ティラノ剣山単語

ティラノケンザン

  • 5
  • 0
掲示板をみる(65)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ティラノ剣山とは、遊戯王GXの登場人物である。

概要

2年デュエルアカデミアラーイエロー寮に入学した生徒で、主人公遊城十代後輩に相当する。
やんちゃな性格であり十代との決闘を通じて彼に惚れ込み、「アニキ」と呼んで慕うようになる。

同様に十代を慕っていた丸藤翔とは対立することが多いが、何だかんだいって少しは認めているようである。

幼い頃に親と共に行った化石発掘現場で、落盤事故が起こり足のが潰れてしまい、
失われたの代わりに恐竜化石を埋め込まれる。以降は奮すると瞳が爬虫類のように変化するようになる。
山自身は「恐竜DNAを取り込んで進化した」と説明している。

語尾に「~ドン」や「~ザウルス」と付け、生き物愛しているちょっぴり痛い恐竜ヲタク

その体はかなり鍛えられてえおり、かつては喧が強かったらしいが、それに反して庭的な一面も見せる。

十代に対しては異常な程に懐いており、海外版では同性愛表現の規制に引っ掛かってしまい台詞全に別の物に変更されている。アッー

物語との絡み

元は不良少年であったらしく、アカデミア入学当初は傲慢な態度で仲間を引き連れ「ティラノ団」を名乗ってデュエリスト狩りをしていた。
しかし、十代との決闘で何かを感じ取ってようで、ティラノ団を解散させ勝手に十代の舎になる。

斎王から「ストレングス徴」と呼ばれターゲットにされてしまい、決闘でも敗れてしまうが、持ち前の野生の本により何とか「の結社」への参加は免れる。また童実野町では斎王が十代たちを誘き出すための人質として利用される。
さらに斎王と十代の決闘の最中にはスペースウル(笑)と化して、ネオスと共にレーザー衛星を破壊した。
なお山本人はこの時の記憶を失っている様子である。

三年には異世界において十代たちがマルタンの元へ向かうための時間稼ぎとしてゾンビ化した生徒たちと戦った。
再び異世界を訪れた際は十代の変化に対して憎悪のような違和感を感じており、ブロンに捕らえれて十代vsロン戦の最中に消滅したが、ユベルが十代に敗れたことにより世界へ帰還する。

四年卒業デュエルでは、十代に野大悟の捜索を任される。
発見した野がミスターTである事に気付き決闘を挑むが、巧みな話術に惑わされ敗北してしまう。
その後はミスターTによってダークネス世界に閉じ込められていが、十代の呼びかけにより帰還を果たす。

使用カード

恐竜モンスターを中心に組んだパワーデッキを使用する。
エースモンスターの「ダークティラノ」のようなティラノサウルスモデルにしたモンスターが多い。
また使用カードの多くは「ストラクチャデッキ恐竜鼓動-」に収録されており、
事実上の「ストラクチャデッキ山編-」となってしまっている。

ちなみに第2期におけるメインキャラのはずなのだが、彼の勝利決闘カレー仮面こと樺山寮長戦だけである。
さすがあの人と同じイエロー寮の人間だけはある。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 63ななしのよっしん

    2020/11/14(土) 06:21:21 ID: aAWTLiSBpR

    いまだに
    変な語尾の話になると
    どこからともかく出てくるキャラ

  • 64ななしのよっしん

    2020/11/14(土) 14:30:54 ID: HwnNm89cyI

    でも本編でどんなことしてたか覚えてる人はあまりいなさそう
    この語尾で割と空気キャラというのが一番の狂気

  • 65ななしのよっしん

    2021/01/22(金) 00:16:23 ID: 0AmGhaoRfj

    そりゃ特徴が
    足の折れたから代わりに恐竜化石埋めたら爬虫類DNAのおかげで洗脳耐性ついたりスペースウルス化できたりするようになった代わりに電磁波暴走するようになった
    くらいしかないしなぁ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/12(水) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/12(水) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP