢として登場。何故かティターンズ、連邦軍、デラーズフリートの三つ戦争になっており、ティターンズとデラーズフリートが一緒の時代に存在する謎の光が見られる。またティターンズの専用曲は、実に悪役っぽいテイスト
またアクシズとティターンズの登場時期が反対になっており、未だに修正されていない。先にアクシズが出現、アクジス滅亡後にティターンズが出現するため、強い敵の後に弱い敵が出現するという難易度となってしまっている。
ティターンズ編ではプレイヤーがジャミトフになるため、作中とは正反対のきれいなティターンズになる事も可。独断専行でティターンズの評価を地に墜としたバスクの処刑も可。ウレシイ…ウレシイ…。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/18(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/18(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP