今注目のニュース
女だらけの航空会社。地上スタッフはCAから見下される?
「なんでんかんでん」川原ひろし社長は、なぜ復活できたのか?
海岸でいかだの下敷きになった女性の遺体が見つかる(台湾)

ティンホイッスル単語

ティンホイッスル

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ティンホイッスル(英:tin whistle)とは、アイリッシュ音楽で用いられる木管楽器の一種である。

概要

リコーダーと同じくウィンウェイとフィップルを持つ縦であり、メジャーケールで約2オクターヴの音域を持つ。D管が一般的だがG管やB♭管が使われる事もある。アイリッシュ音楽でよく聞くの、音の高い方の楽器と言えば分かるだろうか。楽器としてアイリッシュフルートと同じ音域のローホイッスルがある。

管体には6つの音孔があり裏孔はく、普通にやっては出せない半音階がある。円筒管の物と円錐管の物があり、材は金属や合成脂が使われ木製の物は少ない。お気づきかもしれないが材質はおろか管体の形まできっちりとは決まっておらず楽器としての定義がA=880HzのD管かその周辺のサイズで6孔の縦というくらいしかゆるふわ楽器である。一応名前(Tin)の通りブリキを巻いた管にフィップルを差し込んで歌口を開けて作った物が起ではある。

グレードは量産品とハンドメイド品に二分される。価格は前者で数千円、後者でも数万円で楽器としてはリーズナブルと言えるだろう。ゆるふわ定義の楽器なのでメーカーやビルダーによって見たも音色も大きく異なる。共通してリコーダーよりも息の抜けが良く明るい音色で息の許容量も大きく作られており、より勢いのある演奏に耐えられる様になっている。量産品では音楽的な音にならなかった息が管内でいて独特のノイズが強く出る傾向がある。とはいってもこのノイズが素で好きという人も居るので好みの問題である。実際に量産品をメインに使用するプロ奏者や効果として用いる奏者も存在する。ただし、日本製のリコーダーべると量産品でも個体差が大きい点は注意が必要である。

アイリッシュ楽器の中でも最も手の出し易い楽器であり、耐久性・可搬性も申し分ない。もしもの時のために(?)鞄に入れておいたりの中で信号待ちに吹いたりといった事はどうやら世界中のがやっているらしい[要出典]

関連動画

関連商品

いずれも定番中の定番のモデル

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2016/11/03(木) 18:53:43 ID: A0UqX0gGCi

    ティポイッスル……?(難聴)

  • 2ななしのよっしん

    2016/11/03(木) 20:59:12 ID: Vcw8TwwKHi

    投稿するのを5待てば一生後悔する事もかっただろうになと思うくらい下らないレス

急上昇ワード

最終更新:2019/10/14(月) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/14(月) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP