今注目のニュース
高級ブランドの“会長”名乗るTwitterアカウントが凍結 高級ブランド側は「一切関係ない」とコメント
ジャンプ史上キレたら一番ヤバそうな主人公ランキング
児童相談所職員、10代少女にタバコを買い与え書類送検 その行動に批判集まる中同情の声も

テレビ単語

テレビ

掲示板をみる(538)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

テレビ(TV)とは、テレビジョン(Television)の略であり、以下の意味で使われる。

  1. テレビ放送・テレビ番組
  2. テレビ受像機。テレビセット
  3. テレビ局・テレビ放送局
  4. テレビ番組制作会社
  5. ニコニコ動画マスコットキャラクターアイコンキャラクター□
    → 「ニコニコテレビ君」「ニコニコテレビちゃん」の記事を参照

概要

本来「テレビ」とは、「テレビジョン」の略語である。テレビジョンとは、映像・画像・音動画など視覚や聴覚で確認できる内容を離れた場所に電気信号で届ける方式の事をす。

昨今の日本では「テレビ」と言えば「テレビ放送」「テレビ受像機」などの省略として浸透している。(例:テレビを見る→テレビ番組を見る。 テレビを買う→テレビ受像機を買う)

テレビ放送

テレビ放送は、いろいろな映像や音を届けてくれる情報媒体として世界で放送されている。

その内容はニュース番組から、お茶の間に笑顔を届けるお笑い番組まで様々。

長らく娯楽情報媒体の王者として君臨していたが近年ではパソコンにその地位を奪われがちである。しかし、世界規模で考えればその利用者の数はかなり多く、今後もまだまだテレビ放送は終わることはいだろう。

テレビ受像機

テレビ受像機とは、テレビ放送受信チューナーディスプレイ(画像表示機)・スピーカーセット、もしくはそれらを内蔵した一体の機器の事。

ブラウン管(CRT)テレビ
ガラス製のブラウン管(CRTCathode Ray Tube)を使って映像を表示する「元祖テレビ」である。全に電を切って待機電を消費しない状態で、電を入れると、音が出てもブラウン管が暖まる画面が登場しないアナログ機器らしい振る舞いを見せる。シャドマスク方式・トリニトロン方式・ダイヤモンドトロン方式が良く認知されている。動画共有サイトYoutubeTubeはこのCRT:Carhode Ray TubeTubeに由来する。
初期のタイプブラウン管を使用していた。詳しくはこちらの記事を参照。→白黒テレビ
プラズマテレビ
3D立体視対応製品がある。三洋50PDP試作品を発表しているが、裸眼3D立体視対応製品は2011年現在未登場である。[1]画質優先向け。42から103Panasonic日立製品がある。
液晶テレビ
携帯電話携帯ゲーム機等の携帯情報機器及びパソコンディスプレイでお染みの液晶パネルを使う画質省エネの両方を追求したテレビ。眼鏡が必要な3D立体視対応製品の他に東芝から裸眼3D立体視対応製品が登場した。数多くのメーカーが多種多様な製品を製造販売をしている。
レーザーテレビ
三菱電機3D立体視対応75がある。[2]
プロジェクター
映画館の様に部屋を暗くして画像をスクリーン投影する映写機。多くの場合パソコンディスプレイ同様、TVチューナースピーカーを内蔵しない単機製品である。大画面映像を味わうホームシアター向け。リビングや自室で気軽に見るバラエティ番組やニュースを手く見る、ながら視聴・作業用BGV(background video)・情報チェックには不向きである。
リアプロジェクションテレビ
市場で普及しているコストパフォーマンスが良く行きが較的長いテレビ。現在内ではど流通・販売をしていない。
有機ELテレビ
携帯電話携帯情報機器・携帯ゲーム機ディスプレイとして使われる高画質を旨とする有機ELディスプレイのテレビ版。厚さ3mmのSony製11て販売されていた。[3]
HMD
Head Mount Displayヘッドマウントディスプレイ)の略称。液晶ディスプレイを内部に組み込んだゴーグル状の機器を眼鏡の様に頭部に着用する。眼前に大画面を再現出来るが、画質的に難点が有り、長らくメーカー製品が途絶えていた。2011年1月International CESに参考展示、2月銀座Sonyビルで、Sony有機ELディスプレイを使った3D立体視対応の試作品を発表した。[4]

関連動画


関連商品


を考慮したテレビ選定の安は

  1. 1080p Full HD対応は必要か?
  2. アップコンバートアップスケーリング)は必要か?
  3. 液晶テレビ・プラズマテレビ・レーザーテレビ・プロジェクターの何れを選ぶか?
  4. 液晶テレビなら2倍速・4倍速駆動液晶パネル搭載機を選ぶべき?
  5. 3D立体視は必要か?
  6. 部屋の大きさに合わせて設置可な外寸内のテレビを決める。

第一に1080p Full HD対応、第二に480i,480pのSD映像1080i HD, 720p HD映像1080p Full HD映像高画質化する機であるアップコンバートアップスケーリング)機を優先させて大画面テレビを選ぶ事をお勧めする。今時の大画面テレビで1080p Full HD対応でいものは少数だろうが、大手メーカー製品でないもの、中古での購入を考慮して第一の選択条件に挙げた。

BD(Blu-ray Disc)やデジタルテレビ放送は1080i HD720p HDコンテンツが多い上に、Xbox360,PS3庭用HDゲーム1080p Full HDではない、720p HDゲームタイトルが多い。また、480i,480pのSD映像DVD-Video携帯電話携帯情報機器等の内蔵カメラで撮影したHDではない映像Xbox,Wii,PS2,PSP[5]等のHDに対応しないゲーム機VHS(S-VHS,W-VHS,D-VHSを含む),Betamax(Hi-Band Beta,ED Betaを含む),VHD,8mm Video(Hi8を含む),DV(Mini DV)等HDではない映像資産を視聴する際にアップコンバートアップスケーリング)機は何かと重宝する。

しい動きの伴うアニメ映画ゲームでの残像は困ると言う時は2倍速[6]・4倍速駆動の液晶パネルを採用した液晶テレビ、もしく残像に強いプラズマテレビやレーザーテレビに選択肢は決まる。

3D立体視対応機は予算の余裕がある場合に。3D立体視テレビは現在立体視専用眼鏡の必要ない56「裸眼3D立体視テレビ」が開発済みであり、何れは3D裸眼立体視のテレビが流になる可性が高い。[7]

最新の付加価値技術である3D立体視は多機高性上級モデル、即ち高額な「全機入りモデル」に搭載される。「一番いいのを頼む」と最新の全機入りモデルを賄える消費者は裸眼3D立体視大画面テレビが登場すれば、即新モデルに買い換えるだろう。故にこの記事を参照する意味は薄いと言える。

関連項目

脚注

  1. *三洋、メガネなしで立体画像が見える50型 PDPディスプレイを開発 | ネット | マイコミジャーナルexit
  2. *三菱レーザーテレビ LASERVUEexit
  3. *現在は製造中止。XEL-1 | 有機ELテレビ | ソニーexit
  4. *ソニー、有機EL 3Dヘッドマウントディスプレイを展示 -AV Watchexit
  5. *携帯ゲーム機であるが、テレビに接続して音・画像をテレビで視聴可である。
  6. *現行の産大画面液晶テレビではほぼ標準装備の機である。
  7. *CEATEC JAPAN 2010:東芝、裸眼立体視に対応した「グラスレス3Dレグザ」を発表 - ITmedia +D LifeStyleexit

掲示板

  • 536ななしのよっしん

    2019/06/13(木) 19:31:36 ID: lYqCAy38wJ

    >>524
    大体8年前は酷かったって言い出したのは君の方だしね、8年前が酷いなら今も酷いよと返しただけ
    まあ「いつまでも権握って胡坐掻いてる業界」という部分は否定しない、タダで民の電波を使って自社の不動産やらイベントやらを宣伝しまくるなんて下衆い真似しなきゃ経済的に今よりずっと苦になってるのは間違いないし
    落ちとは言えまだ影は大きいし、それで政府に圧かけて新規参入を阻んで黒字を維持してるゴミみたいな業界

  • 537ななしのよっしん

    2019/06/13(木) 19:34:02 ID: lYqCAy38wJ

    >>522
    特にないけど?
    テレビネット動画丸上げしてどっちもどっちくらいかな

  • 538ななしのよっしん

    2019/06/13(木) 19:37:13 ID: lYqCAy38wJ

    >>533
    だって深夜って安いからね、1話30万程度
    製作委員会テレビ局も入ってるし、アニメ1話作るのに1000万以上は優にかかるの考えたらタダみたいなもんだ

急上昇ワード

最終更新:2019/06/20(木) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/20(木) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP