今注目のニュース
危険や不審者が潜んでいる!?街中の死角…注意が必要な場所とは
人形ってリアルすぎても怖いものですね
「すみません…」に続く言葉に驚愕 エスカレーターで立ち止まっていると

テスカトリポカ単語

テスカトリポカ

掲示板をみる(28)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

テスカトリポカとは、メソアメリカ諸文明において尊崇されたである。
この記事では特に断りがい限り、クルワ=メシカアステカ)における[のテスカトリポカ]について説明する。

名称

四柱のテスカトリポカ神について

一般に、クルワ=メシカ人の神話には、テスカトリポカの名を持つが正確には四柱登場しているとされる。それぞれのテスカトリポカ、のテスカトリポカ、のテスカトリポカ、のテスカトリポカと呼ばれるこの々は、何れも始祖であるオメテオトル(男オメテクトリと女神オメシワトルが融合した状態の)の子供であり、兄弟たちであるとされている。

このうち、のテスカトリポカはウィツィロポチトリのテスカトリポカはケツァルコアトルのテスカトリポカはシペ・トテック(又はカマシュトリ)と同一視され、一般にはのテスカトリポカのみがテスカトリポカの名で呼ばれると、これまでは考えられてきた。

しかし、こうした『4色のテスカトリポカ』については、後世の解釈ミスがいつの間にか広まったものであるとの摘が存在している(四神兄弟扱い、「の」「の」などは事実だが、「の」「の」については実際には呼ばれていない)。また『彼らはオメテオトルの子供たちである』との話についても、そのように断言しない記録も残されている。

他にも、カマシュトリをシペ・トテックではなくウィツィロポチトリと同一視する記録も残されているなど、クルワ=メシカ神話文化については、いは難解な、いは紛らわしい箇所が非常に多い。

そのため現在でも様々な異動、解釈についの検証が行われ続けられ、時にはこれまでの通説を全く否定するような新たな研究の成果が書き加えられることもある。そのような状況のため、この記事内における記述についても、こののち様々に変化してゆく可性は存在している。

まるで、テスカトリポカの「気まぐれ」のように。

名前の意味

名前のテスカトリポカは、後古典[1]におけるメキシコ中央高地[2]の共通だったナワトルで、「テスカトル」()と「ポカ」(煙)を合せたものであり、全体を通すと「煙る」あるいは「煙を吐く」の意味になる。

これはヨーロッパにおける水晶球などと同様、メソアメリカにおいては黒曜石製の曇り具合の中に未来を映すと考えられたことに由来しており、テスカトリポカは、そのようにして映し出される未来、ひいてはあらゆる生命の運勢をっている存在であると考えられた。

しかし17世紀の記録の中には、先住民が唄っていたとされる大地をに例える歌も残されており、そのため大地から昇り立つ「」、または東洋的な表現で言うところの「気」のようなものを言い表した名前だった可性についても考えられている。そしてテスカトリポカは、実際に大地のとしての側面も持っている。

アステカに赴いたスペイン人の中では数少ない心ある人物だったベルナディーノ・デ・サアグンは、[フィレンツェ絵文書]と呼ばれる詳細な記録を書き残したが、この絵文書中にはテスカトリポカを言い表す表現が360ほども有ると後に確認されている。そのなものとして「イルウィカワ・トラティクパケ(と大地の所有者)」「ヨワリ・エヘカトル()」「ヤオトル(敵)」「ネコク・ヤオトル(双方の敵)」「モヨコヤニ(全者)」「ティトラクアワン々(=人間)はその者の奴隷である)」などが知られている。

信仰の歴史

一般にテスカトリポカは、およそ10世紀ごろ、トルテカ文明において発祥したであるとされる。

しかし当然の事ながら、その発祥までの全ての要素が明らかとなっている訳ではない。例えばトルテカ文明と同じ土地において先に開いていたテオティワカン文明には[網ジャガー]と呼ばれるが居たことから、その概念的影を受け継いでいる可性が摘されている。またトルテカ文明の東方1000kmほどの場所で栄えていたマヤ文明においても、神話歴史の書「ポポル・ヴフ」[3]に登場する[フラカン]や黒曜石[トヒル]、残された数々の碑文に登場する[K](カウィール)などとの類似性が摘されており、その誕生に至るまでの経緯については不明な部分も多い。

また、このが尊崇された範囲についても不明確な部分が有るとされる。何故なら、本来はトルテカ文明のであるにもかかわらず、その最も古い像はマヤ文明の都市チチェン・イツァーから発見されているが、これはいくらチチェン・イツァーがトルテカの影厚い都市だったとは言っても、トルテカの最有都市いは首都)だったトゥーラ=シココティトランから全く像が見つかっていない事実と考え合せるならばとても奇妙だからである。

しかし一説には、トルテカ滅亡後に勃したチチメカ都市の王、ネサワルコヨトルが信奉した非常に抽的な[トロケ・ナワケ][4]とはこのテスカトリポカのことだったとも言われ、また『に見えず、触れることも出来ない』ことがこのの本来の特質であるともされていた。そのため、"像の有りし"をそのまま"信仰の有りし"に重ね合わせて見ることは非常に危険であり、従って実際の信仰の範囲(広がり具合、過程)を特定することは現代でも難しいのである。

とは言え、後古典期のメソアメリカにおいては、最も有の一柱として信仰を集めていたことについては間違いい。発祥元であるトルテカ文明の影を受けた地では必ずと言って良いほど受容されたが、そうした尊崇はマヤなど他の文明圏、トルテカを打ち滅ぼした可性の有るチチメカ人についても同様で、特に先述のネサワルコヨトル王のもと、有チチメカ都市国家)の1つとなったテスココでは明らかとしてられていた[5]

そして、このテスココと同盟を組んだクルワ=メシカ人に受け入れられたことで、その宗教上における勢はますます決定的なものとなった。

一般には[アステカ]の名で知られるクルワ=メシカ人は、12~14世紀ごろ[6]にかけてチチメカ系諸民族が大規模な民族移動を繰り返していた、その最後発としてかつてのトルテカ文明圏にやって来た民族である。始めのころは同じチチメカ系に属する他の民族からも野蛮人とされるような存在だったが、強を倒すなどして次第に頭を表すようになり、ついにはかつてのトルテカ文明にも劣らない強大な国家を作り上げるまでに至った。

このクルワ=メシカにおいては、民族の守護であるウィツィロポチトリが最も厚く信奉されていた。しかしテスカトリポカもまた、ケツァルコアトル、シペ・トテック、トラロクなどと並ぶ非常に有として崇拝され、また恐れられた。王権を守護するでもあったことから王宮における事では特に長い時間をかけて祈りが奉げられたほか、民族神話においても最も重要な役割を担う一柱として登場。またトシカトルと呼ばれる大規模な祭も奉げられ広く崇拝された。

しかし16世紀になり、ヨーロッパからキリスト教徒がやって来ると、メソアメリカの諸文明は次々に悲劇的な最後を遂げざるを得なかった。長く続けられたトシカトル祭も、最後は参拝に集まった一般人に向けてスペイン人が差別攻撃を仕掛け、たった一夜8500名を越える市民意味に殺されてその遺体が中に溢れる最悪の終わりを迎えた。

また当時、メソアメリカにやって来たキリスト教徒は非常に野蛮、かつ頑迷な態度をとることが多く、キリスト教以外の宗教は全て愚かな迷信であり、不潔な悪魔の教えであると断定していた。そのためこれまで尊崇されてきた々のことも、無知なる原住民を惑わす悪魔たち、と決め付け、暴力的な侮辱行為を『たくさん』[7]行った。テスカトリポカに対しても、『まるで「対立抗争を通じての変化」を体現するかのよう』[8]と現代では評されるその複雑な性格を理解できなかったことから、「と対立のとは、結局のところは悪魔である」と単純に解釈。殿荒らすな底的に攻撃した。そのため残念ながらメソアメリカにおける他の々と同様、生贄などインパクトの強い部分を除けば、拝礼の仕方などについてその詳細は伝わっていない。

このような状況のため、21世紀現在においては実際にとして尊崇することは難しく、また人権的に見れば人間を犠牲に奉げることが問題となるため、すでに滅びた宗教として扱われる。しかしクルワ=メシカ人の立てた王をはじめ、かつてのメソアメリカにおける諸文明の歴史が次第に解き明かされるに従い、愚かな弾圧が行われる以前に尊崇されていた本来の「」としての性格も再び知られつつある。

神としての能力

一部の文書では、シウテクトリによって身体を(北欧神話の巨ユミルのように)バラバラにされる、つまり自らを生贄に差し出すことで世界を創造したかのように描かれる。これは炎、つまりエネルギー徴するであるシウテクトリと、大地と言う物質的な面をも徴するテスカトリポカ、その両者がぶつかり合うことで世界が作られたことを示しているのだとされる。しかし一般には、ケツァルコアトルと共同で第5の太陽を作った際、トラルテクトリ(又はシパクトリ)を生贄的に使い、いは何らかの魔術的なの行使によって世界を作り出したことの方が有名なエピソードとなっている。

いずれにしても世界を創るを持つ創造であり、同時に世界を破壊するを持つ破壊神としてのを持つとされる点では変わらない。また人間を始めとして、世界に住む全ての生物の運勢を自在に操るを持つほか、、地の何れの場所であれ何時でも、どこにでも存在することが出来、にも何に対しても一切遠慮をせずに不和を撒き散らしては、それぞれの争いの結果をも決めるとされる。

あまりにも圧倒的なを持つであるためしばしば全知全と表現されるが、それは神話上においても同じで、他の要なをさえも圧倒し、その権勢にまかせて自由に振舞う姿が描かれる場合もある。ただし数少ない例外として、文化であり、同時に伝統的秩序の守護としての性格も持つケツァルコアトルとだけは、る程度対等の関係であるかのように描かれることも多い。

人間に対しては、特に王族、軍人(戦士)、魔術師奴隷犯罪者(泥棒)などを守護するとされ、既存の社会秩序には全く捕らわれることく、現実を持っている者、自分自身のを示そうとする者、強くあろう、強くなろうとする者たちを祝福する存在として知られる。そしてこのような、名的なものを排し、あくまで実質義的な""を賞賛する部分こそがテスカトリポカをテスカトリポカ足らしめている特長であると言える。

このように、幅広い概念からより成り立つ強であることから、世界に存在する様々なものと関連付けて考えられた。秘、大地、予言、戦争、不和、闇、支配する魔術、食物、方角における北、黒色など様々なものによって徴されたが、何よりも黒曜石、およびとの関連が重視された。またメソアメリカでは最強動物であるジャガーをその徴としていたが、そのためクルワ=メシカにおける最精鋭軍団の一つ[ジャガー戦士団]を守護する者であるともされた。

クルワ=メシカ人の社会では、584日金星)、365太陽(シウトル))、260(祭事(トナルポワリ))の3種のが併用されていた。365では6月は単独で(トシカトル祭)、10月と13月はウィツィロポチトリなどのと共同でその祭が行われた。260においては10番の王(10月徴)とされ、同時に13月(イシュクイナまたはトラソルオトと、テスカトリポカまたはウアクトの共同)と19月(ショチケツァルと共同)を守護するとされた。また間は13時間、は9時間の一日22時間制を布いていたが、10時(現代の時間制では午後の遅い時間)との8時(明けの2~3時間前)も徴していた。

またヨーロッパ人による破壊などのため多くの歴史資料が失われているものの、クルワ=メシカ以外の文明においても、その文化に様々な影を与えていた可性が考えられる。

人格神としての性格

その姿は若く、完成された体を持ち、しかも顔立ちも美しい若者として表される。ほとんどの場合、顔は黄色の幅の広い縞模様に塗られているが、これはテスカトリポカと関連の深い動物であるジャガー徴しているのではないかと考えられている。また過去の戦いにおいて片足の先を失っており、そこには一種の義足として黒曜石製のを取り付けている。

この足先のは、魔術によって義足として全に役割を果たせるようになっている。またしばしば煙を吐き出す様子が絵文書などには描かれているが、吹き流れる煙の徴的表現としてが描かれることもある。後頭部にも飾りのようにを取り付けているが、こちらのには未来を写し、予言や運命変更をする際に使うことが有るとされる。

王者を守護するであることから非常に勢な衣装を身に付けることも有るが、同時に戦士でもあるため勇ましい軍装をしていることも多い。また戦士の装束をってしばしばの闇の中を歩き回るが、その時にはでもテスカトリポカに組み打ちを挑むことが出来るとされていた。もし勝つことが出来ればどんなな願いもえて貰えるものの、負ければその場において生贄として召されたと言う。

性格的には極めて自由であり、同時にに相応しい気まぐれな態度をしばしばとるが、意外にも約束したことは必ず守ってくれる一面も持っているようである。自らがを認めた者には喜んで手を貸すが、認めない者であれば幾ら熱心に祈られようと極めて冷淡であるとされ、また本当にその者が手を貸すに足るかを知るためあえて様々な困難を与え、その意思ととを試すことも有るともされる。

生贄に対しては最も積極的なの一柱として知られる。その祭りにおいては特に頭が良く、体的に優れ、見たにも美しい若者が、1年にわたっての顕現としてもてはやされたのち生贄としてげられた。その時にはテスカトリポカの妻たちの顕現であるとされた美しい女性たちを始め、同時に多数の人々も犠牲としてに身が奉げられた。

化身

非常に有であるためか、その分身と呼ぶべき複数の格を持っている。

イツトラコリウキ=イシュキミリ

石と折檻をである。かつてのメソアメリカにおいては罪人を石打ちによって罰することが多かったため、現代人には一見何のつながりもいように見えるこの二つを結びつけるが登場したのではないかと考えられている。また同時に物理的な寒さ、精的な冷酷さ、墓場のような静けさなどもるとされ、人間社会に災いを振り撒く不吉の金星の体現者として非常に恐れられた。

外見の特徴としては常に盲目、または目隠しをしていることが挙げられるが、これは世界中で起きる数々の不幸が、その人物の都合、性格、行いにおける正邪善悪と全く関りなく訪れることを表している。また火打石か瑪瑙によって出来ているかのような模様のんだ額を持ち、そこにが刺さった姿でしばしば描かれているが、その特徴的な外見から、マヤ文明における[Q](かつて[F]とされた複数のの内の一柱)と同じなのではないかとも考えられている。

イツトラコリウキは、ケツァルコアトルの分身的な格であるトラウィスカルパンクートリが、太陽トナティウからの攻撃を受けて変容させられたことで誕生した格であるとされることも多い。額に刺さるがそのトナティウから受けた攻撃であり、金星と関連の深いである点もケツァルコアトルと一致している。そのためこのが、本来はテスカトリポカとケツァルコアトルのどちらに近いであったのか? その疑問については不明としか言うことができない。

クルワ=メシカでは、26012月を守護していた。

イツトリ

に人身を奉げる際、生贄となる者を切り刻む黒曜石ナイフ擬人化された。特に血を好むとも、々への供犠が確実に奉げられ犠牲者の命が駄にならないよう守護するとも言われる。

オマカトル

宴会、または宴会における人集めを。それがどのようなものであれ、宴会を開く際には必ず、正しくる必要があった。それを怠ると料理の中に毛を混ぜ、食べた人を咳き込ませたり、腹痛おこさせたと言う。

チャルチウテコロトル

名前は「尊い」の意味。チャルチウトリンの別称である可性も。

チャルチウトトリン

名前は「尊い七面」の意味。秘的な面をり、時には災厄を振りまく事も有るとされた。某書に『テスカトリポカの趣味は七面コスプレ』と書かれているのはこの分身的格を持つがためである。

テペヨロトル

名前は「山の心臓」の意味。テスカトリポカのジャガーとしての側面を特に徴したではあるが、同時に山彦地震などもるとされていたことから、元々は大地のであったとも考えられている。

クルワ=メシカでは、2603月を守護していた。

ヨワル=エヘカトル

名前は「」の意味。格としての詳細は不明。

ヨワル=デバズトリ

名前は「」の意味。首のい死体のような姿をしており、間に歩き回るとされる。胸に開く大きな傷口が弱点となっていて、もし倒すことが出来れば幸運がもたらされるが、当然の事ながらに勝てる者はそうそう居るはずもく、挑戦した者の大半はそのまま死ぬことになるとされている。

もともとテスカトリポカは、の闇の中を戦士の姿で歩くことが有るとされていた。そうした性格と、この分身的格との関連については不明である。

配偶神

妻としては四柱の女神が知られており、その何れもが若く、美しいである。大地と女神アトラナン女神ウィシュトシワトル、豊ロリータ女神シローネン。そして人妻女神ショチケツァルであるが、このうちショチケツァルは、メソアメリカ各地で最も権勢を振るったトラロクの妻だったものを誘惑し奪ったものである。

トラロクは、メキシコ中央高地と呼ばれる地域においては特に古いとして知られ、クルワ=メシカにおいてもウィツィロポチトリと並ぶ格的な存在と看做されていた。しかし、それでもテスカトリポカのには対抗することが出来ず、神話においては理不尽に奪われた美しい妻を諦めざるを得なかった様子がられている。

またこれら妻たちの他にも、美と欲と罪の浄化を女神トラソルオトルとも深い関係にあると看做された。テスカトリポカがトルテカ王としてのセ・アカトル・トピルツィン・ケツァルコアトルをその王から放逐した際には、トラソルオトルもまた協者として深く関ったとされる[9]

創作作品におけるテスカトリポカ

詳しくは以下の記事を参照されて下さい。

メソアメリカの諸文明は、一つの例外もヨーロッパキリスト教徒達からの底的な破壊、および民族的、文化的な弾圧を経験した。そのため宗教的な事柄についても、一部の自覚的な先住民、および同胞が破壊しているものの価値を正しく理解できた理性的なヨーロッパ人など、少数の人の手に依る細々とした記録が残るのみである。

そのような事情はテスカトリポカについても例外ではなく、創作作品においては名前を借りただけか、闇をる部分のみを特に強調した描き方のされる場合がほとんどとなっている。そのため、クルワ=メシカ人の立てた王などについて知られるようになるにつれてどのようなイメージ上の変化が訪れるか、注される。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *古典期:メソアメリカ研究における時代区分の一つで、西暦ではおよそ900年頃からヨーロッパ人による破壊が行われた1500年代中頃までを言います。
  2. *メキシコ中央高地:単に[中央高地]とも。メソアメリカ研究における地域区分の一つで、テオティワカン、トルテカ、アステカと重要な文明が幾つも本拠地としていた地域でした。現在ではメキシコティとその周辺地域に当たります。
  3. *ポポル・ヴフ:この書を残したキチェ人はマヤ系に属する民族ですが、元々はトルテカ文明の影圏だった中央高地から民族移動してきた人々だった可性が高く、そのためトルテカの影を多分に受けていたと考えられています。
  4. *トロケ・ナワケ:英明で知られたネサワルコヨトル王が提唱したことで知られるです。トロケ・ナワケの名前自体はテスカトリポカの別称としても使われていましたが、この二柱が同じなのかを含め、詳しいことについては分っていません。
  5. *られていた:ネサワルコヨトル王は「トロケ・ナワケ」の尊崇を提唱していましたが、同時に民感情を考え、既存の宗教に対して様々な配慮を示していたとされています。そのためテスココにおいてテスカトリポカが受容されていた事実と、王の意向とは関係だったとも考えられています
  6. *12~14世紀ごろ:チチメカ民族の移動はもっとくから行われていた可性があります。
  7. *たくさん:マヤ文明についての重な記録を残した人物として、同時にオリジナル記録の最大の破壊者として知られるディエゴ・デ・ランダ神父は、自分がどれほどマヤの記録書を焼き捨てたかについてその「数」を『たくさん』と書き残しています。
  8. *「対立抗争を通じての変化」を体現:[マヤアステカ神話宗教事典](メアリミラーカールタウベ共著)による評価。
  9. *ケツァルコアトルを放逐:この放逐劇の原因は、一般にはテスカトリポカがケツァルコアトル人気嫉妬したためと言われます。しかし一方では、自分たちの取り決めた方針に逆らって人間を厚遇し過ぎるケツァルコアトル々は罰しようとしたが、ケツァルコアトルのようなあるを罰することが出来るのはテスカトリポカぐらいだったため、放逐役として選ばれて(少々過に)任務を遂行しただけ、とも言われています。いずれにせよ、この話はトルテカ文明においてテスカトリポカ、ケツァルコアトルの2信者同士が勢争いをした、その歴史を反映した神話なのではないかと一般に考えられています。

掲示板

  • 26ななしのよっしん

    2017/12/31(日) 19:34:13 ID: iWZaglf7vj

    >>25
    ハッキリとは分からない部分も有りますが、おおよそそれで構わないと思います

    一説には々の創造であるオメテオトルと同一視されていたとも言われています(この辺は複雑)が
    基本的にはテオティワカン以前(ただしメシカ人はテオティワカンを遺跡しか知らない)
    からの由緒あるであり、52年ごとに訪れる世界の破滅の危機(トシウモルピリア)
    を払う儀式げるでした。

    断定するにはもう少し調べないといけませんが、こうした格式の高さを見る限り
    現在の第五の太陽が作られる時に長老格としてその場にいた、そのように
    見做されていた可性は間違いなく有るでしょう

  • 27ななしのよっしん

    2018/01/04(木) 23:13:35 ID: kVvagVgfHa

    >>26
    アンタめちゃくちゃ詳しいな!
    Wikipediaファイサンズを見ると終わった世界の隙間からオメテオトルが生まれ世界を作った〜って書かれてた(はずだ)けどそうするとますます存在がわかんなくなってくるんだよね
    まあ格にも教訓みたいなものがあるから永く生きた人を敬えってのもあるんだろうけど

  • 28ななしのよっしん

    2019/03/30(土) 19:51:52 ID: bAFNDulVBU

    邪神や生贄が全ての悪みたいなイメージあったけど、オーディンみたいなものて考えると何となくイメージ変わった

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP