テキスト音楽「サクラ」 単語

168件

テキストオンガクサクラ

1.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

テキスト音楽「サクラ」とは、日本語表記も可MMLに対応したフリーウェアのMIDIシーケンサーである。

概要

くじらはんどexitクジラ飛行によって作られたMIDIシーケンサーである。
テキストによってワープロ感覚でMIDIを作成することが可

cde・・・」といったアルファベットによるMML表記の他に、「ドレミ・・・」といったストトン表記という記述が可になっており、音階や音量、マクロの命等も日本語表記が可になっている。
トトン表記とMML表記を組み合わせた記述も可である。

マニュアルや質問掲示板ユーザー投稿した曲(テキスト)の掲示板もあるため、MMLとしては較的入りやすくなっている。

音量などの曖昧さを一言で簡単に定したり、コントロールチェンジを簡易に操作するためのマクロが用意されている。
また、スクリプトが付いているため、自分で複雑な効果を行うための関数を作成し、簡単に利用できるようにする事も可である。

また、音の入方法として、盤入や五線譜入画面、リズムボックスといったものにより、マウス操作で音を確認しして選び、自動的にその音を挿入する機もある。こちらも、ストトン表記とMML表記を選択する事が可

サクラには内蔵プレイヤーが用意されているが、この他にサクラから再生するプレイヤーフリーウェアの音として、TWMUSIC2とTMIDI Playerを簡単に設定して使用することができる。

なお、サクラソースコードオープンソース化されており、2008年10月4日からGoogleCodeに登録されている。

関連動画

関連コミュニティ

MIDIポートについて

サクラにはあらかじめMIDIポートが5つ付いており、設定を行えば、外付けの音MIDI YokeやMaple Virtual Midi Cableといった仮想MIDIケーブルを使用し、VSTホストを経由してVSTの音を使用することができる。
特に設定を行わない場合は、普段MIDI再生する時と同じ音の音が出るようになっている。

サクラが対応しているTWMUSIC2とTMIDI PlayerにもこのMIDIポートはついており、サクラ内蔵プレイヤーではなくTWMUSIC2かTMIDI Playerを使用する設定にしている場合は、こちらのMIDIポートに設定を行う。

dSakura.dllについて

dSakura.dllとは、テキスト音楽「サクラ」で使用されているMMLコンパイラである。
このdSakura.dllがストトンやMML表記で記述したMMLMIDIにしてくれる。
サクラダウンロードした際に標準でついており、サクラ操作時には特に意識することなく使用している。

dSakura.dll自由に使用し、配布する事が可になっている。
サクラと同じ書き方のできる、テキスト音楽「サクラ」以外のオリジナルエディタを作成する事も可である。
また、公式サイトMicrosoft Visual Basic、Borland C++Builder、Borland Delphiで使用するためのサンプルソースが掲載されている。
これ以外にも、dllを呼ぶ事が出来る他の言でも使用可である。中には、RubyからdSakura.dllを使用するソース開している人もいる。

直接dSakura.dllを使用することとは少し異なるが、同じクジラ飛行開発した日本語プログラミング言語なでしこでは、標準で付いている「MML演奏」という命を使用するとMMLMIDIとして演奏することができ、「MML変換」を使用するとMMLMIDIに変換することが可になっている。

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/28(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/28(火) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP